「神示」とはなんぞや?

JUGEMテーマ:スピリチュアル
ブログパーツ
 当ブログの読者であります、Rayさんよりこの度寄稿を頂きました。

 「神示」とはなんぞや?

ずっと疑問に思っていた事があります。「神示」とは元々どういう意味なのでしょう?
ブログなどでは「〇〇大神様からの神示」と使われている事が多いので、なんかお告げみたいなものかな?と思いました。辞書をひきました。今の電子辞書を50冊程の辞書に一括検索がかけられます。

ないんですけど。そんな言葉。

結論から言います、日本の現行の辞書(広辞苑、大辞林、その他全ての国語、漢和、古語辞典、百科事典)には「神示」と言葉は一切存在しません。

天照大神や国祖の神からの御告げやメッセージを表すのに欠かせないキーワードの「神示」と言う言葉が、載っていないなんて…びっくりです。広辞苑や大辞林を作っている国語、言語学者達揃いも揃って無知なのでしょうか?古事記も日本書紀も古語拾遺も読んだことないのでしょうか?

では、広辞苑大辞林レベルのダメ辞書には「お告げ」のようなものはなんと書かれているかというと、どの辞書にも、「神託」「神勅」「託宣」「天啓」「啓示」とあります。

しかしこれらは古代大和言葉ではありません。なぜなら漢熟語だからです。

古代大和言葉には日本固有の文字がありませんでした。なので漢字の借字で大和言葉を表記していました。
それを万葉仮名や真名といいます。私達が使う平仮名片仮名が出来たのは古代大和よりもずーっと後の平安時代です。
では、古代大和言葉では託宣や神託や神勅をなんと表記しなんと読むのか?

古事記、日本書紀などは全て真名で書かれており、天照大神の神勅は全て「詔」と表記されています。

「みことのり」と訳します。
ちなみに「詔者」で「みことのりたまはしきもの」と訳します。


奈良後期や平安くらいから〜「みことのり」は天皇の勅命の意でほとんど使用されるようになります。


一文字一文字、一音一音に「神」が宿るという言霊学の見地からすれば「みことのり」と「しんじ」では全く別モノです。なので言霊学では勝手な現代語訳や書き換えを禁じています。


ではでは「神示」という言葉一体どこから来たのか?

試しにYahoo!で検索したら、すごくいっぱい出てきました。広辞苑にはなくともネット上にはワンサカあるんですね(笑)さすが最新の流行語ですね。
なにやら怪しげ神道系新興宗教団体名やホームページとセットで大量に出てきます。
日月神示以外にも、ナントカの家、ナントカ教、光ナントカ会、ナントカの道、「神示」という語は明治以降に出来た多くの神道系新興カルト宗教団体のみで使われている用語でした。
ちなみにそういう新興宗教をまとめて「神示宗教」と呼ぶそうです。

もちろん信仰は自由です。今ならネットでどれでもお好きな「神示」をお買い求め下さい。

私は神社の御神籤(おみくじ)で充分です。 あ、戸隠神社の御神籤は全て真名(漢字)で書いてありますけどね。

------------------------
愛上王注釈 いかがでしょうか。 実に参考になったと思います。
私も、PCや携帯などで文を書く時、漢字変換のシステムで「神示」が変換されないものばかりなので常々疑問に感じていました。
ごく一部の、現代語を多く盛り込んでいる漢字変換システムでかろうじて変換ができる程度なのです。 (Google日本語入力など。)
たとえば、「何々神示」なる名称は、私達人間が便宜上勝手に呼称しているのであって、
神々にとってみれば、人々を依り代にして降ろす言葉なり文なりというものは、それを「神示」なるものとは到底意識されているとは考えられないのです。

所がですね、神示をさも受け賜わったかのように振る舞いたがる人がここ数年で急増をしていますが、
そうした人達の多くは思い込みから、創作神示をでっちあげるその時、文中に神々自らの言であるかのように「神示」という単語を盛り込みたがる人までいる始末。
これは昨日、天地マリさんだか我道を行けだか行くだかと書かれておられる、自称チャネラーさんがおられるんですが、
創作でっちあげ神示であることを世の人々に自分から知らしめているのです。

(その創作神示の内容は、とある偽霊能者の天敵であります、あるインチキバスターに向けられた、神示を装った文句ですので、ぜひどこのどなたの創作神示か見当がつくようでしたらぜひ一読をされてみてください。
私はそれを読み、でっちあげ神示を書くぐらいしか取り柄のない人が、よくまあ上から目線で高圧的な態度をとれるものだと呆れてしまいました。
その神示風の文句が書かれていますものは2012/4/22にUPされたようです。 )
また、Rayさんも指摘されていることですが、特に断りがない場合、アマテラスという同一の神からの神示であるはずなのに、
日々文体がコロコロと変わるおかしさを指摘されています。

あれはなんですか?アマテラス様という神様は何人いるんでしょう?
毎日文体が替わって読みヅラいたらありゃしない。


こうして、冷静にみつめてゆきますと、創作神示というものはボロがいくつもあらわとなってゆきます。


他にはこんな指摘もあります。

未曾有の世??ってなに?
未曾有と言う言葉はある特定の出来事に対して使う言葉です。
「世」というのは常に変化するものなので、「世」にはつけられません。


こうして物事を知ってる人にはすぐにバレてしまうというものです。


日月神示のコピベを
アマテラス様からのメッセージとして貼るのはいかがなものかと


この、日月神示から盗用し、ある神様からの神示かのように作り変えるなどは、もはや創作神示にしても稚拙すぎるというものです。
詳しい人が読めばすぐに、またそうでなくても発覚してしまえば、詳しくない人にもその神示がインチキとバレてしまう。
これ以外の稚拙な創作も諸々含めてですが、不正を行うことにためらいがなかったり、バレることに思慮が働かない、
そうした後先を考えない傾向は、盗作して神示を装う人や、創作して神示を装う人らがついやってしまうミスなのです。
そもそもヨソから盗んだり、でっちあげて創作する人たちというものは、不正が発覚した後の自分自身の社会的な立場がどうなるかを考えておらず、
こうした楽のできる盗作や創作といった、ショートカットを選びたがり、その上でインスタントに人々から賞賛されることを望んでいるわけです。
そうしたウソ神示を万が一にも信じてしまうと、ウソ神示で自分を大きく見せたがる、
そうした人達にうまく乗せられてしまい、考え方や心、果てには生活までも曲げられてしまう。

今後は精神世界やスピと呼ばれる世界での霊感商法はまたも変換期を迎えるでしょう。
以前はあなたのオーラを観ますだの、前世を観ますだのが流行り、
ここ2、3年は「神示」なりチャネリングと称したもので霊感商法が流行ってきたようですが、
それらは演じ切るには大変に難しく、バレるリスクが非常に高いものであることが一般化してゆくことでしょう。
当ブログは精神世界系やスピ系に関わる大勢の人たちが常に読まれにきています。
(日によってバラつきはありますが、通常5000台、多い日で7000いくかどうか、少ない日でも4000台のアクセスがあります。 内、ユニークユーザーは8割強程度かと。 なので一気に広まります。)
その中には霊感商法をする者やニセ霊能者も多く閲覧をしにきています。
また、騙す側ではない、そうした世界に関心のある方たちも日々大勢が読みにきているのです。
本日よりこの精神世界では、チャネリングや神示を騙るのはリスクが大変に大きい。 そのことを人々は認識をするようになります。
よってチャネリングや神示を騙るのはこれからは下火になるのです。


--------------------------------------------------
他にもコメント欄に投稿くださいさいましたものも大変に参考になると思います。
以下もRayさんの指摘です。

素朴な疑問、そもそも岡本氏の日月神示の原文はその殆どが漢数字と「〇」や「、」等の記号で書かれています。
それを学者達が何年も掛けてとりあえずなんとか意味がわかるように解読したものです。

今でもその現代語訳が正しいかどうかは定かではありません。
毎日のように神示をアップしている方々はどうして、簡単な現代語で書いているのでしょうか?
どうして岡本氏に降りた神示と同じ〇、+一二三で書かれている神示がひとつもアップされないのでしょうか?たまには、原文アップしてくださいよ(笑)

それとも記号や古代大和言葉で降りた神示を皆にわかるように親切に毎日現代語訳して下さっているのでしょうか?



言霊学では原文を勝手に仮名書きになおしたり現代語訳したりすることは固く禁じられています。

なぜなら古代大和言葉は一文字一文字そのものが「神」という概念だからです。


ネットに溢れる神示や鑑定を信じたければ信じればよいです。思想、趣味、娯楽は自由ですから。

そういったものは雑誌の後ろの星占いや神社の御神籤のようなどこにでもある娯楽ですから。

まぁ 御神籤は200円とかですからね(笑)

-----------------------------------------------
以下のコメント投稿文も是非読まれてみてください。


とりあえず 一旦私なりの総括を致します。
私が常々思うことは、人は皆ありふれた日々のなかで誰しも超自然的ななにかや神の存在のようなものを感じる瞬間が必ず幾度もあります。「うわぁ〜すっごい偶然、なにこれ?運命?」とか「あれ?これ夢でみた気がする」「きっと神様が私達を赤い糸で結んでくれたんだ」
また、芸術やスポーツや文学で優れたものに触れたとき言葉では表現しがたい途方もない感動に包まれます。
しかし、イチローは言うでしょうか?「俺がなんで凄いかって?そりゃには俺は〇〇大神様の加護があるからだ、だからこんなに頑張れるんだよ」
中島みゆきや小田和正やエンヤは言うでしょうか「この歌は〇〇神様からのメッセージです。本物だから皆の心に響くのです」
スーチー女史やマンデラ氏は言うでしょうか?「私は〇〇神から命をうけ貴方方を悪の組織がら解放するお役目を頂きました。私と〇〇神を信じれば必ず自由で平和で平等な世界へと導きます。だから私とともに戦いましょう」と
逆にアルカイダは言います「全てはアラーの神のため、これは神の意志による神の子による聖なる戦い」、かつて日本軍は言いました「日本はいにしえよりの神の国、神国が負ける筈がない、全てはお国のため、現人神であらせらるる!天皇陛下の御為」
世の本当に強き優しき人を支えているものは己の一途な信念と絶え間ない努力と、その強き優しき人の行動言動努力に感銘を受け心動かされ、その人を信じる多く人々の気持ちです。
そこにいちいちあの方にはに何の神が降りていているから本物、あの人の歌は何の神のメッセージだから本物などをあえて言うのは蛇足以外のなにものでもありません。
そういう優れた人達がたまに言うのは「神様?いるのかもね、よくわかんないけど、困った事があれば神様助けて、なにか良いことあったら神様ありがとうって思うよね(笑)」くらいです。

全国各地の神社で神社を浄めるお役目と言って、他の参拝者の迷惑も考えず、大声で祝詞をあげる人達の御神業と、毎日学校帰り通学路のゴミ拾いをする小学生達。

名前も住所もわからない赤の他人の女性の背中を擦ってエネルギー注入だかをする本名もわからない人と、毎日年老いた母の介護をし体をする孝行息子。

電力に100%依存したネットの世界で好き勝手言って、これまた電車であちこち出掛けてワークだなんだと信者を増やすのに熱心なカルト教祖達と
神様の名前なんかなんにも知らなくてもみんなに美味しいお米や野菜を届けるために黙々と毎日野良仕事する田舎の農家のおじさん達。
皆さんはどちらの姿に心うごさかれますか?
私はそういう普通の人の中に暮らしや話すことの中に「神様」を感じます。
神様ってなんだかわかんないんですけどね。(笑)

あと自給自足ですが、幸い我が家先祖代々の百姓家なものですから、生まれてから一度も米も大豆も買ったことありません(笑)野菜も果物も花も作ってます。食料自給率はずっと80%以上です。
電気は太陽光で100%自給です。例え電気が止まっても、薪と炭も竈があるのでなにも困りません。
私の住んでいる超ド田舎集落では殆どの家庭が兼業農家ですからずっと昔から当たり前のことです。
でも、別にそんなこと他人にオススメしませんよ。兼業農家は大変ですからね。それに農業は物理的に出来る人と出来ない人がいますからね。皆それぞれ今住んでいる場所があり、家族がいて、今の仕事がありますから。田舎暮しがしたければすれば今すぐ移住してすればいい。ただそれだけのことです。

人にそれを「食料危機が来るのでやれ」と強いる必要はないのです。


どうでしょうか、私達人間に大切な事は、神示や神々に依存をすることではないことを強い説得力で語られていると思います。

この度は記事の寄稿を快く承諾くださいました
Rayさんに感謝します。

 偽霊能者に騙される人を減らしたい! 
ご賛同くださる方は応援のクリックお願いします

人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 精神世界

ちいさな一歩特設サイトへ
「ちいさな一歩」特設サイトはこちらをクリック


コメントにて感想歓迎です




こんばんわ。
いや〜、さすがに(@-@;・・・ ←こんな顔になりました。

「神示」と書くときは「神」「示す」と訳さなければ出ませんね。
「しんじ」は「神事」だとすぐ変換できます。
日月神示やひふみ神示を指し示すときは、この方法で書きます。
面倒くさいですね。

いや〜、まいったまいった。参りましたです。
結局はアレですか?ハーレム状態になりたいと?
おのが一番!てことですか?

いや〜 まいったまいった! それは無理でしょう。許せませんね。

Rayさんの仰ることはすべて真っ当だと思いますよ。当然至極ですよね。

まっすぐに道を歩む者には真っ直ぐな神が味方する。
これからも頑張って下さい。
| coomi | 2012/04/23 23:38 |
こんばんは、愛上王さん。

我道の記事を読んできました。あの人は自分の神示に従ってほしいんですね、愛上王さんやここの皆さんに。いくつも偽物の証拠を挙げてるのにまだ蛇神だとかのせいにしてこちらを悪いことにしようとしてます。往生際の悪いことです。しかも、アマテラス様からのメッセージと紹介に書いてあったのが、いつの間にか天界からのメッセージに変わってますし。アマテラス様という単一の神様だけのメッセージのはずが、毎日ころころ文体が変わっておかしいという指摘が余程不都合だったのでしょうか。

ここ最近はずっと読みに行ってなかったので、いつアマテラスから天界のメッセージに変わったのか正確な日付はわかりませんが。


アマテラスさまからのメッセージと書いてあった頃のことを覚えてる人なら、かなり怪しむんじゃないですか。これでまた信者が減りますね。


神示を降ろす人って、自動書記で言葉を書いてるのか、言葉を音によって聞いているのか、どっちなのかはっきりしてほしいですよね。もし自動書記で書いてるなら記号や漢数字の文になるはずですよね。学者でさえ解読に数年かかる暗号のような文を即解読できる理由も答えて頂かねばなりません。

音声で聞いてるのなら、どうして漢熟語が含まれた文になってるんでしょうね。余程古代語を学んでない限りは古代大和語の言葉を漢字に当てはめることなんて普通はできないでしょう。音声で聞いたまま平仮名で書くほうが簡単だったでしょうに。


しかし、その大和言葉が偽物だということももうバレてるわけですがね。間違いだらけの大和言葉をしゃべる神なんているわけがないですからね。

それに、神様でさえ現代日本語をしゃべってくださらないというのに、ただの人間であるはずのヨセフが現代の日本語でしゃべったというのも謎です。いつまでたっても公式での回答がないんですが、答えてはくれないんでしょうかね。自動書記もあり得ないことです。現代の日本語の文字なんて知ってるわけありませんから。古代の日本人の霊ですら現代の日本語を書くことは不可能かもしれないのに、ましてや外人のヨセフが。


それとも外国の古代語で伝えられた言葉をア○○さんが現代日本語に訳したとでもいうんでしょうか。認めて謝るまではいつまでも引きずらせてもらいますからね。


対して勉強もしてないくせに古代大和言葉なんて持ち出すからボロがぼろぼろと出てくるのに。自分の言葉でしゃべった途端にボロだらけでしたよね。彼は。

いや、それは古代大和言葉が使われてない部分でもそうでしたね。お子様恫喝文や霊界の崩壊など、数々の恥文を残してますからね。
| ユス | 2012/04/24 01:38 |
皆様、こんにちは。
私の知っている巫女さんの話ですが

上から100で降りてきた言葉も、受け取る時点で95になり、伝える時点で90になり、またそれを伝え聞いた人によってそれ以下になる。
たまに理解できない言葉もあり、後で巫女さん同士で検証し合う事もある。

純度を薄めてしまうのが、それぞれの我なのでしょう。自分に都合の良い解釈をしてしまうのは仕方の無い事です。
見えない世界の事ではありますが、自ずから欲せず依存せずの姿勢がよろしいかもしれませんね。
| くらりす | 2012/04/24 12:51 |
私はスピリチュアルについて語るつもりはありません。わかりませんから。
流行りの『ネット「神示」』が本物であろうと偽物であろうとどうでもいいのです。所詮どれもネット通販されている本名も顔もわからないその辺の主婦や会社員が趣味と自己満足で書いて自費出版本です。
そんな本より私が読みたい、読むべき本は図書館や書店にいくらでもあります。
スピリチュアル商売敵と「これが本物だ」「あいつは偽物だ俺様にこそ〇〇神の神示が降りるのでアール」「なにをインチキめ!こちらが元祖だ」「いやいやうちこそ本家だ」と横浜ラーメン戦争よろしくやりあえばいい。
私が問題にしているのは、言語学、国文学、言霊学、、古神道からあまりに外れたデタラメ用語の濫用と、日月神示のコピペや出口王仁三郎聖師だか尊師だかの、カルト新興宗教家の著作の引用しか依りしろのない空っぽブログ主達です。
信者が無知なのをいいことに現代語を「皆さんこれが古代大和言葉ですよ」だなどと平気で嘘を教えたり「神示」だとか「私は神能者」だとか「霊視」だと「霊伝」だとか辞書にもない勝手に作ったカルト用語をあたかも神道用語のように使っていることです。
日月神示や出口王仁三郎聖師が「絶対」であるという前提がなければなにも出来ないのです。無知な者、無垢な者に同じものをいつくも何度も見せそれが絶対と刷り込み動かす。それが世に言う「カルト」です。

ごくごく普通に暮らしている人々からすれば、ナントカ聖師もナントカ尊師も全く同じですからね。

| Ray | 2012/04/24 13:44 |
愛上王さん、こんにちは。
エントリーと関係なくて申し訳ないのですが、ネットで被災地の現状を訴えている記事を見つけました。
普通の人たちが力を合わせて頑張っているのに、ネットの中の神様たちは一体何をしているんでしょう。
死んだ霊能力者が残した意味不明な言葉より、生きている普通の人が搾り出した言葉の方が、胸に突き刺さると思いませんか。

「助けてください」いまだ電気も通らない東北被災地の現状を訴えたメッセージ
http://labaq.com/archives/51741629.html
| げたんは | 2012/04/24 15:07 |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2012/04/24 18:33 |
皆さんこんばんは、
コメントありがとうございます。
今日は暑さと忙しさでヘロヘロです。
お返事は個別には書いてる余裕はありませんが、
じっくりと読まさせて頂きます。
あと、コメの返信がなく、記事の更新もない日というのはですね、
帰宅後即寝てしまってる日ですので^^;
どうかこのことを頭の片隅に留めておいてくださいな。
へろへろなんでそろそろ寝ます;;
みなさんおやすみなさい。
| 愛上王 | 2012/04/24 23:59 |
http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/bookstand-shinto.html  から
引用  日月神示より。


  霊人(高級霊)は現実界と直接には接し得ない。また地上人は霊界と直接には接し得ないのが原則である。しかし、それぞれの仲介を通じていっても、直接行なうのと同様の結果となるのである。(中略)
  神が直接、人間を通じて人語を発し、また書記するのではなくして、それぞれの順序を経て地上人に感応し、その地上人の持つそれぞれの人語を使用して語り、その地上人の持つそれぞれの文字を使用して神意を伝達することとなるのである。しかし、神の言葉はいかに地上人を通じて人語にしても、その神に通じる想念を内蔵せぬ地上人には伝え得ぬのである。(『地震の巻』第十二帖)

  高度の霊が直ちに肉体人に感応することはなく、それぞれの段階を経て感応するものであることを忘れてはならんぞ。下級霊は現実界と紙一重の所に住んでいるのであるから、その感応は極めて強く、如何にも尤もらしく人民の目には映るものであるぞ。高度のものは、その人民のミタマ如何によって、それと同一波長の神霊に伝達され、その神霊の感応によって表現されるのであるぞ。特別の使命をもつ天使は、最下級の霊界まで降(くだ)って来て、人民に特別な通信をなし、指示することもあるぞ。(『龍音之巻』第三帖)

  浄化した高級霊ともなれば、人民に判るような感応はほとんどないぞ。(同・第十六帖

霊的自分を正守護神と申し、神的自分を本守護神と申すぞ。幽界的自分が副守護神ぢゃ。本守護神は大神の歓喜であるぞ。(『冬の巻』第一帖)


  神憑かりよくないぞ。やめて下されよ。迷ふ臣民出来るぞ。程々にせよと申してあろうが。皆々心の掃除すれば、それぞれに神憑かるのぢゃ。(『風の巻』第九帖)

  霊人と語るのは危ないぞ。気つけてくれよ。人は人と語れよ。(『黄金の巻』第十八帖)

  人間は皆、神憑かっているのであるぞ。神憑かっていないもの、一人もおらんのぢゃ。(中略)霊人は人間の心の中に住んでいるのであるぞ。心を肉体として住んでいるのぢゃ。(中略)
  人間の言う神憑かりとは、幽界の神憑かりぢゃ。ろくなことないのぢゃ。神憑かりでも神憑かりと判らん神憑かり結構ぢゃなあ。マコトぢゃなあと知らしてあるのにまだ判らんか。(『白銀の巻』第六帖)

  いつでも神憑かれるように、神憑かっているように、神憑かっていても、我にも他にも判らぬようになりて下されよ。鍬とる百姓が己を忘れ、大地を忘れ、鍬を忘れている境地が、マコトの御霊鎮めであり、神憑かりであるぞ。(『月光の巻』第四十九帖)

仕事は行であるから、務め務めた上にも精出してくれよ。それがマコトの行であるぞ。滝に打たれ、断食するような行は幽界の行ぞ。神の国のお土踏み、神国から生まれる食べ物頂きて、神国の御仕事している臣民には、行は要らぬのざぞ。このことよく心得よ。(『日月の巻』第三帖)

 



以上の事から、ネットの神様もどきは、幽界の神懸りであって本物の神懸りでないのですね。
人をコントロールする為に、日月神示の
自分の都合の悪いことは見なかったことにして利用してるんですね。



| あっちゃん | 2012/05/01 14:27 |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2015/06/07 12:59 |