神を自分の道具にしている女性ウソチャネラー

JUGEMテーマ:スピリチュアル
ブログパーツ

 神を自分の道具にしている女性ウソチャネラー

 2012/5/5、読者や信者向けの人心操作記事を上げておられる、アマテラスをチャネリングしてるフリをしている方、
神示風記事内でまたもやボロをだされた様子。

善だとか悪だとかで責めるなとか創作されてますが、
自分のインチキをうやむやにさせたいがゆえの人心操作でしかない。
彼女が盗作、パクリ元としている日月神示にも「中庸」は説かれてはいるが、
そもそも中庸とは、善とか悪とかに向けて説かれているものではない。
まったく違う意味合いを指して使われているのだ。
よって今回の「神示風」記事の中身も、やはり人心操作ゆえの詭弁でしかない。
彼女といい、ア氏といい、あちこちの神示、それは日月神示であれ、MIZUHOメッセージなど、
利用できそうなものは自分の都合の良いように歪曲解釈して利用をしたがる。

( 中庸は善や悪に対して使われる概念ではありません。
また、中庸という言葉は論語からの言葉。
以下のウィキペディアに目を通してもらえるとよくわかると思われますが、
この中庸という概念は悪だの善だのに向いた概念ではないことがよく分かると思う。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%BA%B8  )

また、今回もっとも大きなボロは、
神々が人々に向かって自ら、「神」頼む などと言うわけがない。(顕著な創作部分。)
そもそも、「中庸」を善だの悪だのとで分けるなといった使い方をする神などいない。
正当な神であればなおのこと、「悪」を放置、助長させかねないことを人間には言わない。

つまり今回も彼女は「神」を自分の都合よく道具にし、盾にし、信じこませ、
人々を操ろうとしているにすぎないのだ。
こうしたヤリクチは神示の盗作や使い回しをしていたア氏とそっくりだ。

ア氏の様子をみて精神世界を学んだつもりになっている人は、
中にはこうしてア氏のヤリクチも見抜き、同じ手法を使い出す者も現れる。
彼女はわかっているのだ、ア氏の盗作や神示風記事の使い回しなど、
どうすれば人々を信じこませることができるのかを。
だから彼女は「これまでこんなにも」インチキがバレているのにウソ神示をやめようとはしない。

日月神示に詳しい方は、ここ最近の彼女の神示風記事をくまなく比較してみるといい。
この方がブログを始めた当初は、  以前の記事、「偽チャネラーの見分け方」で分類しました、
1、5、6、その中でも特に5の「個性浮き彫り型」が大きく目立っていた。
しかし今はそうした個性がにじみでやすい創作の仕方は多少は控えるようになり、
あちこちの「神示」を参考に書かれている。



以下に記事、「偽チャネラーの見分け方」より抜粋。 http://firstdoor.jugem.jp/?eid=40
(一度ぜひ徹底してこの記事をくまなく読まれてみてください。)

1、パクリ型
あちこちのサイトや本で見かける単語や表現が多様されている。
(パクリをしてもバレにくいようにと部分的に使用する場合もあり。)

5、個性浮き彫り型
メッセージの内容が、そのサイト主のこれまでの生活環境や習慣から培われた、
偏った内容になっている。
*これは閲覧をする読者も注意深くしないと分からない場合あり。
*これをみつけたサイトでは、徴候1、2、3、4も当てはまっていたのだが、
インチキメッセージの中で、自己批判をまるでよくないもののように扱っていた。
自己批判は高等な知性と精神を持った存在だけが成しうるものである事を理解できていない。
なぜなら、自己批判は己を磨く為にあるものであり、決してネガティブなものではない。
同じ人間であっても、自堕落な指向性の者には備わらないわけであるから、
メッセージをでっちあげているサイト主がどのような人物なのか、如実に浮き彫りになっていると言える。
この者は、天界の者からのメッセージを装ってはいるが、天界の者がまさか自堕落人間以下と言う事も考えにくい。
そして、その反対の、自己批判を避けてみたり、己を甘やかしたりするような、
高位知性体に似つかわしくないものを勧めるメッセージはインチキなのは明白。

6、複数個性演出型
複数の高位知性体からのメッセージであるかのように巧妙に演出をし、
バレにくいようにしている偽チャネラーもいる。
しかし大抵は5で記したように、その偽チャネラーがこれまで生きてきて培ってきた範囲内で
メッセージをでっちあげるわけになるので、文をよく読んで吟味をすれば、
その偽チャネラーの作った文と判る。
もちろんその場合でも、1で挙げたパクリを多用してごまかそうとする場合もあるが、
(複数個性演出巧妙型とも呼べる。)
その偽チャネラーの価値観や思考の方向性は、
おいそれとは変えられないし、メッセージと称した文にはそれらが顕れるのでボロがでる。



 どうか皆様、神や「神示」に依存をしすぎませんように。
神は依存する人をヨシとはしません。
それは私たち人間の親子関係にも似ています。
親をいつまでもあてにしすぎる子はいつまでたっても一人前にはなれないのです。

この精神世界には、そうした人達を見抜き、利用する輩も大勢いるのです。
そうした人達を増長させているのもまた、こうした精神世界に関わっている私達一人ひとりにあるのですから。

 偽霊能者に騙される人を減らしたい! 
ご賛同くださる方は応援のクリックお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
人気ブログランキングへ
精神世界
ちいさな一歩特設サイトへ
「ちいさな一歩」特設サイトはこちらをクリック


コメントにて感想歓迎です




神頼む など有り得ない。他の言葉が全て正しく記されていても、最後の 一言で違っていると露呈する。
| ななし | 2012/05/06 00:54 |
ア○ク氏のブログは間違った考え方を不特定多数に撒き散らしている事に、他の方も早く気づいて欲しいです。
偽神示・チャネラーのお手本としてだけでなく、自分は「特別な存在」なんだという勘違いを人々に植え付けるなんてとんでもない。

アル○氏のブログには時々、ご神業として時には信者さんを引き連れて(私も行ったことがあります)神社に行っています。
そこで人々の欲の念を祓って神社を綺麗にしようというものなのですが、それを「ご神業」というあたり。
当たり前のことなんですよ。

例えば海で人々がゴミを散らかして帰ったとします。
一人で、あるいは皆で集まってゴミ掃除をして綺麗にするのと全く同じです。
掃除をする対象が違うだけで欲の念という人々が散らかしたゴミを同じ人間が片付けるだけなのでご神業でもなんでもない、当たり前のことなんです。
海のゴミ拾いをご神業といいますか?言わないでしょう。

彼は読者に特別感を煽ります。
光の戦士なのだ、選ばれた人なのだ、と。
人の欲を煽る大きな罠ではないでしょうか。
だから自分に自身のない方は特に選ばれた人になりたい・その一員だということで自尊心を守ったり、安心感を得ようとします。
彼の行っていることは、人の弱さにつけこんだやり口です。
私たちは自分らしい人生を模索して生きたらいいだけ。
自分は神から選ばれた特別な存在だと勘違いして、お役目などと自分のすることにいちいち尊大な名目を立てて毎日を過ごすことではないはず。
| サドル | 2012/05/06 01:32 |
ななしさんこんばんは、お初です。
そうなんですよ、神頼む みたいなおかしなことを人々に向かって言うのがどれだけおかしなことなのか本人はやはりわからないんでしょうね。
彼女がなぜこうした文面で創作したのかは安易なのでわかるんですがね。
「神」の言葉なのだから言うことを訊け。
そういうのを強調したかったんでしょうね。
もうやってることめちゃめちゃですわ。


サドルさんこんばんは、毎度。
これはもうサドルさんの言うまったくその通りですね。
これだけあの方らのインチキぶりが明らかになっているのに今でも信じたがるのは、
やはり自分の居場所確保なんでしょうね。



それとこれは読者の皆様に向けてになりますが、
連休中はですね、ほぼ休眠状態になっておりました別サイト、
「ちいさな一歩」のテストサーバー側での新たなCMSのインストールを幾度となくしておりました。
今日も10回くらいはトライしていたかと;;

もう何ヶ月も、何度やってもうまくいかなかったんですが、新しいバージョンで試したら今日、ついさっきインストールに成功しました。
ようやくです。
今後はインスト後の調整作業に入ります。


| 愛上王 | 2012/05/06 21:53 |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2012/05/07 02:09 |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2012/05/07 02:38 |