期間限定販売
       

偽霊能者に洗脳されていた被害者 山本ゆかりさんの回想録 5

JUGEMテーマ:スピリチュアル
ブログパーツ

 こちらでは、山本ゆかりさんが以前に10年間、偽霊能者に洗脳されていた様子を、
思い出せる範囲でできるだけ克明に記してくださっています。 多数寄せられていますが今回は11通目から12通目までを公開します。
一部残念ですが伏字にしております。 これは偽霊能者本人が逃げのための工作に走られる懸念があるからでもあります。
ですが、全貌が明らかになった時点で伏字の殆どを取り払う予定です。

これらをお読みになられ、お友達やご家族、もしくは自分自身にこうした心当たりはないか、人生を台無しにしてしまわない為にも、十分に気をつけて欲しいと切に願います。


 偽霊能者に洗脳されていた被害者 山本ゆかりさんの回想録 5
 



11通目
 私は、神奈川県から実家に戻りましたが、親に縁を切ら、住み込みで、朝から晩まで働きました。借金を返すために、再びKと活動するためにと、一心不乱に働きました。今、思えば、何かに取り憑かれていたように思います。
人と会って、会話をしていても、頭は、どこか違う所にあり、思うのはKのことばかりでした。

12通目
 田舎に戻り、住み込みで働き、もともとのKの紹介者である高校の同級生にも、たまに会うことがありました。
Kとセッションなどをしているようでした。
Kの手口である仲間割れをさせるやり方により、同級生に対して私は不信感を持つようになっていました。
Kは、「よしこちゃんは、私を見世物パンダみたいに扱うねん」
後から知りましたが、AとBがいたとして、AとBに、どちらも悪口を言ったり、自分の気を引くようなことを言って、KとA、KとBと繋がりを強化し、AとBの関係は希薄にしていくというのが、Kのやり方でした。

 偽霊能者に騙される人を減らしたい! 
ご賛同くださる方は応援のクリックお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
人気ブログランキングへ
精神世界
ちいさな一歩特設サイトへ
「ちいさな一歩」特設サイトはこちらをクリック


コメントにて感想や関連情報は歓迎しますが、被害に遭われた方を誹謗、中傷するものは受け付けません。




悪口をいい、仲間われをさせる。パートの中年女性で、二人であったことがあります。なにを考えてるのか、観察しても、よくわからない女性でした。共通するのは、笑わない。無表情だが、男性に対しては愛想がいい。普通の生活でも、このタイプの女性をちらほらみかけます。
| 佐々木 | 2012/05/08 16:04 |
佐々木さんこんばんは、毎度。
そうした仲間割れを起こしたがる人はどこにでもいるものですね。
| 愛上王 | 2012/05/09 00:16 |