偽スピヒーラーE氏の・・・ 頂いたコメントへの返答

JUGEMテーマ:スピリチュアル
ブログパーツ


偽スピヒーラーE氏の慌しい様子にて頂いたコメントへの返答ですが、
こういうコメントこそ待っていたもの。
大切なことなのでこちらにて。






> 私怨の感情たぎらせて書いた文章は人の心には届きませんよ
> 2009/06/24 17:12 by


何が私怨なんです?
最近風潮の、ヨソからパクり、そうやってメッキを張りたがり、
即席で先生になりたがる者はニセモノですよ。
私はそれらニセモノになりたがる人たちを支援するためにモノを書いてきているのではありません。
ニセモノはあくまでもニセモノなんです。

そして、私がこのブログを始めた趣旨は、ニセモノを斬る。 これです。

今の妖しいスピブーム、パクって即席で先生になりたがり、
どこぞのインチキで有名になった先生のように、
一攫千金を狙う、
そんな不届き者を世から減らすのも目的の一つです。
私怨なぞという小さな視点で動いていません。

ニセモノに騙される人たちの身にもなってください。




実際、これまで「偽霊能者 観察日記」で書かずにやり過ごした偽チャネラーがもう一人います。
彼はインチキであることを恥て、偽チャネラーをやめました。

2009/06/24 21:37 by 愛上王




> 貴方の大義がそうであっても、普通の人はこの文章から私怨を感じ取って敬遠すると思います
> それじゃ意味が無いじゃないですか
> そんなまくし立てる書き方じゃなくて、おかしな点を箇条書きにするとか、もう少し冷静な文章を書きましょうよ
> 2009/06/25 10:27 by


私怨などありませんよ。
私の個人日記サイトがこのブログのどこかに記載されていますので、
誰でもお読みになれますが、
長年盗作をされてきた方にすら、許しているからもうやらないで欲しいと書き綴ってきた。
しかし、「悪意を続ける方を放置するのは、許しでも寛容でもありません。」

意味についてですが、きちんと計算をした上で行っているんです。
観察日記など、大抵は本人も目を通すんですよ。
こういうのがあってこそ、「抑止力」になるんです。
私は、今のスピブームに責任の一端を感じています。
だからこそ、私はそれらをやるべきなんです。
巷のスピブームに便乗しようとするニセモノは社会悪ですから、
毅然とした態度が必要です。


それと、箇条書き程度ではダメです。
具体的に書かねば、その偽霊能者のサイトを見つけたときに判別がしずらいじゃないですか。
悪さをしたら晒される、そういうのが必要なんです。
私はこれまで、パクられてきた事をブログの随所に綴ってはいますが、
まさに驚くことですが、それらを読んでいながらも彼ら彼女らはやる。
悪さを意図的に行い、続ける者に、
甘い態度ではいけません。

これまで、過去に有名人にパクられ、私の書いてきたものを参考書がわりにされてきた方がいましたから、
今回、ブログでそれらの原稿をあげたなら、
またもやられる可能性は高いと予測していました。
そしてその通りとなりました。
これもある意味、予測していた事ですから、計算どおりとも言えますね。
私が過去に本当に盗作をされていたのか? その真偽を判断する材料になりえるという事であり、
また、ブログをはじめたなら、それ以降にもパクる方がでるだろうと、予見してたわけですから、
それらをもしされれば、ブログ読者はリアルタイムで読みに行ける。
これほど具体的な方法もないと思います。



もし、お暇な時間が数日取れる事がおありでしたら、
E氏やR氏のY掲示板を最初から最新までを読んでみてください。
(おそらく、1日で全部読むのは無理かと。 また、都合の悪い記事は削除をされている場合が多数あり、そういった霊能者や教祖側の工作も激しいですが。)
いかにニセモノが卑怯な事を続けているか、
驚くに違いありません。

2009/6/25
11:43
愛上王






もし気に入った記事がありましたら
ぜひ当ブログを応援お願いします

人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ 精神世界
すべて新しいウィンドウで開きます

当ブログがあなたのお役に立ちますように

コメントにて感想歓迎です



本人降臨といった感じに煽られると思っていましたが、丁寧なお返事ありがとうございました
私の環境だとこちらのサイトの文章行間が非常に狭く、各行がくっついて表示されるので、それも読みづらく感じた一因かと思います
| | 2009/06/25 14:37 |
改行ですが、CSSで160%から180%に変更し、
読みやすくなるよう調整しました。

今後も、指摘や批判等あればどしどしお願いします。
| 愛上王 | 2009/06/25 19:22 |









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック