ゆとり教育は人類二極化の実験か

JUGEMテーマ:スピリチュアル
ブログパーツ

 ゆとり教育は人類二極化の実験か

 ゆとり教育は昭和52年頃から徐々にはじまっていたとされていますが、
本格的なゆとり教育のスタートは公立学校での1992年9月から第二土曜日が休日になったあたりからが本格的なスタートと言えるでしょう。

1995年度から第四土曜日も。
2002年度からは全ての土曜日が休みとなりました。

さてここで注目をして欲しいのは、
以前の記事であります、甘いお菓子 「光と闇の戦い」続編 http://firstdoor.jugem.jp/?eid=216
の中で、ヒトラーが存命中にしたとされる予言の中身です。
今回一部を抜粋し、注目に値すると思われる箇所を強調しておきます。


50年後の1989年から、人類は二極化する。
すべてを操り、他を支配する、非常に少数の者達。
すべてを操られ、他に従属する、非常に多数の者達。
こうして、人類は、完全に、2つに分かれる。
天と地のように、進化か、退化か、選ばされる。
一方は、限りなく神に近いもの、神人に近づくが、
他方は、限りなく獣に近いもの、獣人に近づくのだ。
一方、獣人は、それに従って、生きるだけだ。
これは、ある意味、とても気楽な身分と言える。
戦争も気候も経済も、神人に制御されているため、
神人が許す限り、彼らは、多くのものを与えられる。
食物、住居、職業、娯楽、恋愛、時には、思想さえも。
機械人間は、支配されている事を、意識出来ない。
彼らは、自分で選択していると、思い込んでしまう。
しかし、実際は、家畜のように、神人に飼われている。
大衆という名の無知な奴隷、永遠の未成年者集団。
そして、彼らの上には、特殊な能力を持つ貴族階級。
このように、闘争により、新しい身分制度が成立する。
これらについては、東方が、巨大な実験場となるだろう


永遠の未成年とは、大人になれない者のことだ。
無論、そんなものは、正常な社会では有り得ない。
そうなる背景には、甘やかされた異常な社会がある。
大人になれない親に、ペットのように育てられるため、
たとえ、年を取っても、大人に成り切れない、のである。



このような、永遠の未成年者が現われる一方で、
幼少から、大人の理性と感性を持つ人間が現れる。
彼らは、胎児の時から、そうなるように教育される。
5つか6つで、彼らは、一人前の分別と感覚を備えて、
13、14歳にもなれば、並の大人を指揮する力を持つ。
(一人前の分別とあるが、少なくとも堕落の六項目に当てはまる人々でないのは理解できると思う。)

つまり、これは、両極端になる、ということだ。
肉体は大人でも、精神が幼児に止まるグループと、
身体は成長期でも、精神が大人を超えるグループと。

しかも、このことは、人間の発育だけに限らなくなる。

人類と社会、すべてのものが、両極端に分かれる。
例えば、資本、一方は、有り余るほどの資本を持ち、
止まりを知らず、豊かに肥える、貴族の階級が現れる。

他方、絶対に向上できない、未熟な連中も現れる。
支配者達が、笑えと言えば笑い、戦えと言えば戦う、
無知なる大衆、新型の奴隷、永遠の子供が増えていく。





段階的ではありましたが、ゆとり教育が本格的にスタートしたと捕らえることが出来るのは土曜日も休日と取り入れられた1992年ではありますが、
それ以前からゆとり教育導入に際して準備をされてきたわけであり、
1989年という数字が正確か否かは確かではありませんが、
これは日本で実施されたゆとり教育を指しているもののようです。
東方が巨大な実験場とある通り、日本は西か東かと言えば東洋に属し、人口の面からも巨大な実験場という比喩は的を得たものと言えるからです。
この、実験場という言葉が示す通り、
日本で行われたゆとり教育は支配する側らである少数の者らが臨床的な意味合いで実験として行ったものと言えるかもしれません。
ゆとり教育世代はあまりいいように言われてはいないことを私も知ってはいます。
ですが、風評にあがっている人たちらばかりでないのもよく知っています。
しかし確かに、世間で言われる所の部分を包容した世代の人たちも結果として数多くおりますから、
そうした観点から言えば、確かにこれは一種の実験であったようにも思えますし、
実験の成果であったのかもしれません。

 私の記事で何かしらよいものがあると思われる方、
どうぞよろしくお願いをします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
人気ブログランキングへ
精神世界
ちいさな一歩特設サイトへ
「ちいさな一歩」特設サイトはこちらをクリック


コメントにて感想歓迎です




こんにちは、初めまして。私もそう思います。私自身も悔しいですが、人智を超えた存在、それを無自覚に支える人々、それらは私自身と、世間の風潮を通して信じております。
なにより先ず、自分を通しての鮮明にそれを信じさせられます。そう、未成年というフレーズが響きわたる…
先輩世代が理解できないと嘆かれる度に私は、今後の世界がヒトラー言葉  になっていく気がするのです。
しょうもない言葉で飾ってしまいましたが(^^) 面白い話ですよね! よかったらもっとお話聞かせて下さい。
| 永遠の未成年者からの解放 | 2014/03/23 17:17 |