期間限定販売
       

■霊能関連被害情報をお寄せください

JUGEMテーマ:スピリチュアル
ブログパーツ

 ■霊能関連被害情報をお寄せください

 これまで当ブログではヒーラーやチャネラー、霊視や過去世系、自称スピカウンセラーなどなど、
あらゆる精神世界やスピリチュアル系のニセモノやインチキの見分け方を公開してまいりました。

しかし巷では一向にその被害は減っておりません。

そこでこの現状を打開すべく一考をしました。

もしもこれを読まれているあなたが、そうした自称霊能者などの被害に遭われていたなら、
その嫌疑のある場合も含め、「こういう手口だった」とか、「私はこう口説かれて高額な料金をとられた、もしくは取られそうになった」などや、
また、某霊能者のブログやサイトでの客観的な目でみた、矛盾や誇張、サクラ行為と判断できるものの指摘などを情報としてお寄せ頂きたいのです。

これにより、あやしい霊能商売に引っかかる被害者の抑制になりますし、
また、そうしたあやしい霊能商売も減ってゆく一助にもなろうとも考えるのです。


お寄せ頂く情報は、ある一定に達した時点で公開の場を設けてゆきます。
また、これらに関します情報は常時募集します。
情報は当面の間は当ブログのこの記事のこのコメント欄あてにお寄せください。
(むやみなイタズラを防ぐため、お寄せ頂く情報に信憑性を感じさせないものは省かせて頂きます。)

皆様ぜひご協力宜しくお願いします。


2011/9/27 21:37 愛上王

 悩んでいる人や困っている人、こうした人たちを搾取の対象にし、
高額な料金をせしめるインチキは許せない。
ご賛同の方はどうぞよろしくお願いをします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 精神世界

ちいさな一歩特設サイトへ
「ちいさな一歩」特設サイトはこちらをクリック


コメントにて感想歓迎です




霊能関連被害情報を集める目的

JUGEMテーマ:スピリチュアル
ブログパーツ

 霊能関連被害情報を集める目的

 記事、「霊能関連被害情報をお寄せください」の目的のひとつは、
インチキ霊能商売の被害者の抑制に役立てて欲しいというものがあります。
そしてもうひとつは、被害者が騙した人らから返金をしてもらいやすくしたり、
霊能商売の中身が悪質な場合には逮捕につながるよう、集団で偽霊能者を訴えるという目的もあります。
そのために情報を求めるものです。
こうした行動がこの精神世界に巣食う悪質な者たちを排除し、クリーンにしてゆくのに必要なものなのです。




まずはあるサイトの記事であります、
「埼玉県の女子大生が、ストーカー男・小松和人一味によって殺害される」を、リンク先に飛んで読まれてみてください。
http://ww5.tiki.ne.jp/~qyoshida/jikenbo/009okegawa.htm

リンク先を一通り読まれましたなら、以下の引用箇所に注目をしてみてください。

>これは上尾署の生活安全担当課の次長の指示である。告訴を受理した刑事は怒られ、「告訴状を受理しなくても被害届で良かったじゃねーか! 未処理の告訴が増えるとウチ(上尾署)の成績が下がるんだよ!」と次長は怒鳴ったという。
告訴取り下げの依頼は、自分たちの成績重視のためだったのだ。


なぜ警察でこんな警察の本来の本分を忘れた本末転倒なことが起きるのかと言うと、
それは本文中の下記の部分を参照。↓

>告訴状を受理すると検察庁への書類送付義務が生じる。また、県警本部から状況を管理される。二ヶ月経っても捜査が進展していなければ問題とされる。つまりは、事件を抱えこみたくない・面倒くさい・署の成績が落ちる、ということで事件そのものをなくしてしまおうとしたのだ。担当警察官は、告訴という文字を二本線で消して届出という言葉に書き直した。



この事件では「告訴」が問題になっていますが、
実際、日本では「被害届」すら中々受理をしようとしないケースが沢山あります。

それは、扱う事件が増えてしまうと、未解決となった場合、検挙率が下がってしまうのを気にするからです。 (署の成績はいわば署長の成績と言ってもいい。)
こうした背景があるので、数字上の検挙率など実際はなんら意味のない虚栄でしかないわけですが。

話を戻しまして、検挙率に関わるという点がひとつ。
受理をすると捜査をするなど、余計な仕事が増えてしまう。
などなど、要は警察としての仕事を警察はしたくないんですよ。



なので、もしこうした偽霊能者関連で個人が警察に相談をしたとしても、
さも、刑事事件としては扱えないかのように語り、
もしやるなら、警察のからまない、「民事」でやればとすすめてくる可能性は非常に高いのです。


偽霊能者関連の問題は、こうしたものに引っかかる人はおおむねですが、
「強者」ではないんです。
どちらかといえば、悩みを抱えていたり、その上での依存症の傾向があったりなど、
頼られるよりも頼る側にいる人が多いんです。
ですから、こうした傾向の見受けられる人が多いので、
警察も手を抜きたいと考えれば、受理など受け付けないように話を誘導されかねないのです。

しかし本当は、刑事事件として扱えそうな部分、それは詐欺として該当しそうな部分を棚上げにしているだけであり、
霊能関連は刑事事件として扱えるだけの要素はふんだんにあります。

【 刑事事件として警察を動かすには、訴える側である被害者も状況証拠や物的証拠も集めてゆく必要性があります。
「そのためには、一人ひとりがやみくもにバラバラに警察に訴えに行くのではなく、
同じ被害に遭っている人たちが被害状況を互いにあかしあい、事件性のある部分をまとめ、
その上で集団で警察に訴えることです。 】



そうした情報を集め、まとめ、被害者が集団で訴えを起こせるための場としても、
「霊能関連被害情報をお寄せください」を始めたいのです。



これは余談ですが、
警察官が100%善人ばかりでないことを如実に語る、日本で大変に有名な事件をリンクしましたのでぜひ一読を。
http://ww5.tiki.ne.jp/~qyoshida/jikenbo/048keikan.htm


このサイトのTOPアドレスも明記しておきます。
「ラウンジピュア」
http://ww5.tiki.ne.jp/~qyoshida/


 悩んでいる人や困っている人、こうした人たちを搾取の対象にし、
高額な料金をせしめるインチキは許せない。
ご賛同の方はどうぞよろしくお願いをします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 精神世界

ちいさな一歩特設サイトへ
「ちいさな一歩」特設サイトはこちらをクリック


コメントにて感想歓迎です




またもインチキチャネラー発見

JUGEMテーマ:スピリチュアル
ブログパーツ
 またもインチキチャネラー発見

 2012年、3月は12日のことでしたが、
あるブログランキングを眺めておりましたところ、妙に引っかかるブログを発見しまして、
すぐさまその方の「両方の」、ブログを読ませて頂きました。
どちらのブログも一通り読むのはさほど時間はかかりませんでした。


その方は自称チャネラーさんだということでしたので、
チャネリングのインチキさんを見分ける専門家であります私は、それはもう隅々精査、審神を致しました。      

まず、チャネリングの練習と称して、他人に協力を仰ぐそぶりでいながらも、
料金を取られる。
また、相互に練習するという風にもありますので、有料セミナーといったところでしょうか。
しかし、この方は、少なくとも去年の年末あたりまではセミナーなどを受講する側にいた方。
要はこの方は、今ここにきて、これまでにかけた費用の回収モードに入られたようです。

さて、なぜ私がこんなにも辛口で、この方を、スピブームを迎えた以降のスピビジネス参入者としてこの方を捉えているのかと言いますと、
決定打なのですが、
チャネリングの内容に、ここ2.3年来で商業スピで使われだした「現代語」が入っているのを確認したからです。

人間側の都合でついここ最近になってから、スピ的なものの中で使われだしたものとか、
ここ数年で人間側の都合で意味合いに変化が生じてきた、ここ2.3年来の現代の意味合いのまま、
ましてやここ数年で人間側の商業上の都合で派生した意味合いをそのまま使われる神などいません。

これは偽神示や偽チャネリングをする人たちのよくやるミスなんです。
つまり、手品のタネがバレた瞬間というもの。

スピブームを迎えた以降のスピビジネス参入者というものは、
ご本人たちは神示やでっちあげチャネリングメッセージ創作時には、もはや手遅れなくらい染みこんでしまっていて気づかないようですが、
あちこちの商業スピに手当たり次第しだい触れるからこそ、余計な言葉まで拾ってしまい、
そうした言葉をでっちあげ創作時になんと文面に織り込んでしまう。


以前の記事になりますが、「ニセ神示の見分け方 」、「続報 ニセ神示の見分け方」
こうした記事を書きましたが、この時は情心からかなりぼかしてしまいました。
この時の様子は今回見つけた方にそっくりです。

以前の方は、創作でっちあげ神示の中で、ここ数年の間にスピ系分野で使われだし、広まった、
「気づき」という言葉を神示として盛り込んでしまい、創作でっちあげだったのがバレてしまいました。
そのことを記事、「ニセ神示の見分け方 」の中で暗にご本人に向けて書いたところ、
すぐさまご本人は記事の中で遠まわしな言い逃れをされてきました。



しかしここまでの、いつものようなヒントどまりでは誰だか謎のまんまですね。
こんなだから偽神示やらニセチャネリングメッセージだので霊感商法が蔓延り、絶えないわけですね。
なので今回はその方や前回の方がどなたなのか、
名指しでは問題あるので、もう少しヒントを。

前回の方はですね、この花咲くや? な方。

今回の方は、ブロックですか。
ここ最近になって一部の商業スピでみかけるようになった概念、単語ですね。
そんなものを使われる神など、天地がひっくりかえっても存在しません。
大切なことなのでもう一度言いましょう、そう、天地がひっくりかえっても存在しません。

ご本人や周囲の信じ切ってしまわれているお友達も今回の私の記事を読まれることでしょう。
当然シラを切り通したがるかもしれませんが、
肝心の神界からのメッセージと称したでっちあげ文にはもっと他にも稚拙な徴候があることをお忘れずに。
もし抗うならご指摘致しましょう。






以下は前回の関連記事をいくつか挙げておきます。

記事、「続報 ニセ神示の見分け方」から関連箇所の抜粋。  http://firstdoor.jugem.jp/?eid=310
 さて、次は、前回記事の問題の該当者さんですが、
今日になってようやく動き始めたようです。(2011/5/3)
こちらの方は、記事の中身に「最近語」を盛り込んでしまい、
このわたくしにウソ神示の兆候を多くの人達に向けて暴露され、
やはり焦られたらしく、読者に対してごまかしの誘導文を記事内に盛り込まれています。
この方は、浄化とは「新しい」ものを取り入れるだのとごまかし文を書かれていますが、

「浄化」と、「それが古くからのものであれ新しいものであれ、なにか別のものを取り入れることは」、
「浄化」とはまったくの別物であることに気づけぬまま、またもや神示を創作されています。


神示や守護霊からのメッセージとうそぶくものなどなど、こうしたものは実は、「緻密に冷静に客観的に観察をすれば」、
こうして必ずボロが出ているものなんですよ。
そしてですね、これが肝心な事ですが、
神示やら守護さんからのお告げだのと言ってはこうして演じておられる方々は、
神々や天を騙る、不埒者なんですよ。
こうして「品行に穢れのある者に神示やお告げが降りることは今後一切ありません。」
これではまるで、低級霊が神の名を騙って敬われるのが楽しくていたずらをするアレにそっくりではありませんか。
違いは、生身の人間がそれをやっているにすぎません。




以前の記事であります、「震災神示に関して」の中で書いたものですが、ここで再度挙げておきます。
>用心深く、注意深く、冷静に観察をしながら読まれてもよいのではないでしょうか。


さて、このお二方の焦られている様子がヒシヒシと伝わってくる記事を読むとよくわかるのですが、
人はバレるとなんとかごまかそうと記事で必死になられる・・・
後ろめたいことが何も無いならそんな必要はないことです。
こうして人はインチキがあぶり出されてゆくわけですね。



前回記事と関連記事をここに挙げておきます。

「ニセ神示の見分け方」http://firstdoor.jugem.jp/?eid=309
「やめろと言われても」http://firstdoor.jugem.jp/?eid=221
「震災神示に関して」http://firstdoor.jugem.jp/?eid=302
「偽霊能者を盗作で見破る」http://firstdoor.jugem.jp/?eid=269
「偽霊能者を思考ロジックで見破る」http://firstdoor.jugem.jp/?eid=268

2011/5/3 23:24 愛上王



記事、「やめろと言われても」から関連箇所の抜粋。  http://firstdoor.jugem.jp/?eid=221
今では「気づき」と呼ばれるものもいい例です。

先ほど、「単語」そのものははるか昔から存在自体はしたであろうとは書きましたが、
本当は独自の持論や概念が先にあるのであって、「単語」そのものは後から備え付けられるものなのですよ。

たとえば、今スピや精神世界全般では、「気づき」という言葉が大変に定着をしていますね。
あちこちのそういった系統のブログやサイトを覗いて見ると皆が普通に使われている。
でもその言葉、最近のスピや、精神世界全般、啓発系の中で使われるようになった
「気づき」というものの概念の意味は、実際は最近になって世に現れたものなんですよ。
要は、今現在の「気づき」という概念の使われ方は、一種の「悟り」にも似た使われ方をされていると言う事です。
たしかに「気づき」という単語そのものは遠い遠い昔からあるにはあります。 日本語の単語ですからね。
ですが、
この単語に独自の概念といったものを付加していったのは、無意識だったのかもしれませんが、
ここ数年ですっかり有名になられた、とある東北地方の自称霊能者なんです。
その方が書籍を出され、スピや霊能、精神世界全般に浸透をさせていったと。
これ、知らない方多いと思います。
その方は「悟り」という言葉を使いたくはなかったんでしょうね、
少し控えめな形にして「気づき」という言葉を使われたと。


でも今現在はそのことを知らずに使われている方たちが大変に多い。
ほら、独自の持論や概念、こういったものの源流がどこにあったかは知らずとも、
世にはすっかり定着をしてしまっています。
こんなのはひとつの例ですが。




記事、「ニセ神示の見分け方」は短いので全掲載。http://firstdoor.jugem.jp/?eid=309

ニセ神示の見分け方
「偽霊能者 文の特徴から見分ける 続編」

 言葉、単語とは、私たち人間によって、時代やはやりと共に作られたり、
時に単語の持つ意味を私たちが微妙に変えていっています。
これはたった2.3年の間で変わることも度々です。

なのですが、最近あちこちのブログや書籍にて、
このつい最近に意味が付加されていった「単語」を、
神々からの神示と称し、文の中に織り込まれておられる方がいます。
断言をしますが、私たち人間がこの、つい数年の間に意味を微妙に変えていってしまった「単語」を、
神々が使われる事はありません。

たとえばここ数年のスピブームによって、意味に変化ができた「「気づき」という言葉。
こうした私たち人間によって、数年内でころころと意味合いを変えていったもの、
こうしたものを「今現在の意味合いとして使用する神はいないのです。」
なぜなら、意味合いを変えていったのはあくまで人間側の都合だからです。
さて、ではなぜそれら神示と称されるものの中にこうした「最近語」とも呼べる、
目新しい表現が盛り込まれることが多いのか?
「それは実は神示などではなく、その人物による創作によるでっちあげだからです。」

この手の方は、創作はもちろん、あちこちを読みあさった上でのパクリをしていることも度々です。



「気づき」という単語の意味合い変化の様子は以下の記事を参照のこと。
やめろと言われてもhttp://firstdoor.jugem.jp/?eid=221

震災神示に関してhttp://firstdoor.jugem.jp/?eid=302

ニセ神示などの様子を実際にご覧になってみたい方は、
あちこちのブログランキングを調べてみてください。
よく読むと、そのブログ主の普段の文章と、その神示と称したものの文の中身、
云わば「思考ロジック」が一緒なのがよくわかります。 これは演じているからです。
これはどんなに文風やキャラクターを演じてみたとしても消し去れるものではないのです。

関連記事
偽霊能者を盗作で見破るhttp://firstdoor.jugem.jp/?eid=269
偽霊能者を思考ロジックで見破るhttp://firstdoor.jugem.jp/?eid=268


2011/5/1 21:46 愛上王





さて皆様、話はここで結びたいと思いますが、

神々からの神示と称したもので、ここ数年来のスピブームを迎えてから意味合いに変化が生じました、
「気づき」という言葉を盛り込んでいる「神示」は創作でっちあげです。

それと同じように、ここ最近のスピブームを迎えてから商業スピでみかけるようになりだした言葉を盛り込んでいるものも同じく創作でっちあげです。


皆様、どうか騙されませんように。

2012/3/13 21:19 愛上王



 インチキで人々を惑わす便乗商法は許せない、
ご賛同の方は応援どうぞよろしくお願いをします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 精神世界

ちいさな一歩特設サイトへ
「ちいさな一歩」特設サイトはこちらをクリック


コメントにて感想歓迎です




天地がひっくりかえったようなインチキチャネラーさんへ私信

JUGEMテーマ:スピリチュアル
ブログパーツ
 天地がひっくりかえったようなインチキチャネラーさんへ私信

 あまりこういうことはしたくはありませんが、あまりに高級神霊の名を騙っているので放っておけません。
よって本日は私信をば。

インチキの徴候が世間に露呈した後、一体どんな行動を取られるか非常に興味がありました。
やはり恫喝をされてきたようで、神示を装いながら懸命に脅しておられる様子。
昨日、13日、突然実は偽神示、偽チャネリングであることが暴露された途端に、
翌日すぐさま恫喝神示とは・・・

神界からのメッセージといいながらも、あちこち稚拙な徴候をちりばめすぎた創作神示になってしまっているのがご自身ではわからないようですね。

たとえば今日のメッセージだと、 (2012/3/14)
「怒りや恐れ、 それが浄化だとか。」
そんな状態を浄化など、まともな人間は思わないし、ましてや神界だか天だかしらないが、
高級神霊がそんなネガティブな状態を「浄化」だなどと決して言いません。
想像と妄想で書きすぎだからそんなヘタを打つんですよ。
ね、こうして緻密に冷静に客観的になって読み砕けば、道理になっておらず、すぐに創作でっちあげとバレるのに、
あなたは自分でそれがわからない。

あなたはいつも神々はたぶんこんな風にモノを言うだろうと想像で作っているんですね。
だからいつも道理の欠けた、整合性のない内容の神示ができあがる。

3/12の天使の神示では、「光の祈り」を奉げなさいと謳っているが、
そんな抽象的な、今の人間界のスピ風な、実はよく読むとわけのわからないことを神々は言いません。
光の祈りってなんですか? なぜそんな抽象的なんですか?
人間が言うならまだしも、仮にも神々の神示なんでしょう?
あちこちのスピ本でも読みあさって毒された発想ロジックが染み付いたまんま、創作神示を作られていますね。


同じく3/12、心電ですが、
闇をよしとは神々は決して言いません。
それは魂にとって余計な回り道になるからです。
また、他者に害を与えかねないことでもあり、余計に神々はそんなことは言いません。
どうやらスピ本とかに毒されて、神々風に唱えれば深遠そうに人々に映るだろうと思い違いをされているようですね。
この心電と題した偽神示は他にも突っ込みどころが満載です。
その、なにか深遠そうな真理のフリをするのはやめませんかね?
裁くとか裁かないとかの論の部分は想像で書いたにしてもお粗末すぎます。
カルマ論すら身についていないからそんな脱線したことを垂れ流すのですよ。


同じく3/12、レゴですが、
必要だから起こっているのではないんですよ。
人にとって不必要だったものも含まれているんです。
ものごとは因と果によって起こっているのであって、
必要だからではありません。
誤った必要のない因を行えば不必要だった果が起きるからです。
なのになぜそうやってデタラメなことをさも真理風に神示のように作られるんでしょうかね?
そんな風に書けば神々からのメッセージのように人々には映る、
そう思い込み過ぎです。
それと、あちこちのスピ系サイトで読みかじった、聞きかじった単語を盛り込みすぎです。
神々がわざわざそんな言葉使いません。
ワーキングだとかレゴだとか、まるきりどこかのスピサイトを読んで毒されたまんま神示を創作されているのがバレバレです。


3/11、羽ですが、ご自分を持ち上げすぎた創作の詩でしかありませんね。
もし100歩譲って内容が真実ならば、
「知ってますかい」みたいな問いかけにはなりません。
本当に高級神霊からのメッセージであったなら、
そんな詩のような始まり方はしないのです。
必要なことだけを伝えるのですから。


3/11、ミノさんではありませんが、あなたね。
ああたね、ああたねあんたねー
さて、書いていて、実は自分でもわけわからんになっているようですね。


3/10、またもや想像で作っていますね。
ずいぶんおどろおどろしい極端冷酷な縁を想像で書けるものですわ。
書いていて恥ずかしくはならないのですかね。
そんなホラーみたいなお芝居を、神が語ったりなどしますものか。


3/9、ケーヤク
ケーヤクってなんでしょう?
想像というか、もはやこれは妄想です。
目的を持つことはあっても、約束を交わすことはあっても、
地に降りるのにケーヤクなんてのはわけがわからない妄想です。
読者のみなさんもこのケーヤクの神示を緻密に冷静に客観的に読み砕いてみるといいです。
もちろんこのケーヤク以外の他の創作神示もです。
そうすればこの方が、想像で神々はこんな風に話すだろうと思い込んで神示を創作されているのがよくわかると思います。


3/9、因果
これも解説部分にかなり歪曲があり、
神々のメッセージではないのがよくわかります。
想像で書かれているからおかしな解説になるんです。

納得できた時に解放されるのではありません。
あまりインチキさんに知恵をつけるようなことを書きたくはありませんが、
作用反作用であり、いわば1枚のコインなんです。
納得をしたなら因果が解放されるとかありえません。
因が存在するから、果はやってくる。
果は納得をしようとしまいと、果たされるなら消滅をするもの。
なのにホラ、あなたの論は神々風に仕立て上げたデタラメだとよくわかるではないですか。


3/9、旅
またケーヤクですか。
でもよく読むと、実はとてもあいまいで、抽象的で、どんな風にも受け取れる、
実は冷静になってみれば、中身がなんなのかわからないそのケーヤクってなんでしょう? 
よくよく冷静に客観的になって読んでみると、実際は雰囲気で読者をうまく誘導してケムに巻こうってミエミエじゃないですか。
つまり、演出で使っているだけの意味のない言葉ですね。


羽さん、あなたは、神々はきっとこんな風に語るだろうというものを、
これまで本やスピ系サイトで読み漁ったり、受講してきたであろう講座とか、
そういった知識に偏ったものを軸に神示を創作されておられる。

しかしですよ?アマテラスだとかミカエルだとか、あまりにも高級な神霊を騙るのはとても賢いとは言えません。
あなたは、どうせウソをつくなら大きなウソの方がかえってバレにくいとでも考えたのかもしれませんね。
そしてまた、それだけの高級神霊の名を持ちだせば自分に箔が付くとも計算されておられるようですね。
人を騙すことというのはですね、実は大変な知恵が必要なんです。
創作神示にこんなにもボロやほころびがあちこちでている、あまりに人間臭い創作神示を書いてるようではとても無理ですね。
これまで、この私は何人ものインチキ霊能者のウソを暴き、
事実何人も退散させてきています。
それはこのブログをはじめるずっと以前からです。
ポッとでの詐欺師にダマされるような私ではありません。
さて、もう一度言いましょう。
アマテラスだとかミカエルだとか、あまりにも高級な神霊を騙るのはとても賢いとは言えません。
さあ、羽さん、あなたはそれらの神々に信頼をされており、自分は本物だと言いはるのなら、
どうぞそれだけ偉い神々にお願いでもして、ぜひこの私に神罰でも与えたらどうでしょう?
でもあなたは決してできない。
罰などという、暴力的なことは神が許さない?
なら、本物であるというしるしにこの私の前にそれら高級神霊が姿を現せばすむこと。
でもそれもできない。
もはやなんでもできる、万能と言っていいくらいの、光の軍団の長、それだけの高級神霊でありながらも、できない。
なぜなら、すべてがあなたのウソだから。





さて、羽さん、
私はあなたをお相手するのは一向に構いませぬ、
あなたさえよろしければ何年でもお相手しますよ。
でも、あまりそうやってウソで塗り固めて暴れるようだと、老翁さんも困ることになりますよ。

 インチキで人々を惑わす便乗商法は許せない、
ご賛同の方は応援どうぞよろしくお願いをします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 精神世界

ちいさな一歩特設サイトへ
「ちいさな一歩」特設サイトはこちらをクリック


コメントにて感想歓迎です




アルクトゥルスさん残念です

JUGEMテーマ:スピリチュアル
ブログパーツ
 アルクトゥルスさん残念です

 例のとあるチャネラーさんですが、
昨日、「契約」うんぬんの荒唐無稽さを指摘したところ、大慌てのようでして、
すぐさま言い訳になっている記事をUPされた様子。 いや、建前は神示でしたね。
しかしすぐさま後だしジャンケンよろしく、都合のいい言い訳神示になってしまいますか。
その神々とやらはとてもベンリなようです。


このあたり、契約うんぬんに関して、荒唐無稽で中身のない、演出で使っているだけの、
読者を雰囲気でケムに巻こうとしてるだけの意味のないものと指摘したのが相当に焦ったのかどうかは知りませんが、
おやおや?
老翁さんまであわてて翌日には都合よく契約うんぬんのフォロー記事ですか?・・・ そういえばおともだちですものね。
しかし読んでみると、無理のあるこじつけで契約をテーマに記事を書かれていますね。
それはそうですよね、だって慌てたから無理なかばいだて記事を書かれているんでしょうし。
ちょいとこじつけすぎでしたね。

まあとにかく、一連の動きが翌日だというのが揺るぎない事実ですから、やはりフォロー記事と受け止められても仕方ありませんよね。


しかし今回、こじつけられそうなものしかかばいだてをされていませんが、
怒りや恐れの状態を指しての浄化発言とか、
こうした、浄化以前の状態を表しているのがよくわかるものなど、
他にも稚拙な徴候を幾つも挙げているんですけど、そういうのはお手上げで、ほったらかしなんでしょうかね?

まあでも、そんな「細かい」ことはこの際どうでもよいです。

かの自称チャネラーさんが、実はいい加減な知識や思い込みを駆使して創作神示を手作りされていたことが、
これまでのこうした数々のオカシナ神示ですでに露呈されてしまいましたからね。

もはや自称チャネラーさんの真贋は明白に答えがでていますから。


しかしそこにきて、老翁さんは無理なかばいだて記事で多くの読者にごまかし工作に走られているように見受けられますね。
こちらのほうが問題ですね。
何しろインチキのしるしが数多くある、創作神示であったことは、雰囲気や熱といったもので流されずに、
きちんと緻密に冷静に客観的に読み砕けば普通の大人ならわかるものですからね。

浄化以前の、怒りや恐れ、こうした状態を浄化だなどとはとても言えませんしね。

なのに翌日まるで慌てられるように某チャネラーさんの援護をされておられる様子。
インチキチャネラーさんであることはもはやこれまでの創作神示を読まれればわかることなのに、
なぜに老翁さんはかばいだてをするのでしょう?

なぜに翌日という、このタイミングでウカツにもかばいだて記事をするのでしょう?

インチキ神示で人々を惑わす詐欺師とつるまれてるわけですかね?
それとも詐欺師の片棒を担いでいるのですかね?
もしそうなら、これは由々しき問題ですね。

え?老翁さんでなく、それってアルクトゥルスさんではないかですって?
いやいや、どっちでもいいんですよ、呼称などは。
だって、お二人は実は同一人物ですから。

以前、当ブログの「霊能者の鑑定」にお二人のお勧め具合の鑑定を申し込まれてきました方がおりましたが、
その方はお二人が同一人物なのかもしれないのでそれも合わせて鑑定してほしいとの旨でした。
まあ当時は鑑定以来の趣旨とは違いましたからスルーをさせて頂いたわけなのですがね。
ではなぜ今回は違うのか?

あれだけ稚拙な創作神示が露呈しているのに庇い立てをされておるようにみえる以上、
道理になっていない文を神示だと主張する、インチキなのがもはや明白な人物を彼がかばいだてする以上、
インチキとつるんでいると思われても仕方のないこと。
インチキの片棒をかついでいると思われても仕方のないこと。

よって、これ以上は黙っていてあげるわけにはいかないと判断をしたわけです。

これは当ブログ、この私に、様々な方たちから非公開希望のコメントで寄せられる、霊能関係の数多くの情報や、
メールでの数多くの接触、こうしたものの中の氷山の一角でしかありません。
当ブログは、「霊能者の鑑定」というコンテンツがありますからか、こうした情報がこれまで山のように集まるわけです。
以前にも記事で書いたとおりですが、自称イエスキリストだと言い張っていた、
とあるブログ主さんは、信者らを愛人にし、もてあそんでおられたとか、
こうしたものは、内部の当事者ご本人らからもたらされる情報なのですよ。
今回のソースもアルクトゥルスさんらのお身内からです。(もちろん詳細が記されたメールは大事に保管してあります。)
アルクトゥルスさんご自身から一部の方に向けて、呼称2つは実は同一人物であると告白されておられることなんですよ。
なので今更否定も言い逃れもできないことなんです。

しかしこれまで、時にアルク名義で老翁を持ち上げ、
老翁名義ではアルク名義を持ち上げる、
そんな事をされていましたから、ちょいと様子がおかしいなとは、
同一人物なのをすでに理解していました私はずいぶんと思ってはおりました。
まあ実のところ、密告を頂く以前の、鑑定依頼で同一人物かも合わせて判断してくれと依頼がありました時にですが、
この時に私は同一人物か否かを細かく精査、審神済みで、
同一人物とすでに確信をしてはおったのですが。
なにしろ、文中でのエクスクラメーション(俗に言うビックリマークのこと。)の使い所や使うタイミング、すべてが同一でしたから。

なぜに人々だれでも隅々を冷静に緻密に精査さえすれば創作神示とわかるものを彼はかばいだてしようとするのでしょうね?
それにより、目が覚める事無く偽神示にダマされる者は増える一方なのに。
こうしたことに気を配れない気付けない方は、どんなに言葉巧みであろうとも、もはやアチラ側の方でしかありません。
被害者を増やす幇助をされる方には容赦は致しません。




そうそう、とても大切な事を申し沿えておきます。
幽霊は存在すると力説する人に、そんなものは存在しない、あんなものはインチキだといくら言っても名誉毀損になりません。
ある、存在する、そう主張する側にだけ「証明責任」があるからです。
これはかの有名な世界的な常識であります、「悪魔の証明」というやつです。
ですから、この私がインチキ神示をどれだけインチキ神示と申しましても名誉毀損にはあたりません。
神示を正真正銘本物とはどれだけ頑張られても証明できませんからね。
まあじっさいボロが数々露呈してますから、無理ですが。

それと、お二人が同一人物であることも、ご自身自らの発言ですから、
これも名誉毀損にはあたりませんので。
特に内緒にしてくれなど私は聞いてませんしね。

 インチキで人々を惑わす便乗商法は許せない、
ご賛同の方は応援どうぞよろしくお願いをします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 精神世界

ちいさな一歩特設サイトへ
「ちいさな一歩」特設サイトはこちらをクリック


コメントにて感想歓迎です




神示を騙る人を信用してはいけません

JUGEMテーマ:スピリチュアル
ブログパーツ
 神示を騙る人を信用してはいけません

 前回の私の記事を読まれたらしいアルクさんは、翌16日、記事内で自己弁護をされておられるようですが、
これではインチキ神示をまき散らして人々を騙しているアノ方を、過失で援護してたとはもはや言いがたいですね。
なぜに今回潔く非を認められなかったのか。

これではインチキ神示と理解していながら、偽チャネラーと理解していながら、それを承知でつるんでいたと認めているようなものです。


こういうことは事後の姿勢がなにより大切なのに。

事後に非を認めるのでなく、自己弁護で開き直るっていうのは、
偽神示にダマされる人たちがこのままでは減るどころか、増える一方になってもお構いなしということ。
実は人々に対する自分のホンネ、姿勢をさらけだしてしまっているってわからないのですかね?

まあ、つるんでおられるのであれば、ごまかしたいのもわかりますがね。
しかしそんなに自分で自分の首を締めたいのですかね?

アルクさん、あなたの今の一連の行動は、インチキチャネラーとつるんでますと宣言してるようなものなんですよ。
またもやわけのわからぬ、神にたとえての無理のある言い訳をされてはいますが、
あなたは騙されて被害に合う人々のことはさっぱり視野にはいっていないではないですか。
いつでもどんな時でも「神」を利用して正当化したがるのは悪いクセですよ。

ブログを閲覧されにくる人たちというものはですね、アルクさん、
ブログを書いているあなたや私など以上に、そうした様子をつぶさに観察している方々も大勢いるんですよ。
そうしたいいわけで言いくるめれる人ばかりではないんです。
なぜに自分からそんなにしてまで信用を失うまねをしたがるのか。
そうやってクチサキばかりでごまかしていてはずかしくはないのですか?
あなたは以前は少しは神と通じていたこともあったやもしれませんが、
今のあなたを信頼する神はおらないでしょう。


アルクさん、あなたは気づいておらないのかもしれませんが、アノ方は、あなたをうまく利用する気でおられる。
ただそれだけのことです。








 とまあ、私信部分はこのへんで切り上げまして、
今回までに一つわかったことがあります。
「神の名をみだりに口にすることなかれ。」
そんな言葉がありますけど、
その真意というものが垣間見える気がします。
やたらと神の名を押し出す人は、
神を盾に信用させたがったり、
神を利用したがる人もいるということです。

神示を騙る人はその典型と言えるでしょうね。

ブログランキングなどでよくみかけがちな、
なになに神のメッセージだの神示やらを謳ったものは99.9%あやしいと思っていいです。
もし、わずかでも本物がいるのなら、その人の行動は清廉でしょうから、
様子をつぶさにみていれば見分けはつくはずです。

しかしこれが基本的なことですけども、
私達は日常で神のお告げやらメッセージやらは本当は必要ないんです。(古くからの古典である神示は別ですが。 聖書や仏典、その他の預言書や神示等。)
私たちは日常の生活の中で、理想とされている道徳を守ってさえゆけば霊性精神といった、魂の向上もしっかりと望めるんです。
日常生活の中にこそ私たちの大切なものがある。
なぜならこの地こそが私達魂の今学ぶ地であるからです。
現世にいながらあの世のことばかり考えたり、
やたらと神頼みばかりしていても向上には繋がらないと私は思っていますからね。
高尚そうに神はああだこうだと唱えるよりも、
私たちの今生きるこの地で、
隣人を助けてゆく、
そのほうがよほど尊い。

 インチキで人々を惑わす便乗商法は許せない、
ご賛同の方は応援どうぞよろしくお願いをします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 精神世界

ちいさな一歩特設サイトへ
「ちいさな一歩」特設サイトはこちらをクリック


コメントにて感想歓迎です




預言者に本物はいるか&日記

JUGEMテーマ:スピリチュアル
ブログパーツ
 預言者に本物はいるか&日記

 大雑把に精神世界と呼ばれるスピ系には、どうしても暗部がつきまといがちですね。
相変わらず私は、そうしたものにどうしても目が行ってしまいます。
それというのもですね、2005年頃からのスピブーム以降を、私は「現代スピ」と呼んでいるんですが、
そのあたりからですが、荒唐無稽なオリジナルに仕立て上げて、ハッキリ言えばウソ商売をされている方が急増してるからなんですよね。
その手の手口はこうしたブログで公開していいのか非常に悩むんですよ。
警戒してもらうために公開するのがアダにはならないのかと。
要は手口を公開することは、新たな詐欺師にやり方を教えることになりかねないのではなかろうかと。
まあ部分的に以前記事でお話してしまいましたモノを例で挙げるなら、
「自分の内面とオーラの色を合致させましょう商売」が現れた事があるんですが、
これ、荒唐無稽なウソ商売なんですね。
なぜか?
元々、オーラとは、自分の内面が表れているものだから。

ではなぜ内面とオーラを合致させましょう商売が現れたのか?
その人が実はシロウトだから。
商売に都合よさそうな、コジつけを妄想で作り上げたから。


たとえばスピ系でここ最近数年で現れた、ブロックとか言う概念、
こんなものが「現代スピ」のブーム以前にあったか?
ナイです。
何かうまくいかない状態を、抑圧しているナニカのように妄想で作り上げただけの、都合のよい商売でしかないんです。
ナニにでもブロック、恋愛でもブロック、出世にもブロック、サイキック能力の開花にもブロックがかかっているといい、
そのブロックの解放とやらの名目で商売をする。
こんな都合のよいものはない。

でも、待ってください。
サイキックにブロック? それ違うでしょう? 霊性精神性を高めてゆくプロセスをして初めて開花してゆくもののわけですよね、本来は。
他のものだって同じです。 恋愛だろうが出世だろうが同じ事です。
言ってみれば勉強と同じ事なんですよ。
勉強すれば成績もよくなるんです。 決して成績が悪いのはブロックがかかっているからではないんです。
勉強をすればいいんです。
遠隔ワークなんとかであなたのブロックを解放しますうんぬん。
そんなものありません。

誰かが遠隔でなんたらブロック解放ワークをしてくれたら私が出世したりモテモテになったり愛されたりサイキックができるようにとか、
ありません。

勉強で成績がよくなるのは、自分で努力して勉強をするから身につくのであって、
誰かがお祈りでもしてくれたら成績があがるわけでも実力が付くわけでもないんです。

ブロックなんてものはないんですよ。 商売に都合のいい概念でしかないんです。 ほんともうここまでくるとオカルトでしかありませんね。
モテたいなら相応の努力をすればいいんです。
そんな悩みがある人なら、ちょいとブサイクかもしれませんし、
暗いのかもしれませんし、何か自分に問題があるのかもしれない。
でも、そんなものは個人差です。大して人とかわりません。
明るくなればいいし、もっと積極的にもなってゆけばいい。 ただそれだけのことなんです。(距離を縮める方法 話しかける

出世したいとか偉くなりたいとかも同じです。
自分が努力すればいいだけのことなんです。

スピ商売っていうのはですね、こうした人たちの抱えている悩みを、解決するそぶりをすれば金になると知っているんですよ。
だからシロウトが勝手な妄想でデタラメな体系をデッチあげるんです。
オーラと自分の内面を一致させたら幸せになれるんです。 本当の自分になれるんです。
これウソですから。
自分の内面の反映がオーラなんですから。
でもそうしたでっちあげた体系は商売に都合がとてもいい。
それも特に悩みを抱えている人たちの悩みを解決しそうなそぶりをみせれば。

そうしたでっちあげ体系であるからこそ、緻密に冷静に客観的にみつめてゆけばおかしいとバレてしまうんです。
オーラというものをわかってないからこそ、
オーラと内面を一致させましょうなんてとんちんかんなものが出てくるし、
オーラを観るセミナーを開催しまーす、ハイ、オーラは目で見ようとしないで感じ取ってみるものなんですよー 
とまあこんな感じのセミナーが実際にありますが、オーラは可視光線であり、私たちの目でもみれるものなんです。(観る方法は当ブログのどこかに書いてあります。)
だからこそオーラカメラがある。
決して霊界だかアストラル界だかの様子を撮影してるようなドラえもんのマシンではないんです。
なのに、目でみようとしないで観るんです、などと吹くインチキ先生がおられる。
目視でみるのでないなら、アジナーチャクラ、第三の目で霊視しろと言ってるのと変わりないんですが、
たった1日や2日程度のいいかげんセミナーやら講習会で誰でもサードアイ、天眼通が開くわけがない。

なのにセミナーの受講者は事実いるとw

自分からすすんでお金を払い、喜んで騙されている・・・
こんなだからこの精神世界系、スピ系には詐欺師がどんどん集まるんです。

時折、ブログなどでそんな詐欺師山師をみつけては、とてもていねいに見抜いた詐欺の様子や手口を並べたコメントをご本人に差し上げるんですが、
はじめは開き直った挑発的な記事を書かれてくるんですが、
大抵の方はしばらくするとブログを閉めて退散してゆきます。
本当に多いです。
特にブログランキングにはたくさんいます。
私がはじめにみつけるのではなく、多数の読者がみつけてくるのも多いですね。
それらは非公開コメントでの密告もたくさんありますし、
公開しているコメントでもたくさんあります。
もしお暇なら当ブログの記事をさかのぼってあちこちコメントを読まれてみるといいかもしれませんね。

こんな現状ですから、私は基本的にはアンチスピなんです。
(私は16年前の、現代スピブーム以前から、概ねは道徳を書いているつもりです。 当ブログの「上を向いて歩こう」には、現代スピに盗まれていって今では一般化したものが多数あります。)
でも、じゃあ本物はいないのか?
そうでもないんですね、
これまで、この人は本物だろうと判断した方が若干おられます。
一人は人の過去世を知ることのできる人。
でもこの方は残念ながらサイトを閉鎖されています。
まあもっとも、過去世を知ることよりも現世を精一杯生きることのほうが大事なことだと私は考えていますから、
人は過去世など知らないでいいんです。

もう一人、予言系?もしくは預言系? 未来を知ることのできる人がいます。
この方には今のところは了承を取っていないのでサイトの紹介は控えますが、
3.11の様子を当てたとある予言者の、予言の盗作元となる本物のほうの方。
控えめな方でして、今のところブログランキングにも参加はされていません。

この方の予言を盗んだ方は、サイトの方で小細工をして証拠隠滅。(予言を盗んだ方はインチキの様子がある方の糾弾ブログで細かくインチキが暴かれています、証拠付きで。)
会員制にし、やばい記事も今となっては消しまくったようです。
私もそれら予言の盗作の様子を検証しました。
どのあたりの予言記事がパクられているのかとか。
頻繁にではないですが交流のある方ですので。



とりとめもないですが、今日はこのへんにしておきましょうかね。

それと、去年11月あたりから今月のはじめころまで記事の更新をお休みしておりましたので、
当ブログを最近まで知らなかった方も多いことと思います。 特にここ最近ランキングなどで応援してくださっています方、本当にありがとうございます。
ぜひお暇なときにあちこち記事を読んでやってください。
多くの読まれている人々、あなたの人生に活かしてもらえるよう一生懸命書いておりますので。

 私の記事で何かしらよいものがあると思われる方、
どうぞよろしくお願いをします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 精神世界

ちいさな一歩特設サイトへ
「ちいさな一歩」特設サイトはこちらをクリック


コメントにて感想歓迎です




インチキチャネラーのごまかしの様子

JUGEMテーマ:スピリチュアル
ブログパーツ
 インチキチャネラーのごまかしの様子

 昨日の当ブログの日記であります、「預言者に本物はいるか&日記」を読まれたらしいアノ方は、http://firstdoor.jugem.jp/?eid=405
どうやら焦られたらしく、19日の記事2つはよく読むと、創作神示とは気づかずに信じてしまわれた方たちや、
創作とようやく気づきはじめた人たちを逃がさないように説得しようとした文面になっています。
これはつぶささに冷静に読まれてみるとその様子がよくわかると思います。

なぜ焦りだして人々に逃げ出さないように人心誘導する記事を神示のようによそおって書いてきたのか?
それはですね、私の昨日の記事であります、「預言者に本物はいるか&日記」の中での、
ここ数年でスピ業界に現れた「ブロック」という言葉の荒唐無稽さを詳細に暴露されてしまったから。
今の現代スピでのブロックなどという単語は商業スピでの言葉でしかないことを晒されてしまったから。

私がはじめ、アノ方の神示がウソでっちあげと気づいたのも、
このブロックという一部の商業スピで勝手に使われている単語が神示の中に織り込まれているのを確認したからなんですよ。




記事、「またもインチキチャネラー発見」でこのことについて触れています箇所を抜粋しておきます。http://firstdoor.jugem.jp/?eid=401

さて、なぜ私がこんなにも辛口で、この方を、スピブームを迎えた以降のスピビジネス参入者としてこの方を捉えているのかと言いますと、
決定打なのですが、
チャネリングの内容に、ここ2.3年来で商業スピで使われだした「現代語」が入っているのを確認したからです。
人間側の都合でついここ最近になってから、スピ的なものの中で使われだしたものとか、
ここ数年で人間側の都合で意味合いに変化が生じてきた、ここ2.3年来の現代の意味合いのまま、
ましてやここ数年で人間側の商業上の都合で派生した意味合いをそのまま使われる神などいません。
スピブームを迎えた以降のスピビジネス参入者というものは、
ご本人たちは神示やでっちあげチャネリングメッセージ創作時には、もはや手遅れなくらい染みこんでしまっていて気づかないようですが、
あちこちの商業スピに手当たり次第しだい触れるからこそ、余計な言葉まで拾ってしまい、
そうした言葉をでっちあげ創作時になんと文面に織り込んでしまう。


今回の方は、ブロックですか。
ここ最近になって一部の商業スピでみかけるようになった概念、単語ですね。
そんなものを使われる神など、天地がひっくりかえっても存在しません。
大切なことなのでもう一度言いましょう、そう、天地がひっくりかえっても存在しません。



神々からの神示と称したもので、ここ数年来のスピブームを迎えてから意味合いに変化が生じました、
「気づき」という言葉を盛り込んでいる「神示」は創作でっちあげです。
それと同じように、ここ最近のスピブームを迎えてから商業スピでみかけるようになりだした言葉を盛り込んでいるものも同じく創作でっちあげです。
皆様、どうか騙されませんように。




この時の記事でコメント欄に書き込んだものもここに抜粋しておきます。

高次の神霊が私たちにわかりやすくしているのではなくですね、
創作チャネラーが普段触れてきた、
慣れ親しんだ単語を無意識に文に織り込んでしまっているんですよ。

なので、ひいきめに、現代風にわかりやすくしてるわけでなく、
それら商業スピ等に触れてない方には一般的でない表現になってもしまっているんですよ。

あの方はやたらとワークという単語を使いたがりますけど、
今商業スピでブロックという単語を使いたがるとこがどこなのか、
もしわかるようなら読みにいってみるといいです。
ワークショップでなく、そこもやたらとワークという表現を多様したありますから。
つまり、今回の方が普段どんなスピ系サイトに触れていたのか、偏っていたのか、よくわかるというものです







お暇のあります方は、ぜひあの方の神示が実は創作でっちあげとバレだしてからの様子をつぶさに追ってみてください。

記事、「天地がひっくりかえったようなインチキチャネラーさんへ私信」の中で、http://firstdoor.jugem.jp/?eid=402
いくつかの箇所で私はケーヤクが荒唐無稽であると書き記し、
その上で目的や約束を交わすことならありえると書きましたね?

以下に抜粋をしておきます。

3/9、ケーヤク
ケーヤクってなんでしょう?
想像というか、もはやこれは妄想です。
目的を持つことはあっても、約束を交わすことはあっても、
地に降りるのにケーヤクなんてのはわけがわからない妄想です。
読者のみなさんもこのケーヤクの神示を緻密に冷静に客観的に読み砕いてみるといいです。
もちろんこのケーヤク以外の他の創作神示もです。
そうすればこの方が、想像で神々はこんな風に話すだろうと思い込んで神示を創作されているのがよくわかると思います。


するとこれを読まれたアノ方は、すぐさま「約束」だのといった内容の神示を作り上げ、ごまかしに入られた。
でっちあげ神示であることが当ブログで世間に発信をされた3/13の翌日、
3/14のアノ方の神示には、翌日というずいぶんと都合がいいのですが、
「契約」を「約束」かのように話をこじつけるようにもっていっています。
似てはいるようでも、契約と約束ではまったく意味が異なります。
まがりなりとも神々からの神示であるならば、一旦契約と口にしたものを約束かのように変えていってしまうことはありません。
どうでしょうか、アノ方の慌てている様子や、なんとかごまかしたいという心情がにじみでていますね。
そしてまた、こうしてつぶさに読んでゆくと、創作神示である徴候、特徴を、ウカツにも更にあらわにしてしまっているのがよくわかるというものです。


今回の件は、当ブログで以前から多くの皆様に声を上げて伝えてきましたインチキ霊能者、
こうしたものを間近に緻密に観察ができる実によい機会なんです。
ですので、アノ方の、日々どんどんごまかし工作に走られているウソ神示の様子を、今後もつぶさに観察してみてください。
いかに苦し紛れの後出しジャンケンでウソ神示を作り、なんとか対面を保とうとか、
バレだして気づかれた読者を逃がさないようにと説得をしてる文面になってしまっているとか、(神示のはずなのに)
読んでいて面白いほど伝わってくるのがわかりますから。


 インチキで人々を惑わす便乗商法は許せない、
ご賛同の方は応援どうぞよろしくお願いをします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 精神世界

ちいさな一歩特設サイトへ
「ちいさな一歩」特設サイトはこちらをクリック


コメントにて感想歓迎です




頂いたコメントへのお返事をこちらで

JUGEMテーマ:スピリチュアル
ブログパーツ
 頂いたコメントへのお返事をこちらで

 ○○さんこんにちは。 お初です。

まずお断りをしますが、
論点がズレていたり、話に筋が欠けていると判断した場合には、
混乱を防ぐ意味でコメントの公開はしておりません。
また、今回、他のサイトをアドレス付きで例にとられていますが、
今回のような件でコメント欄でそれをされますと、人によっては今回の件に便乗した宣伝にも見えてしまいかねません。
もちろんそんなお気持がないであろうことは承知していますが、
公開にしてアドレスが載るとそうした便乗が多発するのでやはりできません。
よっていずれにしろ非公開とさせてもらいます。

ですが、主旨となる肝心なポイントにはお答えしますね。

他のサイトを例に挙げておられますが、今回のケースとは全く別なんです。
他でも現代語を使用している人がいるとのことですが、
今回わかりやすく説明するため、ある記事では「現代語」と表現してはいますが、
関連記事全てを読んでもらえれば分かる通り、
あの方の創作神示では、一般的ではない、偏った世界で使われている意味合いのものが単語として使われているという点。
精神世界系の中の、さらにスピ系と呼ばれる中の、さらに隅の方でしか使われていない概念なんです。
ここが着目点であり、重要な点なんです

あの方は、私が指した、「現代語」という表現を逆手に取って、今はわざと現代語を神示の中に織り込んできています。
サポートやらなにやらと。
そう、神示に現代語が入っていてもおかしくないように人々に映るようにと、今はわざと使って工夫をしている。
しかし、ブロック、抑圧しているナニカのようなものを仮定するという概念は、
スピ系の世界の中でもごく最近、一部の商業スピで使われだしたものでしかありません。
そう、スピ系の中でも知らない方たちも大勢いる、隅のほうで使われだした概念でしかないんです。

これは神示創作作者が慣れ親しんできた言葉や概念を、ついうっかり文中に盛り込んでしまったということを表しています。
ということは、古式の言葉使いを読みやすく直したというのとはまったく別ということになります。
このあたりのことは今回の私の一連の記事をくまなく読めばわかることなんですがね。


あの方の文を指して「取り立ててでもないと思うのですが…」と言われてますが、これはもう論点がズレています。
普通の人間が人間の書いた文として発表してるのなら、おっしゃる通りで問題はないですよ、
でもそうではないんです。
あの方は、さも神示を装って騙っているんです。

創作しているウソ神示である以上は、人々に誤った知識を植え込んでしまいます。
神々の言葉だからと真に受けてしまう人もいるということ。
それに、闇と言うほどでもないならウソ神示を流布していいという理由にはなりません。


「ただ、過去の情報の焼きまわしには思え、
お金を頂けるレべルかどうかは、解りませんが。
読者もその点は、最近よく解ってらっしゃるので、
良い所・悪い所を使い分けて読んでいると思いますよ。」

とのことですが、アノ方の神示は、焼きまわしと妄想によるめちゃめちゃな論でのちゃんぽんになっている所が随所にあります。
かのでっちあげ神示では、目を通されたかどうかわかりませんが、
ネガティブな状態を指してそれを浄化だといい加減なものを流布しています。

こうして、正直、しっかりと読めば神示でもなんでもなく、並の人間以下の作文でしかありませんけど、
それでも高級神霊がそう言うのだからと真に受けてしまわれる方だってでてきてしまうんです。
こうした精神世界系、スピ系と呼ばれるものに触れる人というのはですね、
おおまかに大別すると二通りに分かれるんです。
それは、求道の精神もあれば、分別もあって、これが肝心なんですが、依存心のない人。
もう一つは、他者の言う事を鵜呑み丸呑みしてしまう人々。
このタイプは疑うことをいけないことと思っている人が多いですし、
なにより、依存心が強く、人に何かしてもらおう、得しようという傾向があるんです。(このタイプの人はスピ系に限らず、どんな業種の世界でも常にカモ側です。)
霊感商法の被害者は大抵この後者だと私は考えています。
なんたらパワーストーンを身につければ幸運になりますだとか、恋人ができますやら金運がよくなりますやら、
人の言う事を鵜呑みにしてしまう。
除霊しますからいくらですとか、ブロックを解放してあげますだとか、
こうしたものを鵜呑みにし、人におまかせにして(依存心)得しようとする。(自助努力を省こうとショートカットの道を選びたがる。)(注へ)
カルトにハマる人たちの多くはこの後者なんですよ。
そういう人たちはダマされるんです。
こういう人たちは世間一般からみても自分からお金を進んで払ういいカモでしかない。

そういう人たちに立ち止まり、振り返ってもらえるよう努めてゆくのは、これはもうそういう構図を散々みてきて気づいてる者の勤めだと思います。
観てみぬフリなどできませんから。


あと、良い所や悪い所を選んで読んでいるという点ですが、
やや論点がズレているようにも感じるのですが、
本来は高級神霊の神示、言葉に、悪い所があろうはずがない。
要らぬ所をはじいて読むとか、本来は神示のはずなんですから、これはもう本末転倒という他はないです。
すると、こういうことを言われるってことは、薄々人間の創作した作り物とあなたも気づいているってことではないですか。




さて、公開お返事はこのへんで切り上げまして、
精神世界系、とりわけスピ系には、世間一般からみてカモりやすいと思われがちな人も実際にいます。
だからこそ、このジャンルには騙す側の人も集まるんですね。
そして私はそうした人たちの様子に気づいてしまうと。
そうした人らと対峙をしてゆくには、こちらもやり方も工夫をせねばならないのだと思います。
よって、私はやり方を工夫します。 まあみていてください。



(注、インチキでしかないパチンコ攻略法に100万つぎ込んだだとか、投資のうまい話に乗って破産しただとか騙されただとかよく聞きますが、
人の言う事を鵜呑みにしてしまう。 特に自分が得をしそうと思えば鵜呑みになりがちで、
人任せで楽して得をしたがる、自助努力を省きたがるタイプの方にこうした被害者が多い。)

 インチキで人々を惑わす便乗商法は許せない、
ご賛同の方は応援どうぞよろしくお願いをします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 精神世界

ちいさな一歩特設サイトへ
「ちいさな一歩」特設サイトはこちらをクリック


コメントにて感想歓迎です




悪行のかばいだては悪しき因果になります

JUGEMテーマ:スピリチュアル
ブログパーツ
 悪行のかばいだては悪しき因果になります

 最近ですが、ウソ神示を書かれている方に近い方とお見受けします方や、
もうお一方は、そのウソ神示を援護されておられる方に近い方と受け止めていますが、
かばいだてされている文面のコメントを頂いています。

例えば、ウソ神示を書かれている方の様子を指して、
文面のことと思いますが、取り立てて闇というほどでもないのではと、
意見をされた方がいますし、
(ウソ神示の中身が闇でもないならウソ神示がOKになるわけではないのですが。)

またある方は、ウソ神示を援護されている方の様子を指されているようですが、
神示を騙っている方のセンスを認めての愛情のようなものと援護されていました。

ウソ神示を世間に垂れ流す人、その様子を知りつつも片棒を担ぎ、援護してしまうこと。
そしてこれはまた、その援護する人はウソ神示が益々世間に流れてしまうのにかばいだてるという、
神の御心を実践してるとはとても言えない、
言わば悪行を積んでいるその人を、さらにかばいだてる人もおられます。

しかしこれが大切なことですが、えこひいきの目で物事をみて行動をしてはいけないんです。
悪行を積む人をかばいだてる。 そしてまたその様子を見、かばいだてる人をさらにかばいだてる人がいる。
これはもう、負の連鎖でしかないんですね。
誰かを信じることは結構なことです。
でも、悪をかばうことは、悪を益々野放しにしようとすることなんです。
悪には傷つく人もいれば、ダマされる人もいるんです。
悪の被害者は、時には人生すらも曲げられてしまうことだってあるんです。
人はこのことを忘れてはいけないのです。

そしてなにより、悪をかばう人は自分自身に悪しき因果を作っているんです。
悪しき因は人に、魂に、苦や不幸といった、余計な果を招き寄せてしまうもの。
自分自身に悪しき因果を作ることとは、人生にとって、そしてまた魂の、余計な回り道を作ることになるんです。
そしてまた、えこひいきで悪しき行いをかばうのは、悪しき行いをする人に益々悪しきことを行わせてしまうことであり、
本末転倒なことですが、かばいだてをする人は、その人を、この先、悪しき因果で益々苦しむように手助けをしてしまっているのと変わりがないのです。

過保護な親にかばいだてされて、人は立派な人間に育つでしょうか?
過保護だって悪なんですよ。
その人間を壊してしまうから。

もしも、悪しきことをする人をそんなにもかばいだてをしたいほどに大切で愛しいのなら、
そんな人はですね、悪しきことをまずやめさせるのが何よりの愛というものです。
厳しさだって愛なんです。


 私の記事で何かしらよいものがあると思われる方、
どうぞよろしくお願いをします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 精神世界

ちいさな一歩特設サイトへ
「ちいさな一歩」特設サイトはこちらをクリック


コメントにて感想歓迎です




| 1/4PAGES | >>