はじめて出会った真のチャネラー

JUGEMテーマ:スピリチュアル
ブログパーツ

 はじめて出会った真のチャネラー

 以前に、「偽チャネラーの見分け方でお約束をしました、
本物と思われるチャネラーの話を今日はこちらにて。


 今日は昔に体験した不思議な話をしよう。
その人物とは正確には直接会った事はないのだが、あまりにも不思議な力を持っている人物で、
今風な言葉で当てはめるならチャネラーと言う言葉が近いように思う。

ではまずは関連エピソードにお目通しして頂こう。
以下は私の個人日記サイトの隠し日記から。

4/12日の日記に書いた富山県の女性との間でなんともいえない不思議なことがありました。(2001/4/12の隠し日記の事)
普段営業マンしてたのでその地方に出張がないとどうしてもいけない、
なので日常の接点は電話メイン、
電話人間な俺と相手はすっかり打ち解けていて、たまーに彼女の住む富山に顔出し行っても変に遠慮するような距離はなかった。
心の距離は限りなく近かったけれども、あまりにおかしな事を会いに行った時に彼女が口走る、
俺の趣味や日常をすべて言い当ててしまう、 話していないことまでをも。
読書好きでしょって言われたまでは単なるあてずっぽうで流せたが
芝居が好きでしょって言われたときには口があいたまんまだった・・・
舞台観に行くのまで趣味のうちとして言い当てれるはずがない! そう思った
なんで話してもいない細かい事まで知っているのか聞いてみた、
彼女がよく行く尼寺の尼さんに俺の事を聞いたという、
尼さんには普段自分はなぜ苦しまねばならないのかってなんども訴えに行っていたそうで
答えは出してもらえなかったというのに、俺の事を彼女が聞けばなんでも知っている如く教えてくれたと言う。
聞くに、その尼さんは仏様だか神様に教えてもらい彼女に話したのだと彼女は言う。
通常、寺で修行してる坊主はこのようなことはしない、テレビにでるような坊主ならいざ知らず、
本人の苦の悩みすら普段答えをださずに聞き受けて流しているのが日常のこの尼さんであるのに。(普段苦しみについてなにも答えてくれなかったそうな)
彼女と俺はお互いに結婚するものと思っていたしそうなるはずだった、その事をこの尼さんに聞いてみたそうな。
「友達だったらよかったね」 こう云われたとの事。 しかしこれは互いに信じてはいなかったのに確かに結ばれる事なく尼さんの言ったとおりとなる。
結婚話などつぶれるのはありがち? そうじゃないんだ、 相手の親も兄弟もそのつもりでいたにも関わらず、なんだ。
なんかしらんがもう半強制でくっつけられるって勢いだったくらいなのだから尼さんの言い放った言葉の方こそ誰もが信じられなかった
親の家招かれた時には貯金あるのか聞かれてはっきりと ナイ っつーたのに(笑) それでも確定コースは間違いない見通しだった。
つぶれた原因は今月中に富山にもうきてしまえと言われたにも関わらず会社が辞めさせてくれなかったのが原因、
相手の親は怒ったね、 親は親戚あたりにコネ使ったらしくて勤め先まで用意してたのに本人が富山にこない (笑)
意外な展開・・・
誰もが、俺も、相手も、親も、結婚するものと信じて疑わなかったはずなのに
尼さんの言ったとおりとなった。
(えっちしないまんまでおわった女はこやつだけじゃ(笑)  そう、それよりも前に相手の親が決めたっつーくらい確定してたんだわ)
とにかく、俺にとってこの女性の存在はとても大きいと思う、 人が人に接する時に何かしらを善きにしろ悪しきにしろ与え合ってるものと
生きてゆく中で気づき始める元となった女性。
そして彼女に出会ったのは彼女にとって必要な、俺にも必然な縁だったのだと思う。
本題に戻ろう、不思議な事が残っている、テレビにでもでるような坊主でもないかぎりは第三者であるこの俺に伝わってしまう不思議な事を閉ざしてしまうはず。
なのにそれとわかるように俺の事を彼女になんでも話したのは何故だろうかとずっと考えてきた。
答えはひとつ、いつかこの件、神は確かにいるのだと人が信じるに足るエピソードを文章に残す事、これがこの出来事の因縁、示唆なのだろうと云う事。
読書が趣味はあてずっぽうでも言い当てれると思うよ?
でも芝居が趣味って普通言い当てれない。
第一俺は彼女に趣味当ててくれなんて一言も言ってない。
実際、不思議な出来事が日常で起きてゆく中で、少なくとも体験するこの俺自身には神はいるのだと疑い様もなくなってしまう出来事があまりに多すぎる。
あまりにこの類のできごとが多すぎる・・・
今日ここに書いているいくつかはこうやってここに書いてもいくらかは頷いて読んでもらえそうなものをやはり選んで書いてしまっている。
書けばあんたそりゃ白昼夢に決ってるって一笑されておしまいになってしまいそうなものは・・・・ やはりかけねーよ (笑)



以下の文も私の個人日記サイトの中でも隠しページになっている、
20060809.htmlの中で、上記のさらに続きとして書いた文。
私は、これまでコアでローカルな、ごく一部の縁のあった人たち向けに隠しページを書いてきています。

実はね、t1003.htmlの中のエピソードにも書いた、富山県のある尼寺の庵主様なら、こうして私が今まで見つけてきた状況証拠などでなく、
物理的な証拠すらも探し出したり見つけ出すことが出来るのではないだろうかと考えています。(盗作をした日時や行った場所、自宅か事務所かなどといった行動すらも。)
神様だか仏様だかと会話ができ、私の事をたずねたある女性はわたしの色んな事をその庵主さんに教わり知っていたくらいなのだから。
当時あのエピソード内では瑣末すぎて書かなかったものがあるのだが、演劇が好きというのや、本が好きとかまあいろいろあったが、
実は当時好きだった歌手までも当てられていたというのがある。
まあ瑣末だったから書かなかったというよりも、その歌手の名前を挙げれば私の歳がバレちゃうので書かなかったのもあるのだが(笑
さてその歌手の名前は ボニー・タイラー  洋楽ですよ? 世間ごとには疎いと思われがちな尼寺のお坊さんなら絶対知らないはず、とまでは言い切りませんが、
歌手は世の中にごまんといる。 その中でですよ、当時私が一番好きだった歌手の名をこうもいとも簡単に挙げられてしまうとは。
あれれ、話が脱線してしまいましたね、要はですね、神様や仏様と直に会話ができるレベルにまで登りつめた尼さんがですよ、やろうと思えばなんでも暴けるだろうという事。
そして、その域にまで登った、神や仏と会話できるレベルの霊性や精神性からして、嘘などはありえないという事。
つまり、もし、盗作者を暴くのを手伝ってもらえたとしたなら、盗作者のすべて、何を盗作したのか私がいまだ気づいていないものまですべてを、
その人なら明かしてしまえるだろう。 
しかし問題がある、
一つは、今でも生きているか
二つは、その尼さんとの接点は、私の事を色々と尋ねたその女性からしかコンタクトはできないという事。




 さてどうだろうか、この、富山県のとある尼寺の尼僧さんなのだが、(滑川近辺)
その尼さんは、私が当時お付き合いをしていた女性に私の事を問われればなんでも話していたという点。
これを読まれているあなたはどう思うだろうか。

仮に、もしあてずっぽうで適当に受け答えをしたのだとしても、
「読書が好き」というのは、たしかにまぐれでも当たりそうな気もするのだが、
はたしてあてずっぽうで「演劇鑑賞」まで当てられるものだろうか?
どちらかと言えば、人の持つ趣味としては、芝居を観に行くのはマイナーな部類に入りそうなものだし、
あてずっぽうで言うにはリスクがなかろうか?
まして、好きな音楽、その「歌手の名」までもなんの狂いもなく当ててしまえるものだろうか?
もちろんの事だが、私はお付き合いしていたその女性にそれらの事はなんら話してはいないのだ。
それらは私の家族すら知らなかったし、会社の同僚や上司ももちろん知らない事なのだ。
だから調査で調べる事などは不可能であったはずなのだ。

この、神様だか仏様だかと会話ができるという尼さん、
おそらく、仏道修行を長年まじめに重ねてきた方に違いない。
これらいわゆる神通力は、それら修行の副産物として自然と身に備わるものなのだろう。



 もし、私は神や仏と会話ができるとか、
天界だか神界だか霊界だかのメッセンジャーと会話ができると言い張る人がいるのなら、
こうした、ホットリーディングやコールドリーディングと言った、
調査や仕掛けなしで答えられなければならない事を聞いてみるのをお勧めします。
もしホンモノなら、今私が話した尼さんのように、何を話そうがどれもピタリと当たらねばおかしいわけです。
しかしそうでなく、話の中身がどうとでも受け取れるような、あいまいで抽象的な事ばかりを並べたがるなら、
そのチャネラーはバレにくいようにと演じているにすぎません。
そして、実際はこうした、話の中身に確かな精査が必要とされるものには何一つ触れずままの、
自称チャネラーが世には多すぎます。





 その当時から今でも好きなその劇団は、柴田恭兵や三浦浩一、坪田直子らで有名な、
東京キッドブラザース。
主宰は故、東由多加。

現在のファンサイトは 東京キッドブラザース ∞ENDLESS∞ KID BROS.




 これはまったくの余談だが、私の個人日記サイトでの隠し日記の対象となった、ローカルな人たちとは、
Cute Girls JapanTMに掲載をされている、この東京KIDの元研究生が中心となって派生したグループ。
その多くは同じく、Cute Girls JapanTMに掲載をされた女性陣で形成されている。



注)
冒頭の4/12日の日記に書いたとありますものは、
その後整理をして「ある男性の手記」とし、「上を向いて歩こう」に加えてあります。



もし気に入った記事がありましたら
ぜひ当ブログを応援お願いします

人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ 精神世界
すべて新しいウィンドウで開きます

当ブログがあなたのお役に立ちますように

コメントにて感想歓迎です



あなたにとっての真のチャネラーが、ただの当てっこが出来るだけの人だとは 笑
当てっこをされて満足なら、マジシャンでも信奉していてくださいよw
本当に一気にめっきが剥がれてきましたね 笑
| aa | 2009/07/16 10:44 |

> あなたにとっての真のチャネラーが、ただの当てっこが出来るだけの人だとは 笑
> 当てっこをされて満足なら、マジシャンでも信奉していてくださいよw
> 本当に一気にめっきが剥がれてきましたね 笑

先ほどの方とIPが同じの方ですね。
上記は当てっこのレベルを超えているんですが。
家族からみれば、訳ありの女性であって、
その女性と籍を入れる見通しはそうそう覆される状況でないのは理解できるはずです。
もはや家族が半強制のように籍を入れる気でいた状況です。
それが覆される様子まで言い当てている。
趣味を勝手に言い当ててきたものがピタリと重なる頻度と、これら未来の様子、
すべてがピタリと合致するのは天文学的確立なんですが。

巷でたくさん見かける、自称チャネラーよりこの尼僧さんの方が余程信頼をもてます。
抽象的な事ばかりしか話さず、ボロがでないように構えてばかりの自称チャネラーよりも。

さて、返信は致しましたが、
まさか罵倒文で終わりじゃないですよね?
記事168のコメントをされた方なわけでもありますし、
この先もお話を続けられるんでしたら、
ぜひ、「真のチャネラーというのをまずは見せてください。」
もう一つ、記事168にも返信をしましたように、
チャネラーが「媒体の脳を使う根拠と必然性をお答えくださいね。」
もちろんですが、それらは「証明をもって説明をお願いします。」
| 愛上王 | 2009/07/16 19:28 |
結局、最後に出て来る言葉は「証明」ですか。つまらないですね。
霊感の無い人間が霊能者の真贋を判断出来る、霊感の無い貴方がそこに気付く事が出来た事に内心賛辞を送っていたのですが、「真」の敷居がちょいと低過ぎましたね。 笑
その人物は霊能力は持っているでしょう。
が、プライベートを言い当てられた事に対して自分で逸り過ぎた気持ちを感じませんかね。
当てっこすら出来ない霊能者を数多く見てきたあなたが興奮する気持ちもわかりますがね。
タイピングが早いプログラマーを見て、パソコンが出来ない貴方が「この人は真のプログラマーだ」と興奮して書き立てているのと同じものだと考えてくださいな 笑
恥ずかしくなりません?

霊が母国語を喋らない理由は何かって?
母国語なんてものは脳に染み付いた癖の域を出ませんよ。あくまで脳の「機能化」の一つに過ぎない。
Aという入力をして変調1を使うか変調2を使ってBで出力するかの違いでしかないんですよ。
感謝という魂からの入力に日本語変調を使うか英語変調を使うか、ありがとうかサンクスかの出力の違いがあってもそれは既に物理領域の問題なの。情報領域の問題ではない。わかりますかね笑
そうだね。気が狂っている人間の種類の内、どこまでが魂が損傷しているタイプか、どこからが脳の損傷により意志発現が出来なくなっているタイプか。
色々なものを目にして物質と情報の問題性の境界をようく見極めくださいな。
そうすればもっと偽霊能者が見極められやすくなりますよ笑
なぜ霊がエピソード記憶しか基本的に記憶できないのかも分かります笑
| d | 2009/07/20 20:46 |



> 結局、最後に出て来る言葉は「証明」ですか。つまらないですね。

つまらないとか、そういう感情論はやめましょう。
理で話が進まなくなりますからね。



> 霊感の無い人間が霊能者の真贋を判断出来る、霊感の無い貴方がそこに気付く事が出来た事に内心賛辞を送っていたのですが、「真」の敷居がちょいと低過ぎましたね。 笑

何を持って、真の敷居が低いと言えるのか、根拠を。
うーん、あなたの書き込みって、毎度、感情論で先走りが多いですよ。
それと、余談ですが、「霊感」なり、巷で指すであろう所の、能力、実は微細ながらも持っております。
ですが、「思いのままに制御ができない限り、能力としては不完全」である故、
私は霊能力という言葉を自分に当てはめるつもりはありません。
もっとも、私はそれらを通力といった認識をしていますが。




> その人物は霊能力は持っているでしょう。
> が、プライベートを言い当てられた事に対して自分で逸り過ぎた気持ちを感じませんかね。
いいえ、感じませんね。
それよりもなにより、いかにして印象を貶めようか、そういう感情的なあなたの文が目立ちすぎてるように感じてましたが。
おそらく、チャネラーの件でこんなにも剥きになられている様子から、
あなたは斬られた方なのかもしれませんね。



> 当てっこすら出来ない霊能者を数多く見てきたあなたが興奮する気持ちもわかりますがね。

逆です。
私の体験は20年以上も前の事ですが。



> タイピングが早いプログラマーを見て、パソコンが出来ない貴方が「この人は真のプログラマーだ」と興奮して書き立てているのと同じものだと考えてくださいな 笑
> 恥ずかしくなりません?

それはたとえに無理がありますね。
それよりもなによりも、その尼僧さんの話を指して笑われたわけですから、
それ以上のチャネラーの提示を。
それら提示がなくては話になりませんからね。
要するに、感情論で終わってしまうと言う事です。
はい、ですから「証明」を。


>
> 霊が母国語を喋らない理由は何かって?
> 母国語なんてものは脳に染み付いた癖の域を出ませんよ。あくまで脳の「機能化」の一つに過ぎない。
> Aという入力をして変調1を使うか変調2を使ってBで出力するかの違いでしかないんですよ。
> 感謝という魂からの入力に日本語変調を使うか英語変調を使うか、ありがとうかサンクスかの出力の違いがあってもそれは既に物理領域の問題なの。情報領域の問題ではない。わかりますかね笑

それは「知性体が媒体の脳を使うという根拠になっていませんよ。」
ご自分の書かれた文をもう一度読み直してください。


> そうだね。気が狂っている人間の種類の内、どこまでが魂が損傷しているタイプか、どこからが脳の損傷により意志発現が出来なくなっているタイプか。
> 色々なものを目にして物質と情報の問題性の境界をようく見極めくださいな。

やはりIPを変えられて自己弁護されてた方でしたか。
「今ここで、援護に入られていた方の話を引き合いにされるのは、相当に不自然な事に気づいておられませんね。」
文体を変えられていても、文にはその方の思考の癖は残ってしまいますからね。

そういうのやめません? Yahoo掲示板でそれらを散々観てきているんですよ。




> そうすればもっと偽霊能者が見極められやすくなりますよ笑
> なぜ霊がエピソード記憶しか基本的に記憶できないのかも分かります笑

そんな謎めいた言い回しをして上から目線のポーズやめません?
ちっとも話に論理性がないままじゃないですか。

それに、分かりますって言うのなら、なにがどうなのか、まずご自分で具体的に説明を。





追伸

IPがはじめの投稿時とご一緒ですが、
お名前をころころ変えられるのはやめませんか。
意見の割りには理による説明がなく、文体全体は印象操作で貶めたい感情論が目立ち、
尚且つお名前も度々変えられる。
これでは信用をされませんよ。
私でなく、閲覧をされる方々に。




| 愛上王 | 2009/07/20 23:40 |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2011/03/31 07:20 |









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック