断食行 悟りと若返りと長寿の秘訣

JUGEMテーマ:スピリチュアル
ブログパーツ

 断食行 悟りと若返りと長寿の秘訣

 今日は古い話ですが、私がはじめて断食をしたのは、あれは確か2000年のことでした。
年末に、取引先相手からの入金が中々入らず、すっかりあてこんでいた私は、
たしかほぼ家賃分ほどしか現金がありませんでした。
後に年末、ギリギリまでには入金がありましたが、
それまでの間、期間にして九日間でしたが、やむなくの判断で断食行を決行したのを覚えています。

そう、私はこの時、自分から進んで断食行をしたがったわけではありませんでした。
普通は断食を行うには徐々に食事の量や回数を減らしてゆき、身体を慣れさせてゆく必要があります。
しかしこの時はそれすらもなく、ぶっつけ本番だったのです。

断食行にはいくつかのメリットがありますが、
表象的には無理なく素早く痩せるというものがあります。
拒食症などのケースとは違い、必ず復食するのが前提なわけですから、身体への負担も人々が想像しているほどきつくもありません。
断食行中は意外に思われるかもしれませんが空腹感はほぼないのです。
これはホルモンの一種であるセロトニンが程よく分泌しているからと考えられます。
他には老廃物の排出にも効果があるようです。

他には、これはまだまだ一般的にはあまり知られてはいないようですが、
長寿遺伝子のひとつがスイッチがONになり、若返りの効果もあるそうです。
(基本的に常に小食であることがスイッチオンに必要らしい。)


この2000年の時の断食行では、
期間中に執筆中でした「上を向いて歩こう」の第一部の終章にあたるものを書き上げた時期でもあります。
この断食期間中に私は「見性」状態になんとか手が届いたようで、その特徴としては、
一切の偏見のない、そしてまた、意識はもちろんですが、現実の視覚的にも非常に明瞭なクリア状態を体験するようになりました。
「見性」は別の言葉に置き換えますと、「円成実性」、えんじょうじっしょうと読みますが、
悟りの段階だそうです。
とはいえ、この見性にもいくつもの段階があるようで、
私が手が届いたと言っていますものはかなり浅い段階のものと受け止めています。
それは、この見性の状態を維持し続けるのが難しいことを実感しているからです。
今現在の私ですと、この見性の状態にいられるのは年に数日、あってもせいぜいが10日前後しかないと感じているからです。
しかしこの浅い段階も必要な段階であり、ここを通過してゆかねば大悟も叶わないと言うことになる。

この見性については今の私はまだまだ詳しくは書けません。 得られたと言えども自分自身がまだまだ浅い段階のものであると認識をしているからです。
しかし、悟りの段階のひとつには違いなく、
その顕著なしるしは世の物事の道理がよくわかるというものがあります。

たとえば、もし悟ったならば、世に本来善悪は無しであるから、
不倫結婚をしてもよい。
などとは絶対にならない。

多少なりとも悟りの段階に突入をしたのなら、世の人々の迷いや悲しみにつながる行動をとってもイイとはならないのだと、
この現実世界の道理もキチンと大切にするのだ。
それは、悟りとは何か暴虐無道を行なっていいという認可証のようなものではないからです。


私が初めて「見性」に手が届いた時に書き上げた原稿をここに挙げておきます。(2000年末)
別サイト、CuteGirlsJapanのセカンドコンテンツとして1996年より長らく公開をしています、
「上を向いて歩こう」の第一部終章の記事。
【 より愛されるために 愛 】 http://firstdoor.jugem.jp/?eid=70




もちろんこの断食行だけで「見性」にたどり着いたわけではなく、
最後のひと押しに貢献したのが断食行なのだと私は理解をしています。
見性到達までに役立ったと考えられるものは他にも沢山ありますので、
私の他の記事を読まれてみてください。

日々、なんとかしてこの「見性」状態を維持してみたく、
時折ですが、完全なる断食行に近いことを日常でできないかと考え、極端な小食断食を数箇月に渡って行うことがあります。
大抵は3ヶ月くらいをめどに1日1食だとか、その内容もうどん麺を一つとか、
ごはん一膳に醤油のみとかで過ごすのですが、
やはり3ヶ月コースはやりすぎなようでして、
さすがに栄養素が足らずに身体に影響が顕れます。
カルシウムが不足がちになるので健康な歯までもが抜けてしまうのです^^;


いきなり抜け落ちた歯

何事もやりすぎ焦りすぎはよくありませんね。

別サイトであります、「ちいさな一歩」には、
人道支援や、貧しい人々や困っている人などに貢献してゆくという趣旨がありますが、
もう一つの趣旨は自身の霊性や精神性の向上とも言えるもので、
この「見性」状態、いわゆる悟りを目指す一面もあります。
この部分に関しましてはただいま無料ワークショップセミナーとして日々原稿を書き続けております。
この無料ワークショップセミナーは時期をみて始めますが、
希望者には無料でご参加はできます。 無料での参加条件は「ちいさな一歩」の趣旨にご賛同くださる方で、
実際にやる気のある方。 アクティブに行われる方を対象にしています。

「ちいさな一歩」とは一体なんなのか、ぜひこのブログのメニューにあります、
「ちいさな一歩」内の記事を読まれてみてください。
そしてもし、些かなりともご賛同頂けるようでしたなら、
ぜひお気軽にご参加くださいますように。
私や、他の参加者共々お待ちしています。

2011/10/9 14:28 愛上王

 私の記事で何かしらよいものがあると思われる方、
どうぞよろしくお願いをします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 精神世界

ちいさな一歩特設サイトへ
「ちいさな一歩」特設サイトはこちらをクリック


コメントにて感想歓迎です




愛上王様
どうもenotakaです。

悟り(その途中も含めて)の体験談は貴重だと思います。様々な著書等で悟りが表現されてはいますが、分かりにくいものが多いですし。分からないことで、好き勝手な悟りを語る輩に騙されるケースもあると思います。
自分の状態がどういう状態かを冷静に認識できれば、「欲望全開なのに悟った」等というバカげたことを言う輩に騙されることもないでしょうから。

>多少なりとも悟りの段階に突入をしたのなら、世の人々の迷いや悲しみにつながる行動をとってもイイとはならないのだと、
この現実世界の道理もキチンと大切にするのだ。
それは、悟りとは何か暴虐無道を行なっていいという認可証のようなものではないからです。
全く同感です。
私の知人の「悟っていると思われる人」を見ても「現実世界の道理」から外れるような生き方はしていません。

性欲に振り回されて不倫結婚するような輩に「悟り」を語る資格など、どこにもありはしません。(杉下右京 風のセリフになった・笑)
| enotaka | 2011/10/09 20:39 |
Hi 愛上王さん、

だいたいそう簡単に悟りの境地まで行く人は居ないよ。まして、悟った悟ったと公言している人たちはそれだけですでに怪しいと思うのが普通だろ?

断食なんて、こっちじゃ日常的に見るよ。ここにはインド人が多いんだけど、たいてい毎月1回はやってるよ(宗教的な理由)。あと、僕の友人のアメリカ人らもデトックスかなにかの為に定期的にやってるよ。でも、誰の体質にでもあうものじゃないと思うんだ。デトックスどころか、それを始めて抵抗力が落ちたやつもいるし。自己流はあぶないよ。

関係ないけどエノさん、すっかり右京さんにはまってるみたいだね。僕もそのドラマ何度か見た事有るけど、水谷豊があの役にぴったりで好きだよ。

--k

| Kenshyo | 2011/10/11 12:01 |
>健康な歯までもが抜けてしまうのです。
あわわわわわ
お身体大事にしてくださいませ〜。

今後、色々活動される際もやはり身体が資本となりますので、
無理のない範囲で、断食行をしていってくださいね!
| ジュリ | 2011/10/11 12:17 |
enotakaさんこんばんは。

私も日々気をつけてゆきたいと切に思いますね。


ああそれと、私にはなにとぞ「様」はナシでお願いしますね。 ^^;
| 愛上王 | 2011/10/11 21:24 |
Kenshyoさんこんばんは。

断食ですか、はじめははずみではじめたんですが、
以降、毎年年末にやるようになったんですよ。
今回の年末やその前の年末はやらなかったんですがね。

たしかにデトックス効果は実感しますね。
ただ、やりすぎはかなりやばいですねぇ。

記事の翌年の年末年始は13日目の夕方までやり、
個人的な最長記録なんですが、
こうした時に限って筆が進むんですよね。
なので一応モノカキのつもりでいる私にはやめられないのですw
| 愛上王 | 2011/10/11 21:39 |
ジュリさんこんばんは。

はい、身体をいたわります。
普段色々無理をしすぎてきたせいもあって、
この頃はきつくてしょうがないんですよ^^;
| 愛上王 | 2011/10/11 21:43 |
愛上王さん、どうも。
了解しました。
「様」付けにしたのは、手紙の宛名的な意味で深い意味はありませんでしたので御安心を。(笑)


Kenshyoさん、どうも。
>関係ないけどエノさん、すっかり右京さんにはまってるみたいだね。
そうなんです、ハマってます。(笑)
右京さんの洞察力、欲しいですねぇ。
| enotaka | 2011/10/11 23:05 |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2011/10/12 19:43 |
僕が主治医に勧められたデトックス(こっちではクレンズっていうけど)は、新鮮な無農薬野菜をブレンダーにかけてジュースにして飲む事。最低月に1回はやるといいと言われた。新鮮な野菜はいろんな酵素が活発で体が錆びるのを防ぐらしい。そういわれてしばらく週1で、ケールとかパープルターニップとか普段食べない野菜をファーマーズマーケットから買って来てはジュースにして飲んでた。冷たいし、冬場はファーマーズマーケットがしまっちゃうから、なんかだんだんやらなくなっちゃったけど。特に体感するよさはなかったな。でも、続けるといいんだろうな。よく、ダナキャランとか他の有名人も朝は自分で作った野菜ジュースだって言う人、多いしね。自分にあう健康法がみんなそれぞれあるといいね。

--k
| Kenshyo | 2011/10/14 01:30 |









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック