期間限定販売
       

理解のあいまいさといったものが人生の邪魔をしています

JUGEMテーマ:引き寄せの法則
ブログパーツ


 理解のあいまいさといったものが人生の邪魔をしています
  (注1へ

 これまで数多くの、スピ系や自己実現、成功法則、そして中には霊視や霊能力を謳われる著者やサイト管理人を見てまいりましたが、
実はそのほとんどの方たち、そのご本人であるご自身が、きちんとそれらを理解していませんでした。
なんとなくとか、おおまかとか、フィーリングでわかったような気でいたり、おぼろげに多分こうなのだろうといった思い込みをされ、
かなりの歪曲さでそれら物事を理解したつもりになられているのです。
例えば、カルマとはなんなのか?多くのそれらの人たちは言葉では知ってはいても、理解の深さは文や説明を読めば一目瞭然の浅さですし、
霊視とはなんなのか?過去世を観るとはなんなのか? 実際は何かの幻覚視や、初期の浅い天眼通程度の、
なんら過去世でもなんでもなく、それが実は単に遠くの風景を感知したにすぎない程度であっても、
自身に箔をつけて喜びたいが為に『霊視』と名づけたがる。
こうして実は自身が進んで歪曲をしていたり、
きちんとした法則性や根拠、土台といったものを理解しようとはせずに、「荒唐無稽なファンタジー」のまま、
思い込みで理解をした気でおられる方が実に多い。 その比率は99%といってもいい位です。

なぜ私がそういい切れるのかと言えば、
それらのスピ系や自己実現や成功法則、そして自称霊能者らの、
そのあいまいな理解のままの文を多くの読者が読み、聴き、同じようにあいまいなまま、
なんとなくで理解したつもりになってみたり、おぼろげにこういう意味なのだろうといった具合に、
自身で歪曲をした形で理解した気になられている方がこれまた実に多いからです。
しかしそれは当然で、あいまいなものをあいまいな説明で伝えれば、きちんと定義や根拠、土台、
要するに論拠を明示せず、あいまいなまま伝え広めるなら、当然あいまいな形でしか人には伝わらないのだ。(注2へ

それではここでいくつか例をあげてみたいと思います。
あるY掲示板を本拠地にされていた、自称霊能者は、自分の信者に対し、
二つ前の過去世で幽体にダークサイドの卵(物の怪の卵という意味らしい)を植えつけられていると恐怖を煽っていました。

しかし、死んだら即あちら側の住人となるなら、そもそも卵という概念は理に合わない。
卵とは、肉体的器官をはぐくむ為にある、この地上界の地上的肉体的なシステムだから。
しかしもしも100歩譲って、幽界に卵という概念、システムがあったと仮定したとしても、
二つ前の過去世の時に植えつけられた卵とはどういうことなのか?
一体どれだけの期間を卵のままでいるのか?
このケースの場合、この自称霊能者は知識をきちんと理解していないというよりも、
むしろ自分に集まった女性信者らに恐怖を煽り、自分をあてにさせ、自分の力で取り除いてやったのだと振る舞い続けてきたという点からしても、
女性信者らからの歓心を得たいが為に、ウソ妄想でたらめを吹聴し続けていたのは長らくの観察により明白なのだが、
そしてこれが特に重要なのだが、こうして第三者から見ればこれだけ話に整合性がないのが明白であっても、
話の土台や論拠がでたらめなものを吹聴されると、
妄想やウソ、理解のいいかげんな知識などを吹聴される側、つまり読み、聴き、信じてしまった人らも、
あいまいでたらめなものをそうとは思わずに理解した気になってしまい、でたらめなのになんと信じてしまう。

いいかげんなもの、理解の誤ったものを伝える人は、
いいかげんなものをいいかげんなまま、歪曲したものを歪曲したまま信じてしまう人たちを大勢作ってしまう。
(だからこそ、人にモノを伝え広めんとする人は責任がとても重いのです。)
話に整合性、土台や論拠が不確かなものであっても、それを伝え聞いた人々は、なんとなく、や、おそらくこうなのだろうといった、
勝手に都合よく思い込み、誤ったまま理解した気になってしまう。

さて本題ですが、
スピ系や願望成就といった引き寄せ、自己実現や成功法則など、
なぜどれだけ行っても実らないのか?
これにはいくつかパターンがありますが、
いくつかに分けてみますと、
誤った知識を誤ったまま受け入れているケース。
他には類似していますが、「理解のあいまいな知識を、受け取る側もあいまいなまま受け入れている」という、
伝授する側伝授される側の双方とも、あいまいな理解や自己流の歪曲といった、たぶんこういう意味なのだろうと安易に理解したつもりになっているケース。

こういったケースに当てはまる、自己流の歪曲さで理解したつもりになってしまう人たちは実は見分けやすい、際立った特徴があります。
例をあげますと、
それは、TVで活躍しているスピカウンセラーの△×さんは本物であると。
なぜなら霊は存在をするからと。
こういった傾向の主張をされる方が大変に多いのです。

しかしこれは論理が破綻しています。
まず、霊が存在するかしないかはどうでもいいですが、
もし霊が存在したなら、なぜとあるスピカウンセラー△×さんが本物になってしまうのか?
もし霊が存在をしたとしても、誰々さんが本物とかニセモノとかには実は一切なんら関係性がない。
とまあ、この時点ですでに論理が破綻しているのですが、
驚く事ですが、重度の場合は、
霊が存在するしないといった事と、誰々さんが本物ニセモノかには、なんら因果関係がないという事実の意味を理解ができない。
それらはまったく別のものであり、なんら正当化の理由には微塵もならないという指摘すらもなぜなのか理解ができない。
(霊が存在をしたとしても、誰かがウソでたらめを吹聴してもそれが本物になってしまうわけではないから。)

今これを読まれているあなたは驚くかもしれません、ですがこういったなんら関係のないことを理由にして関連付けて思考をしてしまったり信じてしまう人たちは実に驚くほどいるのです。 
(程度の差こそあれ、スピ系信者の9割はこういった傾向の人たちと考えています。)
こういった、なんら関連性のないものを理由として信じて思い込む人たちは、
前述をしました、伝授する側のいいかげんで誤っていたり、あいまいな理解の知識を、
伝授される受け取り側として、誤ったままや、あいまいなものをあいまいなまま理解したりするのはまだよい方で、
自分に都合よくさらに歪曲をして理解したつもりになってしまう。
もっと分かりやすく言うなら、自分の勝手な妄想で脚色しなおして理解したつもりになってしまうのです。
これは、正しい知識の合理的で整合性のある部分はきちんと理解をすることもありますし、
あいまいな知識の場合はあいまいなまま理解をし、
整合性のない、実は理解のし難い不明な部分は、自己流の歪曲という妄想で穴埋めをして理解したつもりになろうと脳は働いていると。

説明が長くなりましたが、簡単に言いますと、自分で理解のしにくい部分は理解した気になるように勝手に歪曲したものが知識になったと信じていると。

どうしてこれでスピの実践ができるだろうか?
なぜこれで成功法則で成功などするだろうか?
どうしてこれで願望成就や引き寄せを正しく行えるのか?実るのか?
自分の勝手な歪曲で解釈したものを信じたり広めたりなどして。(ただ今機会を得ましたので、多くのスピ系教祖や霊能者、スピ系ブログ管理人にこの事を声を大にして言わせて頂きます。)
これでは実現などするわけがない。
世の「引き寄せ」と呼ばれるものが実現しない理由のひとつがこれなのです。

人は、人生の成功や願望成就といった引き寄せにせよなんにせよ、
こうして、物事の理解のあいまいさといったものが自分の人生をあらゆる場面で邪魔をしているのだ。 

(引き寄せが実現しない理由は他にもあります。 今後の更新をお楽しみに。)







なんとなく、とか、おおまかのことはわかる、とか、フィーリングでわかってもらおう、理解してもらおうと
いった書籍やブログが今やあちこちでみられますが、
それはその著者やブログ管理人が実はきちんと理解できていないから、そういった抽象的で受け手がどうとでも読み解いてしまう内容になってしまう。
当然そういった、あいまいで抽象的な論といったものは、聞き手にとっても論としての確実性がない。
いわば明確な提示でないものをなんとなくで各々で思い込めと言っているのに等しいわけです。






注1
この理解のあいまいさに関しては、当ブログの、
「雑記色々 盗作問題とか 2009/7/12」と称して、
盗作をする人たちの様子として以前にも記してあります。


注2
「なんとなく」や説明があいまいで読み手の「フィーリング」で理解して欲しがる人や、
その話や論の定義や土台、論拠を説明せずに、
抽象論や感情論で書籍読者やブログ読者を掴もうとされる霊能力者、人生コーチはほぼニセモノです。
きちんとした土台や論拠ができない、もしくはそれら論拠が不透明すぎるその人らは、
単に人前で先生になりたく、先生の姿を真似てみているだけなのです。




以前に当ブログの「パワーストーンは本物か」で、以下のようにお話したものがあります。
>見えない世界への指針だとか、一体何を言っているのかあいまいすぎて不明な売り文句までありますが、(これ大切なポイントです。)

こういった、今ここで今一度冷静になって読み返してもらうとよくおわかり頂けると思うが、
読んでみると読み手側になんとなくや、読み手の主観で勝手に解釈してもらおうといった文になってしまっている霊能者や人生成功コーチは、そもそもが自分自身がきちんと理解をしていなく、インチキなのです。




(私が出来るだけ話に土台や根拠、合理性や整合性をもって具体的に噛み砕くよう説明を多くし、長文にするのは、
こういった誤った理解で受け取って欲しくないからです。 文の簡潔化は実際は簡単ですが、伝える発信側としてもできるだけ信憑性をもって伝えたいと考えているからです。)


愛上王
2010/7/28 23:40

 「決意 夢の実現力 Enterキー」は、
「上を向いて歩こう」から派生した、引き寄せや夢の成功実現をテーマにしたものです。
随時更新をしてまいりますが、今後、清書や整理をし、読みやすく校正する場合があります。
また、関連をしています、「上を向いて歩こう」もお暇がありますれば併せて
お読みいただく事をお勧めします。

 一日一票クリックお願いします 三つとも応援していただけると
小生、しっぽがちぎれんばかりに喜びます^^


人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ 精神世界
すべて新しいウィンドウで開きます

当ブログがあなたのお役に立ちますように

コメントにて感想歓迎です




行動と心は別物ではない

JUGEMテーマ:引き寄せの法則
ブログパーツ
 行動と心は別物ではない

 実は行動と心は別物ではありません。
なぜなら行動は心から生まれるものであり、
心のより具現化と言えるものだからです。

心はより鮮明に具体化したほうがより強い意志と言えます。

「夢を叶える三大条件」の中では、意思、言わば思考し、その結果明確化された心と、
行動、そしてカルマと、便宜上は大まかに3つに分けました。
しかしこれらは実際は別々に考える必要はありません。
行動と心を別々に考える必要は無いのです。
なぜなら行動は、心が外側に具現化したものであり、いわば形を伴った、より心が明確化した意思だからです。
行動とは、それは心を「行っている」のだ。

行動は心の具現化であり、
心の一部でもあります。
またこうも言えます、行動は心の延長上のものであり、ついには形をまとった心とも言えるのです。
そう、行動は行為という、より具現化した意思、心なのだ。
なぜなら行動には心が含まれているから。
逆に言えば、心だけで行いが伴わないのは未だ未完成な行動とも言えますし、
行為という形が伴って初めて心が完成するのならば、
行いの伴わない、言わば生まれたままの状態、未具現の「心」のままでは不完全なのだ。
行動は、意思、心より生じるもの、

なので、行動は必要ないとか、行動の中身はなんでもいいというのは誤りという事になります。


これは式で表せば以下になります。
「行動」 ⊇ 「心や、より明確化された意思といったもの」
(式が真逆のものを選択してるかも^^; ミスをしていたらご指摘を。)

図で示すと心を含んだ行動は以下のように示せます。



この願望を実現するために起こす行動は、そのままそれが因となり、カルマを積む行為そのものでもあります。
ですから「夢を叶える三大条件」で示しました、「意思、言わば思考し、その結果明確化された心と」、
「行動」、そして「カルマ」と、便宜上は大まかに3つに分けてはありますが、実際はひとつのものの形態を変えた姿でしかありません。

ですから、一部で囁かれています「行動不要論」は誤りとなりますし、
また、「引き寄せ」の世界で今や有名になった「エイブラハム」は、「カルマは無い」と矛盾した過ちを公言していますが、
これも誤りとなります。






 最近はまた盗作者が増えてきたようですので余談を書かせて頂きます。

 今回のこの記事はパクリたくてしょうがない人たちが大勢でてくることでしょうね。(引き寄せや人生コーチらが主にですが。)
これまで、心や姿勢等のみに執着していた方達と、
一部行動も必要と認めるようになられた人たち、その双方が今になってこぞって利用したがると考えられるからです。
などと私は釘を刺すわけですがw

別に自慢をしたいわけではありませんが、こうして持論を展開する私と、盗作をされる方達では雲泥の差があります。
私のように持論を展開してゆく者は、(きちんと整合性を持った内容に当然限りますが。)
宗教でたとえるならば開祖であり、
盗作して広めようとしたがる方達は、あくまで人の作ったものを広めるという伝道師でしかありません。
もしくはなりすましをしたがる偽教祖や偽開祖と。

また、盗作者がなぜ盗作をしたがるのか?
それはそれが良いものと認めるからです。
言わば、自分よりよいものを持っていると認めるから人は盗むのです。
そしてそれは、迷惑な話ですが、本人の承諾を取らない、有無を言わせぬ押しかけ外弟子のようなものであり、
パクリ元となる人物は盗作者らにとっては師匠なわけです。
盗作をしたがる方達というものは、大変に負けず嫌いで自訴心が強く、
パクリ元に対してすらライバル心を燃やされる方も多くいますが、
実は自ら自分をその者より劣っていると認める行為なのです。
パクリたがるみなさんは自分からこの私より劣っていると認めることになるんですよ。
それでもまだやりますか?

とまあ、これだけ言われてもやめない人もいるかもしれませんが^^;


ニセモノなのに、人々には本物のように見せたがる方達というのは、
自分から「成りたがった」人たちなわけですから、中には人のものを盗むという悪い事が出来てしまえる者もたしかにいることでしょうね、

ではおまえはどうなのか? そう言われる方もいる事でしょう、
私はこれまで、「能力者」ではないと明言をしてきていますから、そういう意味ではニセモノだとか本物だとかは関係がありませんが、
文を書く者、啓発系や心の成熟を促す論を書く者としては、
「自分から成りたくてなったわけではありません。」
きっかけは「上を向いて歩こう」内の「ことはじめ」に書いてあります。
もう一度言います、 私は成りたくて成った者ではありません。



愛上王
2010/8/16 23:10





 「決意 夢の実現力 Enterキー」は、
「上を向いて歩こう」から派生した、引き寄せや夢の成功実現をテーマにしたものです。
随時更新をしてまいりますが、今後、清書や整理をし、読みやすく校正する場合があります。
また、関連をしています、「上を向いて歩こう」もお暇がありますれば併せて
お読みいただく事をお勧めします。

 一日一票クリックお願いします 三つとも応援していただけると
小生、しっぽがちぎれんばかりに喜びます^^


人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ 精神世界
すべて新しいウィンドウで開きます

当ブログがあなたのお役に立ちますように

コメントにて感想歓迎です




| 1/1PAGES |