インチキさんたちの心情の分析

JUGEMテーマ:スピリチュアル
ブログパーツ

 インチキさんたちの心情の分析

 昨日は山本ゆかりさんの回想録の続きを久々にUPをしたわけですが、
最近は彼女も色々忙しいのか、回想録の寄稿は途絶えております。
(寄稿済みのものは残す所後4回分、2記事分は残っています。)
彼女にはぜひこれからは、平穏無事な、幸せな生活を送ってほしいと切に思います。

こうした、霊能やスピ関連の被害にあっていた件を詳細に語ってくださる方がいますと、
被害に遭われたことは本当にお気の毒ではありますが、
広く世間に拡散されてゆくことにより、今後の被害の抑止に大変に役立ちますし、
どこかしら似たようなやり口をされている人を見分ける一助にもなり、
私達としては大変にありがたいことだと思います。


また、寄稿をしてくださったお陰でですが、私としても大変にありがたい別の面がありました。
それは、記事を書く時間が取れない時であっても、UPをする記事に恵まれるというもの。

私は常日頃からメモ帳に書き溜めている断片的なものが未整理未清書のものが数年前から溜まっていますから、
書こうと思えばネタそのものにはあまり困りません。
私が普段書いているものの土台となるものは、既に遥か以前に書き上げた「上を向いて歩こう」がベースでもありますしね。
(とは言え、当然これまでに書いてきたものと重複する概念も多いですので、記事として書き控えてしまうことも当然多いのですが。)

ネタ帳
 ↑ネタ帳3冊

でもですよ? これは見分け方の一つとして今回取り上げますが、
ここ数年の、「現代スピ」ブームを迎えてからブログなどを書き始めた人たち。
中でも特にこの2.3年内にそうした精神世界系統やスピ、霊能関連、こうしたものを書き始めた人たちっていうのは、
経験もそうですし、経験と知識の照らし合わせとか、そうしたものがどうしても圧倒的に量が少なくなってしまうがためにですが、
記事を書くのに相当に困るようなんですね。
最近はこうした精神世界系統や霊能関連でのブログ参入も絶えないわけですけども、
毎日のように記事を書くのは相当な至難の業と言っていいです。
日々記事を書くだけのネタに困っていない私ですらですが、清書してまとめあげるのはしんどい。
私などは独自で長年書いてきているわけですから、すっかり根底となる論の「ベース」はできているわけです。
そんな私ですら毎日や2.3日に一度のペースで論を書くのはまず無理なわけです。
なのにほぼ毎日か、2.3日に一度は論らしきものを書いている方もいますね?
そうした中にはあちこちを読み漁って、薄くこそぎとるようにパクって書いておられる方の比率、相当に高いです。
以前に今のスピブログは「金太郎飴」状態と言ったのはこうした面もあるんです。
これもまた以前の記事で書いた記憶があるんですが、
以前はブログ村では「引き寄せ」カテに参加をしていました。
当時、「引き寄せ」カテのランキングにずらっと並んでおりますエントリータイトルを眺めておりました所、
やたらと「波動」といった単語を盛り込みたがる人たちが大勢増えました。
様子がおかしいのでそうしたブログを流し読みしてみました所、
記事本文中でやたらと無理なこじつけをしたがる形で「波動」という言葉を盛り込んでおられる人たちばかりでした。
これは何かあると数日様子をみていましたら、
なんと、そうした「波動」はやりになったのにはワケがありました。
海外からの翻訳モノでしたが、「波動」に関した「引き寄せ本」が国内で発売されたばかりだったのでした。
しかしですよ? そうした自ブログで「波動」という言葉で無理やりなこじつけをしたがって記事を書いていた多くの人達はですね、
そうした波動に関した引き寄せの「翻訳本」を読んでいるというのは押し黙ったままでした。
どういうことなのか? そう、それら翻訳本を読み、その上でバレにくいようにと、当然無理なこじつけの形でそうした「単語」は使われてしまわざるおえないわけですが、
「波動本」が出たあとに大勢の引き寄せカテに参加していたブロガーたちはバレにくいようにとあれこれ焼き直しパクリをした記事を大勢が書いていたというわけです。
これ本当のことですからね。
私が引き寄せカテから今のカテに移動したのは一昨年の暮れ頃。
それより少し前に起きた、これは現実の話です。

ブログを年中更新してゆくのは実に大変なことなんですね。
パクリや妄想話、でっちあげチャネリング、こうしたインチキをしだすのは、
記事を書くのが大変なことに気づいた人たちからやっていく傾向が実は大変に強いんです。

まあこうしたことを書いてゆくと、彼ら彼女らは警戒して、ほんの少しの間だけはおとなしくなるんですがね。
まあ中にはごまかしで抗う人もいるわけですが。
たとえばですね、「外側のオーラと内側のオーラを一致させましょう」みたいなことを売り文句にしていたとある業者さん。(オカルトを信じてしまうカモの多くいるジャンルと見込んで参入してきた素人さん。)
当ブログで、そんなオーラに外とか内だとか、いいかげんなデタラメを吹いてると言えば、
すかさず「オーラと内面を一致させましょう」と売り文句を変えて工作をしてきたわけです。
しかしですよ? オーラとは、そもそも自身の内面の反映がオーラなわけですよ。
そう、もう商売ありきの魂胆で参入してきている人たちは、こうした適当な取り繕いのデマカセぶりがひどいわけです。
私はこうして精神世界系統なりスピなりヒーリングなり、なんたらの浄化なり、つぶさに眺めているとインチキとわかるんですが、
精神世界系統に触れている人たちのかなりの割合の人達はですね、
アララ・・・ とまあ疑うこともしないで信じてしまっている人のなんと多いことか。
パワーストーンで金運だの異性運だの浄化だの幸運だのとかウソですからねって、
これだけ私は言ってきているのにいまだに信じている人もいる。
それは商売の都合がいいから売り手もそうした人造のオカルト話に乗っかっているだけなんですが、
やはりそれでもそうした商売をいまだ堂々続けている人たちを観、購入する側に立つ人もいると。

ほんとにウチにはインチキさんらも数多く読みにきています。
論をパクるとか、やろうとしている趣旨をパクるとか、(例、ちいさな一歩)
こうしたことばかりでなく、インチキだとバレにくくするにはどう回り込めばいいのか、
参考にしにきている人もいる様子。

するとですね、なんだかもう、記事を書くのをじゃあやめようか?みたいな気持ちになることもあるんですよ・・・
最近は私、あまり論を書かなくなっていませんか?
実は用心してるんです。
書けるネタは湯水のごとく湧いてきているのに、です。
大雑把なメモ書きはメモ帳に、清書前のものはTODOソフトに、かなり溜め込んでいます。
ですから、本来私は時間さえ取れればですが、記事を書くのに困ることはないわけです。
でもですよ?
私が記事にすると、それをうまく焼き直して使おうとする方のなんと多いことか。
それらがくり返され、私からあちこちに。
さらにあちこちがあちこちに絶妙に真似をされる。
こうした連鎖のお陰で、私が元祖だったのに、今や誰にも信じてもらえそうにないものが今や数多くある。
その中でもメジャーになったものは、今や「鏡の法則」と呼ばれているもの。(法則という単語部分は別の人が加えた部分ですが。)
これは16年前にCuteGirlsJapanという、私が運営していたサイトのサブコンテンツとして書き始めた、
「上を向いて歩こう」の中で唱えだしたもの。
私が書いた当時以前はですね、もう今や誰もそのころのごくあたりまえな概念を覚えていないかもしれませんが、
性格も生い立ちも何から何まで、すべてが違う、まったくの他人を「鏡」とみてとらえるのは異端だったんです。
今でこそ鏡の法則という名前で浸透してしまったので、他人は鏡なのだとすっかり思い込んでしまっている人も大勢いるわけですが。
(以前の記事、 http://firstdoor.jugem.jp/?eid=454  これの空白部分を反転させて読んでみてください。白背景に白文字で書いてありますが反転させれば読めます。 )


で、脱線しましたので話を戻しますが、
ナゼ多くのスピなり精神世界系統の人たちは人のものをパクったり焼き直しパクリなどで歪曲した形でバレにくくしつつも使いたがるのか?
それはですね、偽霊能者、偽ヒーラー、偽チャネラー、偽浄霊家、
こうしたものは口八丁で誰でもなれるんです。
何しろ偽ですから。
そう、能力があるフリをするだけなら誰でもなれるんです。
所がですよ? 論だけは自前で用意できないんですよ。
なので他人のものを盗むんです。
あらゆるジャンル、カテゴリーの中で、霊能やスピ系のジャンルがもっともパクリが多くなってしまう理由がここにあるんです。
まあこれは仮にですよ? 能力だけはごく一部のものだけはたしかに修行で手に入れる事はある程度はできます。
それは天眼通だったり他心通ですね。
他心通はおおまかにわけて4つに分かれているので記事、「他神通力について」を参照されたし。
天眼通はですね、たしかに遠くの様子を観る事ができはしますが、
よく、イイカゲン霊能者が吹くような、過去世をみてるだとか未来を透視してるだとか、
それこそいいかげんなヨタでしかありません。
現実の肉眼は「今」を見つめているわけですね?
なぜ天眼だと過去世を観てますだのとお客に平気でなんの論拠もないことを言えるのか?
もうこうしたあたりからデマカセなんだと気づくべきです。(天眼で見れるようになっても、磨き切らない、極めきっていない、自在に制御もできないうちは肉眼と同じく「今」しか観れていないのですから。)
私は体調の良い時は天眼通を使えることがありますが、自由自在に使えるわけではありませんから霊能力者ではありません。
もしもですよ?その天眼通で過去世を観れるのだとしても、
最低限自由自在にいつでも能力を発現できる位の完成度でなければならないはずです。
これは過去世を天眼で観れると言いはる方がいるのならですが。
なら、その大前提が完成されており、自在に制御できるほどに天眼が使えるのなら、
過去世すらも天眼通で観れる位に天眼通が磨かれているのなら、

目の前のダンボール箱に隠した品物の色や形、正体を言い当ててみろと私は言いたい。
過去世が観れると言い張る商売は最近は廃れましたけど、
もしまだ居るようならぜひ証明をしてもらいましょう。(チャネリングの真贋の見分け方もこれと同じ方法でいい。)

遠隔ヒーリングで10分千円とかボッタクる悪質な人たちはいまだにはびこっているようですが、
そうした人たちにもぜひ、不治の病に苦しむ人たちを完治させてもらいましょう。
実際は思い込みによる、プラシーボ効果程度の、一時的な改善くらいにしかなっていないのに、
10分で千円もとるとかどんだけですか。
素直に医者に通った方が遥かにいい。

 私の記事で何かしらよいものがあると思われる方、
どうぞよろしくお願いをします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
人気ブログランキングへ
精神世界
ちいさな一歩特設サイトへ
「ちいさな一歩」特設サイトはこちらをクリック


コメントにて感想歓迎です




愛上王さん、おはようございます。
お忙しそうですが、お元気そうで何よりです。

目に見えない世界は文字通り目に見えませんから、モニター向こうの現実が分からないネットだからこそ騙しやすいのです。
リアルでは怪しい集会やセミナーをやっていたら近付かない人でも、ネットなら簡単にアクセスし情報を得ることができます。
さらに、ネットで得た情報を自己解釈し、自分の考えとして拡散できます。
現在多くの人がネットで得た情報は無料だと思っていますので、パクリをやっている本人はパクリとは認識していないとすら感じます。
名前の出ている方々は確信的にパクっているとは思いますが、素直に信じる人(信者さん)たちがいる限りパクリをやめることも認めることもないと思います。

愛上王さんは本物の霊能者が存在すると仰いますが、普通の人は本物と偽者の区別をつけることが難しいのです。
本物の霊能者に助けてもらいたいと思う普通の人たちがいなくならない限り、偽者はいくらでも現れます。
こちらで偽霊能者の見分け方を公開すると、それを見て対策する偽霊能者が出てくるので、いたちごっこなのですね。

個人レベルでできることは、パクられるのを前提で広まってもいい情報だけを発信することだと思います。
失礼なコメントだったかもしれませんが、愛上王さんに気持ちが少しは伝わっていると嬉しいです。
| げたんは | 2012/07/03 09:25 |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2012/07/03 22:41 |
げたんはさんこんばんは。 毎度。

お返事はただ今記事にしていますのでお待ちを。





それと、別の方、こばさん、

的はずれなことばかり書かれていますね。
書かれたこと、まずはご自身に当てはまってはいませんか?

あなたは批判以下の罵倒文しか書けないんですね。
そうした方は私の記事を読んでいただかなくて結構ですよ。
こばさんは以降はお断りをしますね。
| 愛上王 | 2012/07/03 23:14 |
初めてコメントいたします。そしていつも興味深く読ませて頂いてます。私も去年の暮れからブログランキングに参加しているのですが、最近私も自分のブログの内容が時たまパクられているのではないかという疑惑を持ち始めました。愛上王さんがパクられたような、”まるっきりコピー”ではないのですが、私が文章で使ったキーワードとなる言葉を、後にその方は自分のブログで使っていたのです。最初に見つけた時は、たまたま偶然に同じ言葉を使ったのに過ぎないだろうと思いましたが、3度程、言葉やアイデア、または言い回しを盗まれ、功名に彼の文章に組み込んで使われていました。その方はブログを毎日更新することを信条としているそうですが、愛上王さんが言われるように、内容のある文章、論を書くのはとても時間がかかるし大変だと言う事に、自分もブログを書いてみて実感しています。そういう方々はワークショップやセミナーなどを開くのを生業にしている方が多く、集客に必死なのだろうと思います。それで食べていくのですから、形振り構わずなんですね。パクられ続けている愛上王さんの書く気も失せる気持ち、お察しします。オリジナルが最後には生き残りることを信じて、これからも良い記事を書き続けてください。応援しています。
| たま | 2012/07/04 07:37 |
たまさんこんばんは。 お初です。

同じ方に復数をパクられている気配があるわけですね?
ならほぼ間違いなくやられていますね。
犯罪者っていうのはですね、
一度何かうまくいったと思う経験は習慣化、
そう、クセになるんですよ。
だから何度もやるんです。
彼ら彼女らはそうして麻痺してしまうんですね。
それらがバレてしまっても止まらないのはそういうことです。

で、その問題のパクられているフシのある、たまさんのブログの該当記事と、
その不審者のブログのあやしい記事復数、
もしよろしければ明かしては頂けませんか?

「やり方、対処の仕方、そうしたものは私がよく熟知してますし。」

それと、応援ありがとうです。
| 愛上王 | 2012/07/04 23:28 |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2012/07/06 12:46 |
たまさんこんばんは。 毎度。

ご希望通り非公開にしておきましたが、
非常に残念ですね。
内容をもし広く明かせたなら、
どれだけ精神世界系統のブログやサイトにパクリが横行してるのか、広く大勢の人たちに垣間見てもらえるのに。

たまさんのヤラれたパクリのタイプは私もよくやられるタイプのものです。
結論から言ってですね、
その複数パクられてしまっているんじゃないかというものですけど、
読んでみましたが、
まず間違いなく彼は確信犯です。

時にほぼ直接表現であったり、
時に微妙に焼き回して表現を変えていたりするもの、
そうしたものが複数出てきていますし、
パクリ関連で偶然の一致じゃないのかと思い込みたがる人も確かに一部いたりもしますけども、
なによりそうした人たちが見落としがちなのはですね、
オリジナル本人の必ず後に、そうした似たようにみえるものが書かれているという点ですね。
しかも大抵複数ですが。

偶然の一致で済ましたいパクった本人や、
周囲の目というものはですね、
意外にそうした逃れようもない事実を軽視してしまっているんですね。

今後、他にもまだまだパクられているものが出てくるかもしれませんし、
今後もパクってくるかもしれません。
ですのでご自分の記事と相手の様子ですが、
冷静にチェックしておいたほうがいいかもしれません。
また今後何かそうしたものが出てきたなら、
ぜひ私にも教えてください。
| 愛上王 | 2012/07/07 00:48 |
私が提示したパクリ疑惑を検証して頂き、ありがとうございました。パクられたことが私の勘違いではなかった事が分かって、悶々としていた気持ちが払拭できました。
ご期待にそえず非公開ですみません。例の疑惑の方は習慣的なパクリを除けば、彼の商売は”欺師”までには到っていないと受け取れますので、名指しするのはちょっと酷なのではないかと思い、非公開をお願いしました。それと自己防衛的な気持ちも正直入っています。何しろ私はランキング新参者ですし、アクセス数も大した事ありません。それに比べ、彼にはファンの方も沢山いらっしゃるようですし、攻撃でもされたら、微力の私では太刀打ちできませんので。
愛上王さんのアドバイス通りに、今後も相手の記事をチェックしていきます。そして又パクリの記事が出て来たらお知らせします。
| たま | 2012/07/08 09:11 |
たまさんこんばんは。 毎度。
その方は今後も要注意ですが、
放置のような形になってしまうとですね、
その方は今後も益々そうしたことをしていってしまいます。
他の方も被害に遭われるということです。

なので記事本文中に読みに来ている事を知っていることを「匂わせる」ことをおすすめします。
| 愛上王 | 2012/07/08 23:04 |
非情に興味深い記事だと思いました。
スピリチュアル系のブログを読んだ時に、よく「嫌悪感」を感じます。

「理解してもいないことを、知ったかぶり、似た者同士でお世辞を言い合い、自己承認感を得たがっている」かのような、不思議ちゃん達の甘い心根を感じることがよくあります。
そこに「あわよくば、商売として金を儲けよう」と欲が加わった人達に関しては「インチキさんたちの心情の分析」に書かれているような感じなのでしょうね。
ですが、別に欲があるわけでもなく「自己承認感が得たいだけ」という人達もいると思います。

基本的に、読者に嫌悪感を起こさせない読みやすい記事というのは「悟りに近づいている、優れた私」「悟りにほど遠い、劣った貴方」などという視点を読者に降り掛けない文章なのだと思います。

私はスピリチュアルという商売自体が「有益なプラシーボ効果を生じさせるナラティブ」を「商品」とした「マルチ商法」だと思っています。

スピリチュアル系の記事などは、「本人の自問自答」が一番読みやすいし、「色んな人が色んなことで悩んでいるのだな」と読者側も好感が持てる。
読者側も優しい気持ちが引き出される。

私は霊感などというものは全部インチキだと思っています。
なのでスピリチュアルの記事の価値は「優しい気持ちを喚起させてくれるか否か」で測るものだと思っています。
| 繭玉 | 2012/07/10 16:21 |
繭玉さんこんばんは。 お初です。

言われる所、よくわかります。
ただですね、その、優しい気持ちを喚起させるうんぬんはですね、
それをはなから狙っている方も中にはいるんですよ。
なのでそうしたものもあまりアテにしないほうがいいかもですね。
| 愛上王 | 2012/07/11 23:03 |