ものおもふ 2010/5/12

JUGEMテーマ:スピリチュアル
ブログパーツ

 ものおもふ 2010/5/12

 最近、といっても、ここ数年の間にですが、
巷の啓発系や精神世界系ですっかり定着するようになった言葉っていくつかありますよね、
例えば「相手は鏡」という概念。
これ、まず私が1996年当時に書いたもので、それ以前には普及はしていなく、聞いたことも無い概念でした。
今でこそすっかり定着してるので、いやそんなことはないだろうと思われる方もいるかもしれませんが、
それはここ数年のスピブームになってからのことなんです。

こういったものが他にもいくつもあります。

最近すっかり定着をした、「人は成りたい人になれる。」
これもまだ第一部しか書いていなかった頃のもので、1996年に書いたもの。
当時からCute Girls Japan に閲覧されに来ていた方なら大抵ご存知かと。(閲覧者は何十万人もいます。)

他には啓発系やスピなどの精神世界において最近頻繁にみかけるようになった、
「地図」という概念。

今ではすっかり定着した「波長の法則」もそう。

最近流行りだしてきた、ものごとは「逆説」にある、といったものもそうです。

(これら、概念や直接のパクリなどは、今後も読めるように残してゆきます。
巷の、ここ数年のスピ本や、自己啓発本、そしてごく最近や今後もあふれてくるであろうそれら書籍に、
私の書いてきたものを雛形にした焼き直しやパクリが数多く含まれているのを多く見ることでしょう。)


これまで、はじめ私が創って、それを他の人がまず広める、そういうものがあまりに多すぎた。
これは本当に真実なんですけど、でもモメるつもりはやはりないので名指しはするつもりはありませんが。

これらはまず私が書き、 それを読んだ人たちが勝手に広め、
定着していった、というものですが、
極めつけは、私が書いたまんまの直接表現でパクってらっしゃる方もいます。(上記らと同一人物ですが。)
(パクリや焼き直しなど、納得しにくいといった方もいると思いますので、今後キチンと盗作されてきた箇所をどんどん提示してゆきます。)

でももし、少しでもこの事を疑問に思う方がいるのなら、どうぞ調べてみてください。
その方はいまやスピですっかり有名な方です。
その方の著作の年月と、私が書いた「上を向いて歩こう」の年月と、比較をしてみればいい。
このブログで公表しているものはCute Girls Japanで公表をしているのと同じもので、
2003年6月版ですから。
上記の原稿本編ばかりでなく、
このブログのLINKに置いてある、椿薫の言いたい放題「したごころ」 とは、私の数ある日記のうちの、
運良くいたずらで荒らされずに済んだものであり、
もし目を通されてみて、どこかで読んだ事があるなと感じた日記がおありなようなら、
その私の日記の年月日を控え、
どなたか心当たりがあるならばですが、その心あたりのある方のご本の出版日を見比べてみて頂きたい。

(もしあなたが彼のファンで、多くの書籍をお持ちなら、パクリ箇所がゾロゾロ出てきますから、
まずは私の書いたあらゆるものと読み比べて検証をされてみてください。)


私は、これまで、1996年からになりますから、今年で14年という事になりますが、
長年、盗作をされるという不本意な形ではありますが、結果として今のスピブームに加担をしてしまった。
その大元の人間なんですよ。

だからこそ、これまで当ブログ内でも触れてはきましたが、
スピだの霊能力者だのといった存在に対し、時に悪用をされ、時に調子に乗らせてしまってきた。
私の書いてきたものはそれらスピブームに便乗してきた人たちの仮面に利用されてきた。

だからこそ私は今のスピブームにとても大きな責任を感じていますし、
だからこそ彼らの正体も暴くのです。

偽霊能者の見分け方をコンテンツにしてるのはそういうわけなのです。






今後、「上を向いて歩こう」は、パクリや焼き直しといった、盗作されてきたと判断しているもの以外の原稿は、
当面読めなくしようと思います。

というのはですね、
最近、ある広告をクリックしてみたんですが、とても的を得ている良いことを言われている方がおりました。
その方曰く、
タダであると思うから価値がなくなってしまうのだと。
要するに、タダのものを人は大切にはしようとはしないものなのだと。
もちろん普通に考えれば、それは広告であって、商品を売りたいからその方はそう言いたいのだろうとは思います、たしかにそうなんですが。

私は、1996年当時から、ほとんどの期間をタダで誰でも読めるようにしてきました。
(このブログ以前の、1996年からCute Girls Japanにて。)
たしかにパクられるリスクはあったものの、それは愛を題材にしたものであり、
それゆえに、どなたにも広く読んでもらい、日常で活用してもらえたらいいと考えていたのでした。

しかし、タダであり、ネットを繋げばいつでも読めると思っての事なのかは知りませんが、
せっかく誰でも読めるようにしてあるのに読もうとされる方が思ったよりも少ない。
ボリュームがありすぎるから中々気が進まないといったものもたしかにあるかもしれませんがね。
もちろん私は、アクセス解析をみれば読んでいる方たちもいるのは知っています。
しかしやはりどうやら、読もうと思えばいつでも読めるタダのもの、無料のものなんだという先入観があるんでしょうね。

読み物といい、啓発モノといい精神世界のモノといい、
今やネットにあちこちで転がってるモノ、
そういった先入観は今の時代にはもはや仕方ないのかもしれませんが、
読みたくて懸命に読まれる方たちとは違って、やはり身になど着くわけがありません。
いつでもネットに繋げば読めるんだといったような、そんな薄っぺらな意識でいる方には読んでもらわなくてもいいかな?
そう感じているのですよ。

そういうわけですので、近日中に「上を向いて歩こう」の大半を非公開にします。





(今後も読めるようにするものは、盗作されてきたものと、私が重要だと判断する一部の原稿のみとします。)



2010/5/12 15:48 愛上王



 一日一票クリックお願いします 三つとも応援していただけると
小生、しっぽがちぎれんばかりに喜びます^^


人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ 精神世界
すべて新しいウィンドウで開きます

当ブログがあなたのお役に立ちますように

コメントにて感想歓迎です
















 
この記事のトラックバックURL
トラックバック