甘いお菓子 「光と闇の戦い」

JUGEMテーマ:スピリチュアル
ブログパーツ


 甘いお菓子 「光と闇の戦い」

よくスピリチュアルや霊能関係でインチキを垂れ流す人は、
実は巷のスピ本などの情報に洗脳されている人も多く混じっています。

よく、「あなたはあなた、ありのままでいいのです。」 そしてそれこそが、「あなたらしさなのです。」
といった言葉を聞いたことはありませんか?
他には、「まず自分が幸せになることです。」 といった具合に、
その行為や思想が、さも内側、自分に向けたものこそがもっとも必要なことであるかのように人々に刷り込み、
他者の益となることから遠ざけさせようとする思想等。
そのしようとしている行為が、他者の為であるなら自分の自然な心ではないから、自分のために行い、為せと。(そんな事は断じてないのだが。)
これらはなんだと思います?
実際は精神性や霊性進化に対するブレーキなんですよ。
そしてこれは、人間という種の、魂の現ステージを無視したはるか遠い過去のもの。
これらは人々の利己主義を益々増長させてしまうものです。

この、自分のことを一番とする利己至上主義の根底はなにか?
巷のスピリチュアルやニューエイジの根底として、
善悪というものは本来はないからだと。
しかしそれは本来、悟性を開ききった者が知る観念であって、
私たち人間には、そこに至るまだまだ途上であり、
この地上における、種に沿った道徳も善悪もあるのです。
「まだ私たち人類には善悪は必要なのです。」
この世に多かれ少なかれ、苦痛と不幸があり、幸福でない者が一人でもいる限り。

つい先日ですが、努力はマイナスなどと、自称人生成功コーチがとあるブログで声高に叫んでいました。
もちろんこれは誤りで、せっかくなので小生は当ブログ上でその詳細を述べましたが、
こういった、「まず自分が」とか、「善悪など本当はない」とか、
「あなたは今ある、ありのままでいいのです」といった、
真に理と知と精神性霊性を磨いてきた者なら、
一目でそれが人々の精神性を後退させようとしてるものと判るものを、闇の勢力は世に浸透させたがっている。(闇の勢力については後述します。)
これらの人々は、それらスピリチュアルなりニューエイジと呼ばれるものを読み漁り、
うまい具合にすっかり闇の勢力側に洗脳されてしまっている人たちであり、
中にはそれをおぼろげながら知りつつ、理解していながらも、故意に広めている者もいるようです。
なぜなら、利己的で堕落志向の人ほど、こういった自己を甘やかしてくれる思想に惹かれてしまうのを
巷の自称霊能者や教祖、自称先生たちはよく知っているのです。
そう、甘いお菓子ほど人が集まることを知っているのだ。


これはよく言われていることですが、
よくニューエイジとかスピリチュアルと呼ばれる世界では、
人類の精神的進化を助けようとするグループと、一見、同じように助けようとしながらも、
人間を支配し、堕落させようとするグループが存在していると言われます。
これは光と闇の戦いと呼ばれているものです。

(詳細は控えますが、興味のある方は検索されて調べてみてください。
世界的な秘密結社が絡んでいる事を知るでしょう。)



もし、実はその教えに、道徳に反する部分や利己的なものをあるように感じたなら、
それは闇の勢力の教えなのかもしれません。

ですが、それら闇の勢力の思惑に染まる人たちは、
実際は選別されているにすぎません。
振り落とされる側として。

もし、この世に審判の日が本当に来るとして、
もし仮にですが、これを読まれているあなたが、
審判の日に人類を裁かねばならない神であったとします。
言葉巧みに甘いお菓子で人々に自堕落を勧め、そしてそれこそが精神性や霊性であるかのように勧める者や、
それら自堕落を勧められ、それこそが精神性や霊性なのだと信じてやまず、己が精神性や霊性を後退させてしまった者。
これらをあなたという神は、その時、善しとするでしょうか?






もしも本当に、「あなたはあなた、ありのままでいいのです。」が正しいのなら、
人は、精神性も霊性も向上を求める必要がなくなります。
教えや学びそのものが必要なくなるのです。
幸福を求める必要もなくなり、不幸から抜け出ようと思うことすら間違いになります。
これは、貧乏人は貧乏のままであれとか、犯罪者にこれまでどおりに犯罪者らしくあれと言っているのと同じ事で、
実際は今のままで安住させようとする、人々から向上を奪おうとコントロールしようとしてる言葉なのです。
しかしではなぜそれに気づきにくいのか? それは話の中に、スピリチュアルやニューエイジだのといったものの中の、
善い部分をもたくさん混ぜながら説くという、実に巧妙な広め方をされているからなのです。



よく、宇宙は完璧と言います、何が起きようとも完璧なのだと。
これは確かに真実です。
ですが、それはカルマの法則が作用半作用として還り、調和が取れているという意味で完璧なのであり、
誰かが不幸の原因を作れば、それは果として、結果、不幸は私たちに必然として還るのです。
もし人々が戦争を起こせば完璧どおりに、その行いがカルマとなり、人類に還るという点で。
そう、完璧です、プラスもマイナスも必ず作用半作用となり、必ずバランスが取られるという意味では。
その完璧の法則の中で、自身が選び行うというカルマの中で、
私も、これを読まれているあなたも、選んだカルマの通りに自身に還り、完璧なのです。
たとえそれが、選別をされ、自ら振り落とされる側となってしまっても。

闇の勢力とは、人々の真の精神性や霊性の向上を阻む事が狙いなのですから。



 もし、これを読まれているあなたが、闇の勢力側のおもわくに乗りたいのなら、
そうしたらいい。
なぜなら、人は誰も強制はできない、
もし、こうして引き止めても無駄なのなら、
自分の目で確かめるといい。
自分の身と魂を賭して、振り落とされる側を経験したらいい。






まずお断りとして、これはなんら根拠を具体的に挙げることのできない話なので、
私の空想と思ってもらってもかまわないが、
神が人間を選別し、振り落とさないと思うのは間違いで、
神の望む生き方をしなかった者はこれまで振り落とされてきた。
何千年という長い流浪の転生にも、やがて審判の日はやってくる。
ノアが次世代の祖として生き残った時のように。


もし、光と闇の戦いが本当だとして、
私は闇の勢力を一概に悪とは決め付けてはいない。
闇の勢力は、そそのかしに乗る人間を選別し、
振り落とすのが役割なのかもしれないと考えているからだ。
乗りたいものは乗ればいい。

人間は本来、分別のあるステージにまで登ってきた魂だ。
私たち人類は、役目を担う者たちに、そそのかしを提示され、
みずからの選択を迫られているにすぎない。

2010/5/7 7:40 愛上王



 一日一票クリックお願いします 三つとも応援していただけると
小生、しっぽがちぎれんばかりに喜びます^^


人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ 精神世界
すべて新しいウィンドウで開きます

当ブログがあなたのお役に立ちますように

コメントにて感想歓迎です
















 
この記事のトラックバックURL
トラックバック