期間限定販売
       

山本ゆかりさんの回想録 9 偽霊能者に洗脳されていた被害者

JUGEMテーマ:スピリチュアル
ブログパーツ

 こちらでは、山本ゆかりさんが以前に10年間、偽霊能者に洗脳されていた様子を、
思い出せる範囲でできるだけ克明に記してくださっています。 多数寄せられていますが今回は19通目から20通目までを公開します。
一部残念ですが伏字にしております。 これは偽霊能者本人が逃げのための工作に走られる懸念があるからでもあります。
ですが、全貌が明らかになった時点で伏字の殆どを取り払う予定です。

これらをお読みになられ、お友達やご家族、もしくは自分自身にこうした心当たりはないか、人生を台無しにしてしまわない為にも、十分に気をつけて欲しいと切に願います。


 偽霊能者に洗脳されていた被害者 山本ゆかりさんの回想録 9
 



19通目
 何もかもが、異常だったのに、私は気づいていませんでした。韓国はシャーマンに会う企画で、Kと行く韓国ツアーみたいにして、お客様を連れて、何度か行きました。それも、旅費は自分で出し、通訳もして、何の報酬もなしだったのです。
だんだん、Kの能力に疑問を持ち始めたのは、韓国のシャーマンに会った時のこと。
普通の人の通訳をする時は、順次通訳でAさんが話して、一旦私が通訳し、Bさんに伝えると言うやり方ですが、シャーマンの通訳をしていると、私に何かが降りてきたように同時通訳のようになったり、口から言葉が出る前に、シャーマンの言う言葉がわかるのです。Kは、能力者と言っていたので、わかっているだろうと思っていましたが、チンプンカンプンな様子で、私には、それが不思議でした。ある時、韓国で、お坊さんに会いました。能力のあるお坊さんでした。そのお坊さんは預言をしました。
私に「傷だらけだけど大丈夫。絶対に死なない。脅迫観念の中にいなくても良い。自分の能力を使いこなしていない。悪魔は天才である。救助隊が来る。天の審判は、あなたにある。泥棒たちは、荷物をくくるのに大慌てである。気絶するくらいの業は一区切りを向かえる。先祖たちは、もう全部返した」
私には、何のことやら、さっぱりわかりませんでした。
その時、隣にKがいて、一瞬、ただならぬ雰囲気になりました。ホテルに戻り、「ゆかりちゃん、さっきの坊さん、なんて行ったんやっ!」Kの恐ろしい顔を今でも覚えています。
なんとなくですが、それまで、Kには、何でも話していたけれど、これは話したらいけないと感じたのです。その時点では、お坊さんの言葉は、ピンと来ませんでした。私は、お坊さんの言葉を録音していたのです。後にKと離れて、洗脳を解くときに、このお坊さんの言葉は支えになります。
ホテルで、Kに問い詰められ、「私の恋愛運とかのこと」とごまかしましたが、Kは、すごい顔で、
「ゆかりちゃん、世の中にはリップサービスってあるんやで」と言いました。私とKは、よく一緒にお風呂に入ったりしていました。
手をつないで寝たりも、頻繁にしていました。
この夜、Kが、ホテルで、ベッドが広いので、「ゆかりちゃん、一緒に寝よか?」と言ってきたのですが、この時は、なぜだか、急に違和感を感じて、寝たふりをしました。

20通目
 韓国ツアーで、シャーマン企画の他に、Kが、選ばれた人だけのためのお金のセミナーをすると言いました。聞いたら、完全にネズミ講。投資と言うけれど、危険を感じました。たっぷり、お金があって、その一部でするならマネーゲームで済むかもしれないけれど、とても、嫌な感じがしました。前日に、お坊さんの言葉を聞き、夜に一緒の部屋にいることも違和感を感じて、私は、翌日のお金の話しをしているKを見て、とても違和感があったのです。ウキウキと説明しているKが、急に、つまらない大阪のオバチャンに思え、話しは耳に入らず、早く帰国したくなりました。あんなにも、K、Kと言っていたのに、とても嫌な人に思えたのです。

 偽霊能者に騙される人を減らしたい! 
ご賛同くださる方は応援のクリックお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
人気ブログランキングへ
精神世界
ちいさな一歩特設サイトへ
「ちいさな一歩」特設サイトはこちらをクリック


コメントにて感想や関連情報は歓迎しますが、被害に遭われた方を誹謗、中傷するものは受け付けません。