話が脱線しましてパワーストーンの真実

JUGEMテーマ:スピリチュアル
ブログパーツ
 話が脱線しましてパワーストーンの真実

 私たちの霊性精神性の向上は、日常生活の中にこそあります。
神々に依存をしすぎても実際は向上をしませんし、
やれ禊だの何かの儀式だのといったものでなければ向上をしてゆけないのではありません。
もしもそうしたものでなければ向上をしてゆかないのであれば、
そうした文化のない国々生まれ、生活をしている人々は向上の機会がないということになってしまいます。
しかし実際はそんなことはありません。

例えばですが、心身の浄化を例にたとえてゆきますが、浄化とは神に祈りを捧げたり、祝詞やお祓いのようなものを指すわけではないのです。
それらがまったく意味が無いとは言いませんが、あくまで補助的なものと言えます。
(部屋のゴミや散らかりようと、うわべだけの掃除に例える)
(なんたら浄化遠隔ワークだかで浄化されることはありません。 商売に都合がいいだけの概念であって、伝統的なものにそうしたものはありません。 そうしたものはカモに対する便宜上の詭弁なのです。)


どんなに神に祈ろうが祝詞だろうが宗教的な儀式であろうとも、またそれが遠隔なんたらワークであろうともですが、
部屋の中が散らかっているのは少しも改善はしないのです。
もし、部屋の中を綺麗にしようと思うなら、自分自身がその部屋を掃除してゆかねばいつまでたっても散らかったままなのです。
何かに頼ることで部屋の中が綺麗になることをアテにしても一向に綺麗になりません。
まずは自分自身が実際に部屋の中を片づけ、掃除してゆかねば綺麗にはならないのです。
(現代スピの中でも商業スピと言われるものは、この、人々のショートカットしたがる気持ちや、安楽を選びたがる部分を巧妙に突いてきているのです。
ですから、今現在のスピと言われるものは甘やかしであり、商業的に都合のいいように歪曲をされて形成されていった部分がとても大きいですし、
そうしたものなのだとすっかり浸透してしまっている風潮すらありますから、
スピ関連グッズや有料セミナーもそうしたものが誇張されすぎています。
例で挙げるならパワーストーンが代表格。

  ↑
上記は機会あれば清書し、適切な単語にも直し、続きを書いてゆきます。

*----ここから先は別の話が続くのですが、書いてる最中に以前からお話をしていました、パワーストーンに関する脱線をしてしまいました。
  せっかくなので今日はこのパワーストーンに関して脱線しまくりましょうか。----*

「パワー」などと商業スピの人たちが勝手に響きのよい言葉を呼称に加えていたりしますが、
鉱石は人間に幸運をもたらすだとか金運がよくなるだとか、異性運がよくなるなどは知りもしないのです。
そうした「運気」なるものは動物の中でも、文明生活を築くようになった、ここ数千年の間に人間が考えだした概念でしかないのです。
当然、もし仮にの話ですが、鉱石類に私達人間と会話ができるとしたとします、
彼ら鉱石にとって、金運なるものはなんなのか?幸運がやってくるなどというのはなんなのか?
反対に質問攻めにされるに違いありませんし、
鉱石は所持している人間に幸運なり、そうした「運気」なるもの、こうした事柄に好影響を与えるなどと約束もしてくれませんし、
パワーストーンを所持すれば人間に何か好転が起きる、運がよくなる、などというものは、
人間が商業スピ関係者に乗せられて信じてしまっているトンデモといってもいい。
確かにあらゆる鉱石には人間の都合で様々な象徴が「付け加え」られてはいます。
しかしそれは花言葉などと同じで、象徴する意味は確かに加えられてはいても、
その象徴する意味をパワーとして人間に与えるなど誰も約束していません。
例えば私の別ネームには、「椿」という花の名が名前の中にありますが、
椿という花の象徴、加えられているものは、純愛だとか最高の愛だとかだそうです。
しかし、じゃあお花屋さんで、もしくは森の中で、季節ごとに咲き乱れる花言葉に沿った花を手に入れたらその象徴、シンボル、意味する所、花の場合なら花言葉と呼ばれもしますが、
その意味するものを力として与えてもらえるのか? そのシンボルとされるものが何か神秘的な力となって所持する者に影響を与えるのか?
おとぎの国のファンタジーではありません。
まるで一昔ふた昔前の漫画の中の魔法のようなものであり、あくまでも憧れであり、夢見がちな人が空想する程度のもの。
しかしどうでしょう?現代スピを迎えた前後からはそれら空想はすっかりゲンジツ、リアルであると思い込みたがる大人が増えてしまった。
現代スピが流行る以前にも似たようなものはありました。
ローエングリンのペンダントだとか、様々な縁起のよさそうなエピソードなどが添えられ、
それらはその品を持てば幸運になれるのだと、「人々は勝手に思い込み」、そうして商売が成り立っていたのでした。
今はそうしたものが「パワー」ストーンと、この名称にもちょっとした洗脳じみた仕掛けがある。
石は誰もあなたにもあの人にも幸運を授けてくれるなど約束してくれていないのに。
(逆に今でも信じたい人には問いたい位です。 なぜその石を所持すると運気などが良くなると断言できるのか?
論拠根拠を事細かに納得のいくように説明ができるのかと。)


鉱石、それは宝石類も当然含まれますが、所持するだけで幸運を引き寄せるなどありえません。
そうした浸透した思い込みは、それで商売をする人たちが都合がいいから徐々にゆっくりと緩慢にではありますが広めていったもの。
とは言え、幸運を引き寄せてはくれずとも、古代からある面では効果が認められてきたものがあります。
それは病気やカルマの影響に関した分野で。
これはインド、特にヒンズー思想を細部まで研究しないとその論拠根拠の具体性は示せそうにありません。
私もそうしたことを細部まで詳しくはありませんので、そうした分野で一部効力が認められているといったことを、そうしたことを世間に真っ向に広めようとも肯定しようとも思いません。
ただし、それらが効力を発揮する条件は、いくつかあるのですが、今日、一部だけ公開します。(全部公開はしませんし、残念ながら今回はソースはスピ商売人の言い訳やこじつけ言い逃れに悪用されるおそれもあるのでできません。)
「穴の開いていないもの。」
よって、パワーストーンブレスレットとかで売り出されているものは当然穴が開けられているので意味はありません。 しいて言えばあくまで綺麗なアクセサリーといった所です。
それはホースや風船のように、穴が開いた時点で期待できる効力は漏れてしまうからだと私は判断しています。
本日よりおそらく、ブレスレットタイプ以外をメインに扱おうとされるパワーストーン屋さんは増えることでしょう。
しかし、パワーストーンと呼ばれるものが実は虚構でしかないことを知らなかった商売人も数多くいたことを多くの人々は知ることになり、
必然、そうした商売人も世間に流れている思い込みをただ利用し、自身さえもそうした思い込みで単に商売していただけだった、そのことを人々は知ることになる。
私がこのブログの記事やコメントで時折、パワーストーンなるものを販売している霊能者はニセモノと説いてきたのはこういうことです。
スピ商売人たちの商売の都合で流布されてきた、作られ、世間に浸透した概念。
こうしたことに気づくこともなく、パワーがあるのですやら運がよくなるやらとヨタを飛ばして販売をしてきた人々、
そんな自称霊能者は意識無意識に関わらずニセモノなのは明白です。



まだまだ続くのですがこのへんで切り上げます。
エセスピだのニセ霊能者、そうしたものを信じ、それがウソと明らかになったあとでもまだ信じたがる、
そうした人達の顕著な傾向の一つが上記にも挙げました思い込み、スリコミなのですが、
話が長くなってしまいますのでまた別の機会に。

とは言え、ここまできたなら、以前に書いたとても重要な記事であります、
「理解のあいまいさといったものが人生の邪魔をしています」 これをぜひ読まれてみてください。

 私の記事で何かしらよいものがあると思われる方、
どうぞよろしくお願いをします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 精神世界

ちいさな一歩特設サイトへ
「ちいさな一歩」特設サイトはこちらをクリック


コメントにて感想歓迎です




管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2012/04/27 09:06 |
パワーストーンを扱うお店は、ショッピングモールやファッションビルの中に、ひとつは入っているようです。
パワーストーンは星占い同様広く浸透していますので、遊び半分で購入している人がほとんどだと思います。
ファッション的に服装に合っているなら別にしていても良さそうですが、パワーストーンのブレスなどをしていると騙されやすそうに見えますので近寄ってくる人には注意が必要ですね。
買う人がどこに価値を置くかで物の値段は決まるのでしょうが、運気が上がる絵などもパワーストーンと同じようにほとんどがニセモノだと思っています。
| げたんは | 2012/04/27 09:42 |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2012/04/27 14:08 |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2012/04/27 18:59 |
はじめてのコメント失礼します。
私はパワーストーンになる前のストーンに関わる仕事でした。街で売られている物にアレコレ言うのは反則なので控えますが、ストーンに関しては不思議な体験を良く聞きましたので、装飾品と言うのは人の思いが付着しやすいのかな?と思ってた事がありました。

商売♪商売♪なんて思いもです(笑)

| 大家 | 2012/04/27 19:33 |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2012/04/27 20:02 |
コメ失礼します。
遠隔ワークもパワーストーンも、子供の遊びですよね?効いたっていうのも、遊びですよね?魔法使いごっこに過ぎないと思います。普通に考えれば判りますよね。
そういうの好きな人は趣味でやればいいと思いますが、大の大人が結構な額の金銭をもって、本気ですがりつく様子は、かなり不気味です。手首にジャラジャラパワーストーンしてる人って、ちょっと引きませんか??そういう人は決まって汚いオバサンの様な気がするのも、ただの偏見??
もしそんな人が急増しているというのなら、日本人の知性が相当アブナイことになってるってことかも…恐ろしいと思います。
| テオ | 2012/04/27 22:40 |
げたんはさんこんばんは、毎度。
運気が上がる絵ですか、描いた後になってそんな付加価値を付けたがる人の神経を疑ってしまいますね。


大家さんこんばんは、お初です。
>装飾品と言うのは人の思いが付着しやすいのかな?と思ってた事がありました。
中古品とかだと長らく使っていた人の念のようなものは残っていそうですね。
新品でも同じ事はあると思います。思いや念がこもってしまえば同じ事でしょうしね。


テオさんこんばんは、毎度。
そうですね、遠隔ワークなんて昔はなかったわけですからね。
現代スピを迎えてから、スピ商人らが徐々に広めていったものですしね。
そのあたりのことを考えれば真贋も分かると思います。

魔法使いごっこ、いいですねぇ〜 正に核心というやつです。



山本ゆかりさんこんばんは、毎度。
今日いくつか寄せて頂きました回想日記は近日、記事の形で紹介してまいりますので。
| 愛上王 | 2012/04/27 23:23 |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2012/04/27 23:36 |
愛上王さんお疲れさまです。
石の愛好家というか石屋さんといえば、まず、つげ義春の無能の人に出てくる助川さんを思い出しますね。
竹中直人さんが好演されていましたよね。助川さんは奥さんから「虫けら」と馬鹿にされていますが、現在のパワスト愛好家も似たり寄ったりかなと思います。ムシケラ以下かも。
とはいえ、私も丸っこい石が好きですね。最近はおにぎり型の石を手元において石ざわりを楽しんでいます(笑)サボテンを可愛がる感覚と同じかなと思います。まあ当然とはいえご利益はございませんが・・・。大好きな「わたしの石さん」です。
さてさて、あの方のことですが、経済破綻だの、アセンションだの、終末だの、小松左京よろしく日本沈没だの煽りに煽ってばかりで、負荷をかけずに低速で自動車のエンジンを空回りさせるだけのアイドリングのごとく、行き先(ゴール)を示さない話ばかりなのに、まわりの方々は一体何を彼に期待しているのでしょうね。
そして、あの方がサイコパスなら、彼にのめり込んでいる周辺の方々も同種じゃなかろうかと思います。
映画サイコの原作者エド・ゲインがたくさんおられるようで怖いですが(笑)あの方はこれからも今まで以上に珍走団のごとくアイドリングしまくると思えば、私どもトンデモ愛好家は大変嬉しいですし、違う意味で応援しています。ええ年こいたオッサンの狂言をさかなに一献傾けるのも最高です。
愛上王さんに向かって言うことではないと思いますが、わたしのまがいもの判断基準は、「動機」です。
あの方の動機がどこにあるのか客観的に考えると良くわかるのかなと思っています。
さらに楽しませていただける情報を公開していただけることを切に望んでいます。そこのとこりヨロシク。
| たけし | 2012/04/28 00:00 |
そういえば、四○○のエ○○○○ーは、パワーストーン商売の走りで、悪質この上ないですね。
冷やかしに行ったところ、あの周波数を測る機械?面白すぎ。スタッフさん、ゴム手袋で調整してるからね!
美○サマ、鳩○夫人御用達で有名ですから、暇な人は行って見てください。
それを本気で信じて馬鹿高い『石』を買ってる人が大勢いるんだから…もう…怒りを通り越して呆れました。
すみません、愚痴でした。
| テオ | 2012/04/28 10:22 |
たけしさんこんばんは。 お初です。

「無能の人」ですか、たしか竹中直人主演で映画化されてましたね。
石は、単なるアクセサリーとしてなら十分ありだと思うんですがね。
そこにスピ商人らが「売りやすさ」のためにトンデモな付加価値を付けたがり、
消費者も夢見がちなトンデモを受け入れてしまう。
この手法は国名は控えますけど、
とある民族が得意とする商法なんですよね。



テオさんこんばんは、毎度。
あのですね、伏字すぎてわからなかったりしてます;;
| 愛上王 | 2012/04/28 23:50 |
初めまして。去年の秋あたりからたまに読みにきていました。
特に霊能者を査定するところが最初のきっかけでしたが、今では色々なテーマを面白く読んでいます。
パワーストーンの意味付けには商業的意図を感じざるを得ないし、よく揃いも揃ってみんな…一体全体本気にしているのか?と思うことがあります。
まさに花言葉的な位置づけに等しいと思うし、石そのものに特有のエネルギーが仮にあったにせよ、それが現世利益的な恋愛や仕事などのちっちゃいところに特化して働く理由がわかりません。
お遊び的にロマンティックに身に着けるのは余裕があってよいと思いますが、どうして根拠のないものを本気で信じることができるのかが不思議です。
急成長した分野だと思いますが、代替品としては古くからある神社のお守りのほうが先なのに、果たしてお守りをみんな首から下げたり用途別に買いまくったりしていた記憶はありません。


さて。
とかなんとか言いながらですね、私が今日思い切って書き込んだ理由。
デオさんが伏字にしているのは、○谷の○イト○ターのことでパワーストーンの権化みたいな扱われ方のものなのですが、じつは私この石を持っています。
(入手することになった経緯はまあ色々あるので割愛しますが)
キレイな宝飾のひとつとして服装に合わせてつける日もあります。そkそこ気に入っています。

ですがどうしてもよくわからず答えに迫らないまま放置していた疑問があるので、ぜひともこの機会に釈然としたいと思っております。
あの数値を計る機械は、ゴム手袋をすることによってどういう仕組みでカラクリが可能なのかがわかりませんでした。というかそこに注目すらしていませんでした。
非常に興味深いので仕組みが解読できれば知りたいと思います。
| 通りすがり | 2012/04/30 06:09 |
通りすがりさんこんばんは。
元来からある宝石商でもそんなサイキックなパワーがあるみたいな売り方はされてはきていませんからね、
少し考えれば、今流布されてるものがスピ商法の一環なんだと気付きそうなものなんですけどねぇ。
| 愛上王 | 2012/05/01 01:33 |