愛上王について

JUGEMテーマ:スピリチュアル
ブログパーツ

 愛上王について

 今日は私、愛上王に関して、皆様の疑問に答える形で少々お話をしたいと思います。
これらは時折、文中でも多少は触れたりしてはいますので、すみずみお読み頂ければ自然とわかるものですが、
「ものおもふ 2010/5/12」でお話しました通り、数日前より、主には「上を向いて歩こう」になりますが、
その大半の原稿をクローズドにし、私の判断で重要と思われるものや、
以前より某人物を中心に盗作をされていると判断していますものは読めるように残してあります。


 文章を書き始めたきっかけ

 まずはじめに、私が「上を向いて歩こう」など、こういった文章を書き始めるきっかけとなった話をしたいと思います。

以前に「上を向いて歩こう」内の「ことはじめと展望」でも書きましたが、
一番はじめのそのきっかけは、こういった愛に関するものを書きたくてはじめたのではありませんでした。
私は、目には観えないものを人にむやみに信じろとは言いません、
私のスタイル、姿勢といったものは、たとえばもし誰かが白と言えば、ではなぜそれは白と言い切れるのか?
その説明や根拠を求めるといった、懐疑的姿勢なのです。
ですから、私が文中でめずらしく"神"などという言葉を口にしても、むやみに人に向かって信じろなどとはもちろん言いません、
ですがこの私は、時折毒舌なこんな私ではありますが、読んで頂いている皆様に対して、
常に正直で誠実であらねばならないと心がけています。
なぜならそれは私の誇りだからです。
人に嘘をつかないと。

この世界には、人生には、魂には、
嘘や不誠実、こうしたものを脱ぎ捨てねば手が届かないものがあるから。

-------------------------------------------------------------
 【ことはじめと展望】
 本書を書き始める「ことはじめ」となったできごとをここに綴るのは正直言えば苦しいものがあります、
私自身の心の中にあったみにくい部分を読者であるあなたにさらけ出す事になるからです。
しかしそういった本書の生い立ち部分も読者にとってきっと意味のあることに違いありません。
本書をこうして一読した読者の中には、もしもこの本に書かれてあるものを自分の人生に取り入れていったなら、
本当に自分の人生にさらなる愛と幸福がやってくるかもしれない、異性はもちろん、
多くの人々にも愛されて満たされる人生を歩むことができるのかもしれない。 
かたやそう思いながら一方では、私は人をみてはひがんだりもすればねたむこともあるし、
人を傷つけたこともあるどこにでもいるごく普通の人、この本は私には縁遠いものではないだろうかと。
読者の中にはこんな不安を持たれている人もいるかもしれません、しかし本書を書き始めるきっかけとなった話である、
私の心の中にあった人間の弱くみにくい部分をあなたにお話するのも、そういった不安をもつ人へのきっと慰めと励ましになろうと思います。

 1987年、当時の住まいは神奈川県は鎌倉市。
この頃私はある女性とおつきあいをしておりました、しかし休日が合わないゆえかその女性は別の男性に心惹かれた様子。
二人でいる時もその男性の話題が出ては楽しそうに話します。 どうやらその男性は職場の同僚のようでした。
この時、私は正直かなわないと思ったのです、その女性は好意を抱く男性と側に居れる時間が私よりずっと長いのですから。
想像していた通りの結果、私とその女性の関係はゆっくりと冷えていきました。
私はその女性と仲良くすごしていた時に触れた彼女の持つ優しい部分を思い出してはとても暗く沈んだのでした。
私は二人の関係が冷えてしまったその時、好意を持たれている男性を逆恨みしたのです、
間違ってはいました、こうしてあとになって思えば。
しかしその時はその男性を私は憎みました、その時の私はまるで破滅の心そのものでした。
私は強く強くその男が消えてしまえばいいと憎み、会ったことすらもない男性に憎悪で心が一杯だったのです。
心が憎悪でいっぱいな日々を過ごしていたこの時に、私は発病をしました、
原因不明の突然の奇病、身体全身が白いかさぶたでおおわれたのです。
全身にかさぶたができる病いは聞いたこともなく、それからは毎日どうしたらいいのかわからず半狂乱となり、ひとり部屋の中で泣き狂っていました。
正常な判断がしたくてもどうしようもなく、医者に行くべきなのはわかっているのに外出しようがないのです、
手や顔までかさぶたにおおわれてしまっては食べるものすら買いに出歩けなくなりました。
しばらくは冷蔵庫の中にある物を食べて暮らし、そして数日が過ぎ、とうとう食べる物は尽きて、
追いつめられてこのまま死ぬしか道はない、そう思わざるおえませんでした。
どうしようもなかったのです、日増しに身体は白いかさぶたが増えていくばかりで治る見込みが全くなかったのですから。
これでは雇うところもありはしなく働く事も到底無理。 生きたいのにとても生きてゆけない。
このまま死なないにしても治らなければ生涯家から一歩も出られやしない、
しかしそれ以前に食べる物がないなら死ぬしか道はないともはや否応なく死を選ぶ。
苦しまずに死ねる方法はないかと頭を抱えていた日の夕方、その女性は私の家に再びやってきました。
彼女にこんな姿を見せたらきっと気持ちわるがられるにちがいない、そう思い私はすぐにその女性を帰そうとしたのですが、
しかし彼女は私の姿を見ても気味悪がることもせず、私に慰めの言葉を幾つか投げかけ、
私が落ち着いたのを知ると職場の同僚であるその男性の近況を私に話しはじめたのです。
その男性は行方不明のようで職場にも出勤をしてこないと。
ばかげた話のように思われるかもしれません、しかしこの話を聞いた私はこの時確信をしたのです、
私を襲ったこの奇病はきっと偶然などではなく、人を恨んだり憎んだりした心が引き起こした苦しみであり、それはきっと天罰に違いないと。
その日の夜から毎日懸命に天に祈りました、神に祈り、身体を治して欲しいと乞い、天罰の許しを乞うた。
鏡を覗けばそこには心の醜さを表すように鬼のような形相となった私、毎日泣き狂っては半狂乱の無様な姿。
だって仕方ありません、自分の身体のすみずみが白いかさぶたでおおわれては、目にみえる所、手も足も顔もすべてが、
もう家から1歩も出られやしない。 私は目覚めているあいだ、意識のある間中泣いていた。
身体を治して欲しいと天に乞い、人を憎んだ事を後悔し、私は生れて初めて真剣に懺悔した。
目覚めている間中溢れて止まらなかった生きたくても生きてゆけない絶望の涙。 懺悔の気持ちに嘘はなかった。
だけどどんなに祈ろうと泣き叫ぼうと天は答えてはくれませんでした。 
天罰を受ける身でありながら自分の願いを通そうというのがそもそもの間違いなのでしょう。
しだいに願いを聞き入れてもらうには、願いに見合うだけのものを私が差し出さねばならないのだと考え、
私は藁をもすがるように天に向かって誓約をしました、
他人の愛の為に生きる人間となりますからどうか願いを聞き届けて下さいと私は訴えたのです。
窓の外には空を覆うようなに広がる白っぽい雲が見え、それを見たわたしは、もしもこの誓いによって願いを聞き届けて下さるならば、
その証を私にはっきりとわかるように、空一面の雲に大きな穴を開けてしるしをみせてくれるようにと訴えたのです。
祈り続けて数時間後、ひとけが少ない事を確認してから家の外にでる、
時間は真夜中、空一面にはめずらしく隅々に覆われている厚い雲を見上げました、
おそらくそれは生涯に一度見ることができるかどうかの不思議な空でした。
空が曇っているのとはちがい一定で均一の厚みがあり、色は昼間みかけるように白く、雲には一点の隙間もちぎれもなく、
そして通常よりかなり低い位置にあり、東に西に北に南に、それは果てもなく空一面に敷き詰められた、
まるで一枚の広大な雲でできている絨毯のようでした。
それは少しの疑いも持てないようにとその事のために用意されたかのように。
私は願いを聞き届けてもらえた証はないかとさらに真上を見上げました、
私の住んでいたそのアパートの真上には、求めた徴通りのものがありました、
「まるで作られたように、きれいにくり抜かれた円柱状の雲の穴から月の光が射していたのです。」
見渡す限り切れ目もなく小さなちぎれもないその一面の雲に、見上げた頭上のそこだけがまあるい円を描くように切り抜かれた円柱状の雲の穴、
それは神に向かって訴えた誓約が聞き届けられたしるしであることはもう疑いようもありませんでした。
この時、身体を癒す約束を望んだ通りしるしで見せてもらい、その代償として誓約を結んだ瞬間でした。
これを読まれている読者の中には、他人の愛の為に生きると誓約するなど、よく恥ずかしげもなく言えたものだと言われる人もいるかもしれません、
でもその時の私には恥ずかしげも何もありませんでした、必死だった、それどころではない、生きるか死ぬかで恥ずかしいも何もなく、
人を憎んでこうなったのだからこう誓約するべきだとしか思い浮かばなかったのです。
願いを聞き届けられたか空を見上げに玄関を出て、そこに徴として見せられたあの時、
私は不思議な気持ちで一杯でした、
上を向いて空を見上げた私には、雲の上に、空の上に、まだ生きてゆける希望を見つけたのです。

 この後、私は他人の愛のために生きると誓ったことを半ば忘れたような刹那な日々を過ごしていました。
正確に言うなら、どうしてよいのか分からずにいたと言えばよいかもしれません。
ただ漠然と、多くの人々に触れるように本の形にしていったらいい、そう考えていました。
でもこの頃の私にはまだ本を書くだけの力量などあるはずもなく、しばらくは書き上げるための土台となる期間を迎えたのです。
まるでこの本を書き上げるために物事が起き、様々な人間関係がうまれ、整ってゆく。
本書で綴ったエピソードの大半を私自身が身をもって知るために。
本書を書き始めたきっかけはこうした、人を憎むという私自身の心の中にあった弱さや醜さにありました。
どんな人にだって過去はあります、そしてきっとどんな人でも変わる事はできるのだと思うのです。

 雲に円を描いたような円柱状の穴があいたのは偶然だったのでしょうか? 
夢でも幻でもなくて、生きるか死ぬかで泣き叫んでいた数日間の最後におきた出来事、
この日のことは忘れようとしても忘れられません。
問題の私の身体を蝕んだ奇病ですが、この後医者に通わずに2.3日の間にすっかり完治しました。
身体を癒やしてもらうための代償として誓約をし、神に向かって聞き承けてもらえるなら証として目に見える徴をみせてくれと訴えたのは、
今にして思えばわがままであったかもしれません。
人を憎んだ事を後悔し懺悔をしたのなら、しるしを見せてもらわずとも誓った通りに黙って人生を送ればよいのではないのかと。
しかしこの時の私は明日をもしれません、家族との縁が薄い私には人に頼って生きながらえる事すら困難だったのです、
そしてもしもこの世に神がいるのなら、きっとしるしを見せるくらいのことはなんでもない簡単な事だろうと勝手なことも考えていたのです。
もしもこの世に神がいるのなら、時々人間に、疑い様もなくその徴をみせるもの。
 この本のタイトルを日本歌謡史上最大のポップスヒットである「上を向いて歩こう」と奇しくも同じとしたのは、
ことはじめとなったこの日の出来事に由来しています、
口ずさむ歌詞はあまりにこの日の出来事に重なります、あの日、空をみつめた日から。

 話は変わりますが、私には見果てぬ夢がいくつかあります。
それは人が聞けばきっと笑っておしまいになってしまいそうなもの。
 ひとつは、この本は個人間の恋愛といったミクロなものに留まらず、一対一の愛からもっとマクロな、この世界に生きる者すべてが求めているもの、
誰彼となく人が人を支えあい、愛しあい、助け合い励ましあえるような、そんな愛で溢れた世界となってほしい願いを込めてこの7年間書き綴ってきました。
そして今まで長い間書き進めてきた私は、人々に向けて愛を綴ったものを書くからには私自身は無執着、無頓着、無欲であるべきと長く考えていたのです。
しかし数年前から少し考え方を改めるようになりました、この世のすべてのものはそれが艱難辛苦であろうとも、
何一つ人間にとって無駄のない、みなそれは愛の具象化した顕れにすぎないと考えるようになったのです。
金銭ですら神が人間に与えた愛の具象化したものであり、それはこの世界に溢れる愛を源とした血液のようなもの。
金銭そのものは決して不浄と考えなくなった私は、金銭を世界に溢れる血液とみなしているのです。
私がその愛の血液を外側である人々に向けて放つなら、足りなくなった私の許には益々補うように私のもとに流れてやってくる。
もしも外側である人々に向けて放つことをせずにいるなら血液は流れを失い、私の許にもやってこなくなる、詰まった血管は流れを止めてしまう。
愛を外側に、人々に向けて、そうやって益々私の許に流れやってくる愛は、それをさらに人々に向けて放つ、
血液は本来流れてゆくもの、愛は独り占めせずいるからこそ私達にも降り注ぐ。
私はこの書籍から得られる利益によって、日本のあちこちに、そしていつかは世界中に、土地を購入して畑にしたいと考えています。
働けない体であったり年老いた人、そういった人たちが食べてゆくのに困らないよう自給自足ができる畑が欲しいのです。
その昔、東京キッドブラザース主宰であった故 東由多加が思い描いたさくらんぼユートピアや、宮澤賢治が夢に描いた理想郷、IHATOV。
今思い描く次の夢は彼らが夢見た理想郷に重なっています。
そしていつしか人々が自給自足で収穫をもとに生活を安定させながら、その次は収穫した穀物を海外に持ってゆきたいのです。
アフリカでもどこでもいい、食べたくとも食べれない、働きたくとも働けない人たちが世界にはたくさんいる。
自給自足で畑で働きながら海外のあちこちの国に穀物を持っていって飢えを少しでもなくしたいと思う。
そう、今はあくまで夢。 でもそんな人が笑う夢を描く事を私はやめない。
この本が人々に買われ、多くの人に読まれてゆくなら、そこから得られる利益できっとできるはずです。
苦しい人や困っている人、悲しんでいる人たちは遠いいつかの自分自身、それはいつかやってくるかもしれない未来の自分自身の姿。
人に無関心でなんかいられない、私達には本当は誰一人と他人というものは存在しない。
今はすぐにできる事ではないかもしれません、書き上げたこの本が大勢の人々に読まれなくては話にならない。
思い描いた夢が一つひとつ叶えていけたなら、きっと触発も始ると思います。
誰かが始めなくっちゃ誰もやろうとしない、
だけど、誰かが始めたなら  ―――――  違ってくる。
もしも誰かがそうやって世界中の苦しむ人たちに向けて食べるものを分け与えるようになったなら、
きっと触発ははじまるはずです。
今度は施設を建てる人が出てくる、その穀物を調理する人も出てくるようになる、
医療も組織化されるようになって無償でみてもらえる施設を作る人だってきっと出てくる。
私のような一個人が一冊の書籍の利益で始めれるくらいならこの世にいる大金持ちだってそれみてきっと始める!
私は人間を信じている。

 触発となる最初の足掛けはまず国内で大勢の人に読まれること。
そののち翻訳されたものが海外でも出版をされること。
そうやって少しでも多くの人たちに読まれ、そして世界中の少しでも多くの志をもつ人たちに読まれたいのです。 
それはもしかすると無茶なことなのかもしれません、それでも私は諦めない、
いつしか愛の触発がはじまるように。
-------------------------------------------------------------

お読み頂いた通り、私には、生きている間にどうしてもやりたいことがあります、
まずは原稿が書籍化され、多くの方に読まれる事。
そしてそこから得た資金を基にし、働けない体の人や食べたくても食べれない人たちの手助けをしてゆきたい。
そのためにも一日でも早く進めないといけない。
ですが、私がこれまで書いてきたものは、今や巷で指す所のスピや霊能者など、
啓発系を書きたがる人たちに何度も盗作をされてしまい、(注へ)
結果、出版社に企画の話を持ち込むにも困難に思えては、何年もあきらめざる負えなかったのです。
時折興味を持ってくれる出版社と縁ができても、
まるで真っ向からのけんかをしたがるような、名指しを匂わせる話に変わってしまう。(「編集さんのそそのかし」を参照のこと)

話を戻しまして、こうした困難はついては回りましたが、それでも少しずつ着実に今後も進めてゆきます。
そこでですが、もし、これを読まれているあなたが、私のやろうとしている事に少しでもご賛同をいただけるようでしたら、
どうかこの私を応援してほしいのです。
時に毒舌でこんな私ではありますが、それでも志にはなんのブレも迷いもありません。
この先、私がやろうとすることは、どれをとってもひとりでできるものではないからです。
こうした私のやろうとしていることに少しでも興味を持ち、共感していただけ、ご賛同くださる方がおられますなら、
ぜひ気軽にこの私にお声をかけてください。
いつも黙ってこのブログに投票をしてくださっている方とかおられるようですが、感謝しても仕切れません。
そういった、少しでも共感していただける方ならなおの事、
私自身、そのような方と親しくさせて頂きたいのが本心なのです。




 名前の由来

 元々のネームはAIUEOやあいうえおなど、アルファベットやかな表記がメインでした。
これは母音だけで構成されており、どんな音よりも強く力のある言葉と信じているからです。
はじめに言葉ありき、そう言うじゃありませんか。 その中でも母音こそがはじめにあったろうと考えていたからです。
ですが今現在の漢字表記は、今から10年以上も前になりますが、数千人規模のネットワークゲームの走りであります、
ウルティマオンラインというゲーム内で、ある時人に付けられたのがはじまりです。
あいうえお、そして時に、母音だけで表した王と云う意味で、あいうえおう、をネームで使用していました。
ですがある時、かな表記のままでよいところを漢字変換をされ、
それがそのまま「愛上王」と変換されたのでした。
今日はなんでこんな名前の由来をお話するのかといいますと、
なぜ自分の名前に「愛」などという、
こっぱずかしいものを入れているんだと、疑問に思っている方もおられるに違いないと思ったからです。^^;




 家族構成

 これはよく遠まわしで聞かれるものですが、残念ながら未婚です。
奥さんはいるのかとか、裕福なのかどうか、そういったさぐりを入れてくる方がいますが、
そういうのは苦手です。
結婚する気はないのかといえばそうでもなく、ただ今は自分が扱っているこれらをまずは先にするべきと考えています。




 神通力について

 私はこれまで、そこかしこで自分は霊能力者ではないと明言をしてきています。
巷のいわゆる霊能力と呼ばれるものはあまりに定義があいまいと感じていますが、
霊能力、要するにもっと直接に言えばそれは神通力なわけですが、
もし誰かが多少は通力を備えていたとしても、
自在にいつでもどこでも好きなときに発現ができない限り、
それは能力とは呼べないと考えているのです。
それは言ってみれば車を運転するのにも似ています、
アクセルやブレーキ、ハンドル、こういったものを自在に満足に扱えない限りは、
多少は前に発進できた程度では免許など程遠いと考えるからです。

(通力を微細ながらも備えていった様子は他心通力についてや天眼を参照のこと。)





 2010年5月30日 愛上王


このページは今後も随時更新する予定です。





















(注)  これまで何度も盗作されてきたとお話をしたと思いますが、
もし少しでも疑問に思われる方は私の書いたものをぜひすみずみをお読みくださり、
相手方の書籍やサイト、ブログなどと比較をし、一度検証をされてみてください。
(相手方の見当をつけるにはまずは隅々お読み頂くしかありません。 私自身は名指しはしませんので。)
そしてその時、とても肝心なことがあります、
「もしも、自分が啓発系のモノ書きならば、いただいてしまうならどれがいいかな、と、
ご自身が作家になったつもりで読み比べ、検証をしていただきたいのです。」

そしてまた、直接表現そのままで盗作されてきたものもありますが、
バレにくい形にしやすい、改竄や焼き直しに向いているものはどれかなと、
これもまたご自身が作家になった気分で読んでみて欲しいのです。
こうする事により客観的に見つめる事ができるからです。
すると、無意識のつもりかもしれませんが、
そのほとんどは一般的な概念にみえなくもなさそうなものを主体に選ばれていると思います。
ですが、たとえ一般的な概念にみえなくもないものであっても、それが一人物の書いたものの中から沢山でてくるなら、
それは盗作をしていたと白状をしているにひとしいのです。

盗作はモノ書きの世界ではめずらしくありません、とはいえ決して褒められるものではありませんが。
たとえば田口○ン○ィが盗作発覚で大炎上したのは記憶に新しいですし、(この方は世間に盗作がバレ、盗作をご本人が認めました。)
その田口氏の持ちネタであり、書籍でもあった「聖地紀行」モノは、
あるスピ系の方がパクリ、今やスピリチュアル聖地やらパワースポットやらのはやりの源になっています。
最近のパワースポットばやりとは、こうしたパクリで連鎖をし、あちこちに飛び火をしたという、その標本のような例です。
しかしこうしてすっかり定着してしまうと、大元が誰であったかはわからなくなりがちになってしまうものなのですが。

YahooやGoogleで盗作作家で検索をするとあれよあれよと出てきます。






コメントにて感想歓迎です




こんにちは。
そんな経緯があろうとは・・・(*^_^*)
愛上王さんの誠意をすごく感じます(大事な事ですもんね)こんな方もいらっしゃるのだ・・・と嬉しく思います。自分が気づいた時点で転換されてほんと良かったです。
私は(今でこそですが・・)嫌な事想ったり、憎んだり・・はすごく自分が辛いので続きません。
それでもやっぱり弱い自分なんだ・・と思いますが。
愛上王さんの正義感も強いんだろうな。
男性だから仕方がないかな〜と思いますが、もぉちーっとフワッとがほしいなぁ〜!(^^)!
えらそうな事言ってごめんなさい!
| いぶ | 2010/06/02 10:19 |
いぶさんこんばんは。

そうですね、ふわっとですよね、
りきみすぎてるのがあるのかもしれませんねー
もう少しゆったりとした気分で書けるようにしてゆきますね^^

それといぶさん、
あやまる事なんかありません。
そういう面こそ教えて欲しい事なんですよ、
自分の背中は自分では見れないんですから。
| 愛上王 | 2010/06/02 22:54 |
あなたの文章には多くの矛盾があります。

あなたは本当に「嘘」をつきませんか?

誇りとしてることは、真実ですか?

| YES | 2010/06/06 01:51 |
YESさんはじめまして。

その矛盾というお話ですが、まずはできるだけ具体的な指摘をお願いします。
でないとあいまいすぎて他の読者が勘違いをされてしまいます。
ですので理による合理的な説明をお願いしますね。

しかし大抵の疑問は、当ブログを隅々お読み頂くか、私のリンクしてある日記サイトや、(現在生きている部分だけでも)
本宅サイトも隅々読んで頂けば氷解するはずなのですが。
(今現在は諸般の理由により一部縮小していますが、)

そのあいまいな、具体的指摘のない矛盾といったものを仰る前に、
YESさんは当ブログを最低限隅々お読みになられていますか?
これにはお答えお願いしますね。



嘘についてですが、
私は文中でもきちんとお断りをしていますように、
最低限読者に対しては嘘をつかず誠実であるよう心がけています。
ですので、日常生活での善意による嘘と呼ばれるものはあるかもしれませんね。
しかしそれはあくまで善意のものであり、
故意的な人を陥れようとか騙そうとかいった類のものではありません。
例えば女性に好意を持たれたとしますね、
直接表現で好意がないことを示すよりも、
今は打ち込んでいるものを優先したいので女性には興味がないと伝える。

こういう言い回しは相手を傷つけないよう配慮するものであり、
善意の嘘と言えるかもしれません。
そしてこういう類のものならば日常でもありますよ。


矛盾があると仰られる以上、これまで隅々を日数をかけてきちんとお読み頂いた上で仰ってるものと受け止めさせて頂きますが、
しかしもしそうでないようでしたら、
具体的な指摘もなく矛盾うんぬんと仰るのは行き過ぎで早計ではありませんか。


この度のわたくしのレスにお返事くださるのは即日でお願いしますね。





| 愛上王 | 2010/06/06 10:35 |
ちょっと横レスになってしまって申し訳ありません。

YESさんの様に『極論』に走ってしまわれる方を、最近とても良く目にするのだけれど(違っていたらすみません。私の目にはそう映ったものですから)
例えば、『嘘』を付かない、って言葉も、『そうあろうと心がける』、『誠心誠意誠実であろうと心がける』って事ですよね。
そこには『言葉の意味する真意』と言うのがあって、そこに誤解があると、全然別の意味になってしまうと思うんです。

YESさんが仰るような矛盾点は、YESさんの『思い込み』である可能性も十二分にあると思うのだけれど、どうでしょう?
どの部分に対して、どんな風に矛盾していると思ったのかしら?
是非、私もお聞きしてみたいです。
それは私にもきっと、とっても参考になることだから。
私も愛上王さんに共感する事や、同じ様に良く考えたり、するから。

言葉ってとても難しいものだから、指摘をする際は、出来るだけ明確なものを提示なさると、言われた側も自分の言動を顧みたり、その矛盾点に気づけたり、誤解があれば解く事も出来ると思います。
でも、わからない矛盾点では、直しようが無いんですよね。
自分ではわからないものだから。

YESさんが指摘なさりたいことを、私も『理解』してみたいし、その指摘が私にも当てはまる事なら、参考にさせていただけたら幸いです。

愛上王さん、失礼しました。
| | 2010/06/06 16:55 |
はじめまして。


私も、水のきれいな所で住み、自給自足の生活憧れます。
| 水晶 | 2010/12/04 00:15 |
水晶さんこんばんは、愛上王です。
そうですよね、自給自足の生活、憧れちゃいますよね。
多分、私にとっては、とても贅沢で幸福な生活なのかもしれません。

もしよろしければ、当ブログですけど、
お暇な時はあちこち読んでやってくださいな。
| 愛上王 | 2010/12/04 22:44 |
愛上王さんはじめまして。うまく言葉が出て来ません。読ませて頂いてありがとうございます。私もここ1年ほど前「家族でご飯を食べに行ったら1万円位は使う、この1万円で誰か助ける事はできないか?と急に思いつきチャイルドスポンサーになりました。ポリオワクチンなどのプレゼントにも最近参加させて頂けました。偽善者の自己満足かもしれませんが少しずつ、少しずつではありますが自分に出来る事させて頂きたいです。
| いおり | 2010/12/13 21:27 |
愛上王さんはじめまして。私はつい最近迄E氏の信奉者でした。今は愛上王さんの書籍が出版される事を望んでいます。
| よもぎ | 2010/12/13 22:14 |
いおりさんこんばんは、はじめまして、愛上王です。

そうですよね、
「人は誰しもできることから何かを始めてゆくのだと思います。」
それを私は偽善とは思いません。
少しでも自己犠牲の精神がなければできない事だからです。
他人の痛みをわがものと感じて行動に移す人は断じて偽善者ではありません。
| 愛上王 | 2010/12/13 23:43 |
よもぎさんこんばんは、はじめまして、愛上王です。
そうですね、私もできるだけ早く機会を得て、書籍化したいと思います。
そのためにも校正をしきらないとですよねぇ。

企画化する時、切らねばならない原稿もでてくるかもです。

とにかく頑張ります、ひそかに応援してやってください^^;


| 愛上王 | 2010/12/13 23:54 |
愛上王さんおはようございます。私の中で人に良く思われたいだけの偽善者ではないのだろうか?と考えた事が多々あったのです。偽善者ではない!とても嬉しく思いました、ありがとうございます。少しばかりではありますが寄付などを通じ色々見えてまいりましたが日本は、そして自分たちはどれだけ恵まれてるか、世界中を見ればこんなに困ってる人が居るのかとビックリしています。世界中で捨てられている食糧の多い事・・・。私自身も冷蔵庫の隅で溶けかかってる野菜たちを平気で捨てていました。恥ずかしい話ですが若い頃は豪遊もしました。助かるはずの命達をどうにか助ける事は出来ないか?せめて最低限の食べ物だけでも分けられないか?良く考えますがアイデアが浮かびません。やはり小さな事からコツコツと・・・ですね!私でも役に立つ事がありましたら声をかけて下さいませ。
| いおり | 2010/12/14 08:20 |
いおりさんこんばんは、愛上王です。
ここのところ多忙で、お返事が遅れることもしばしばな状況ですが、
コメントを頂くのは大変に嬉しいです。
私もいまだ微々たることしかできてはいませんけども、
これから益々頑張ってゆきたいと思います。




アイデアですか、私も少々はあるんですが、まずは先立つものを工面してゆかねばと考えています。
お手伝いのお声をかけてくださり本当にありがとうございます。
こういったことをざっくばらんに話し合える場を近く用意します。(サーバーは既に確保しています。)
低資金であってもなにかできないか、近々アイデアを広く募集し、少しずつ進めてゆきますね。
| 愛上王 | 2010/12/15 23:28 |
愛上王さん
はじめまして。
霊能者の情報交換掲示板にコメントさせていただきました。
今日初めて愛上王さんのホームページにたどり着きました。
目から鱗な状態です。
自称霊能者被害者が出ないように愛をこめて努力されているのに感動です。
私も有料(安いですが)自称チャネラーの被害者でした。
今は彼女と二度と縁付かないように心の状態をよくするように毎日過ごしています。
応援しています。
| るい | 2011/01/04 19:23 |
るいさんこんばんは、&あけましておめでとうございます。
霊能掲示板にもコメント頂き、ありがとうございます。
待ちに待っていた、これぞ情報といった感じのものですね。



このブログもお暇な時にぜひ読んでやってください^^
| 愛上王 | 2011/01/05 03:52 |
愛上王さん
お返事ありがとうございます。
霊能掲示板に書いてあるチャネラーの彼女は死人や天使、神様、菩薩などを呼び出すそうです。
彼女が呼び出している高次元の方はおそらく低次元の者が変身した姿なのかなと思っています。
他の方が彼女のチャネリングにはまってしまわないよう願っています。
あなたの見つけた霊能者を鑑定しますに応募したかったのですが彼女のホームページのアドレスがわかりません。
アイスポットで検索したら出てきます。

私は自称チャネラーだと思います。
彼女はバツ1独身で娘の担任に本気で恋しています。
何回か手紙渡してるみたいです。
相手からは返事もないし相手にされていないみたいですが。
それを聞いてから私は彼女と距離を置く事にしました。
人として信用ならないなと。
彼女は表面上は優しい明るいイメージなのですが、我が強く人を振り回すのが得意です。
謝ることを知りません。

彼女とプライベートで係わったこと反省しています。
今は自分の状態をよくするように気をつけています。

一番チャネリングを受けてショックだったのは私の死期を言われたことです。
早く死ぬらしいです。
後、主人の母親が蛇に憑依されている、憑依は一生取れない。
私の祖母は魔物に憑依されている、死んでから身動き取れない箱の中に未来永劫放置される。
私の男友達は狛犬に憑依されている、憑依は一生取れない。
私の友人は全て暗い人ばかりで何故仲良くする?などなど言われました。
言われてからの私は最近まで二年間苦しみました。

勇気を出して愛上王さんの掲示板に書き込みさせていただきました。
愛上王さんには感謝です。
| るい | 2011/01/05 12:56 |
るいさんこんばんは、愛上王です。


仮に100歩譲って死期がみれたとしても、無神経に死期を言うなんぞ神経を疑いますね。
憑依は一生とれないだとかもデタラメすぎますね。
そもそも憑いてすらいないんじゃないですかねー

詳しく経緯を聞きたいとは思うんですが、やはりこの手の話題は霊能掲示板になりますかねぇ。

今後、その方の情報を他にもお持ちの方からの書き込みがあるのを待ちましょうか。
| 愛上王 | 2011/01/06 23:51 |
愛上王さん
お忙しい中返信ありがとうございました。
掲示板を全国の方に見てもらって彼女の危険を察知してもらえたらなと思います。
デタラメだと言っていただいて気分が軽くなりました。
ずっと悩んでいました。
私のつまらない話を聞いていただけて感謝です。
もしよければ詳しい経緯についてはいつでもお話します。
メールアドレス貼ります。
| るい | 2011/01/07 00:10 |
るいさんこんばんは。
ぜひ詳細をお聞きしたいですね。
時間が取れましたなら早速メールさせて頂きますね。
| 愛上王 | 2011/01/07 23:06 |
裸の心でいても 誰も傷つかない世界
私もできることで 天国の愛を
伝えています それが魂のお仕事ですから
時々 遊びにきます 応援してます
| エンジェルエスタ | 2011/02/09 22:28 |
エンジェルエスタさんこんばんは、はじめまして、愛上王です。


お返事遅れてしまい申し訳ありませんでした。

そうですね、私も、私にできる事で、少しでも伝えてゆきたいと思います。


応援ありがとうございます。

| 愛上王 | 2011/02/10 23:55 |
拝啓
私も不思議な体験をしている者です。
もともと子供の頃からお寺で盗まれた賽銭箱を不思議な白い手が導いてくれて探し出したり。
*子供の頃でしたから住職からお礼にお菓子を頂いて喜んだ覚えがあります。
人生で迷いが生じると喉のところ(エ−テル体)を使って声が鳴り出し随分と救われました。
その他には雲の中に光ものが現れて雲が金色に輝いたり、写真を撮るとオ−ブや霊体が写ったり、ラップ現象は日常に起こるので妻も子供も生活の一部になっています。
私には守護霊と竜神の姿を感じるのですが??
貴方が思っているように、宇宙(神)は愛のエネルギ−だと私も同感しております。
因果の法則で神から生まれた者は神にしか成れない
人間の本質は神(愛)のエネルギ-ですがそれに対して不満を起こせば苦しみが生まれ。
それに対して感謝をすれば喜びが生まれる。
完全な因果応報(自由意志)の生命体だと思います。
イエス・キリストが自分が蒔いた種は自分で刈り取るという愛の言葉があります。
最近、霊的メッセ−ジが強くなっていて、人類の媒体(エ−テル体)の進化が進むようで愛(神)のエネルギ−を受信する力が増して新しい進化の一歩が顕著に現れる時代が来る様です。
しかし、その必要性を感じて働いている人間は孤独との戦いです。
それでも勇気と愛で神の光に親和性を保てば個人だけでなく人類にとって偉大な恩恵を受けるとのメッセ−ジを今、感じ取っています。
長い文章で申し訳ありませんでした。
頑張ってください。

私に神の杯を受ける
     勇気と愛を保てますようにと
           日々、祈っております。

                     敬具


| 白光 | 2011/03/05 11:41 |
白光さんこんばんは、愛上王です。
お返事が遅くなりまして申し訳有りませんでした。


ラップですか、私もそういうお化け屋敷に大勢で住んでいた事がありますから
そういうのはよくわかります。(いずれ記事で書くかもしれません)

因果応報、まったくそうですよね。
イエスキリストのその言葉はカルマを表した物ですよね。
他にも聖書の一部にカルマを表したものがあるようで、
「上を向いて歩こう」内でも引用させてもらっています。





>しかし、その必要性を感じて働いている人間は孤独との戦いです。


まったくその通りだと思います。




>長い文章で申し訳ありませんでした。


ちっともそんな事ありませんよ。
コメント頂ければ原稿用紙数枚分でも読ませて頂きます。



| 愛上王 | 2011/03/23 22:41 |
愛上王様

初めまして。
愛上王様の記事を読んで、コメントさせていただきたいと思いました。
人の思いというものは、思うのは瞬間的ではありますが、後々も、影響を残すものだということを身をもって体験致しました。
私は以前、怒りが頂点に達して、「許せない」と思った時に、頭の上からお腹の中に、重いものがどすんと音を立てて落ちてきたことがありました。
毘沙門天様にお聞きしたことによると、それは、憎しみが落ちてきたということでした。
その思いを消したくて、必死にお詫びをしました。
不思議体験も多く、未だもって波乱万丈な人生です。
| さら | 2011/07/26 21:38 |
さらさんこんばんは、お初です。

その経験ですが、私も似たような感じですが幼少の頃にあります。
まるでエレベーターのワイヤーが突然切れたような感じで、
ストーンと奈落に堕ちてゆくような落下感でした。
その後2.3年はかなりの不運続きでしたね。
幼少のその頃は悪いことばかりしていましたから、
その時はおそらく、
現界にいながら六道が下がったのだと思っています。


それと、最近はつい言うのを忘れがちですが、
私には「様」は付けないようお願いします。

| 愛上王 | 2011/07/26 22:57 |
はじめてブログを拝見しました。

壮絶な体験をされたのですね。
読みながら鳥肌立ちました。
強い思いというのは善しにつけ悪しきにつけ、
具現化するものなのですね。
心しないと。

私も愛上王さんのように「愛」を広めていけたらな〜と
思っています。
人にも動物にも、植物にも愛を持って…
と言いながらも蚊にさされてたらバチッと叩くし、
庭の雑草は抜いちゃったりしてますが^^;

ところで、
行方不明になった男性のその後の消息が気になります。
無事に見つかりましたか?
| jun | 2011/09/09 14:21 |
junさんこんばんは。 お初です。

>強い思いというのは善しにつけ悪しきにつけ、
具現化するものなのですね。

まったくその通りですね。
十分気を付けたいと本当に思いますね。


行方がわからなくなった方のその後は私はしらないんですよ。
その後その女性とは縁が切れてしまい、
結局その後の様子を聞かなかったので。



| 愛上王 | 2011/09/10 00:32 |
はじめまして。

ずっと前、ネットで知り合ったかたが
東日本大震災後に、私の日記で輪廻転生や因果応報についてふれたところ
猛反発をくらい、少し困惑していて
その方の言う、キリスト系の信者ではないと言うのに
自分を許すとか、世の中は白と黒、プラスとマイナスで出来ているとか。。。
で、色々勉強しなきゃと思い、このサイトに辿りつきました。

私の考えは、愛上王さんと良く似ています。
まだ隅々まで読んでいませんので、こちらのサイトで勉強させて頂きます。

後、私も人のためにと考える人間で、これからの日本では、高齢者のための在宅看護(介護ではなく)の必要性が迫られていることを実感していますので、色々模索中です。
お互いに悔いの残らないように生きてゆきましょう。
| 我意 | 2011/10/23 22:09 |
自在にいつでもどこでも好きなときに発現ができない限り、それは能力とは呼べない

というお言葉には、私も納得できます。

ただ、人間関係上での心理的癒着によって「心理的に優位に立った側」の人間は、影響下にある人間に対して、様々なプラシーボ効果を引き起こせる(?)かのように見えてしまいます。

霊能力というものの正体は、迷いやすい人間の認知的不協和状態を利用した「フィッシング型ショック・ドクトリン式マインド・コントロール」とでも呼べそうな「駆け引き」に思えます。

他人を自在に振り回す霊能力者などより、霊能力者ではない人の方が、ずっと好感を持てます。
| 繭玉 | 2012/07/10 16:39 |









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック