公開お返事や普段言えない話


 公開お返事や普段言えない話

 今日は頂いたコメントへ公開お返事です。

○○さんこんばんは、毎度です。

ぶりかえし? そんなことないですよ。
そもそも終了してないじゃないですか。
被害者抑制は当ブログのコンテンツの一つですからね。
あの方の、「神のメッセージ」かのような文が、実は創作である目立つしるしがいくつも出てきた以上、
終わることはありませんし。

話は脇にずれますが、あの方の決意表明というのはですね、
信者さんもその「決意」に右に倣えというメッセージでもあるんですよ。
単に私のブログを読みに行くなと言うよりも、「決意」として自身が読みに行かないのだから、
あなたたちも特に何も言わなくともわかるでしょう? といったような響きが込められているよう感じます。
するとどうでしょう? 創作のしるしが具体的に指摘されている記事とか、目を通す人は着実に減らせると。
そしてまた、自分は終了宣言してるのに あの人はまだやってるよとも言えてしまえると。
相手を悪印象で染めるのもしやすいのではなかろうかと思います。
とまあ色々と、こうして観察をしてみますと、そうした面では知恵が回るというか、賢いのかもしれませんね。
ボロさえ出しまくらなければ、ちょっかいを出されさえしなければ、私は忙しいのもありましたし、
いつまでも気づかなかっただろうにと思います。



さて話を戻しまして、
画面の右の方と言うと、「上を向いて歩こう」の一部抜粋記事ですね。
そのうちまた他のものも再公開するかもしれません。
もっとも、あの原稿群はですね、書いてはすぐにサイト上でどなたにも読めるようにかなり長い年月の間公開してきていましたが、
元々は書籍化を計画しているものなんですよ。
出版社への企画の持ち込みを怠って、またもや数年が経ってしまいましたが、(校正し直しが遅れているからですが。)
校正をしてまた持ち込みをしてみようかと考えています。
まあもしくはですね、今のこの時代ですから、いきなり紙媒体でなく、はじめは電子書籍でもいいかもしれませんね。
幾ばくかでもそれが収入になったならですが、
働けない体の人たちとか、生活に困ってる人とかが食べてゆけるような、そんな施設を作りたいとずっと考えてきました。
するとどうしても畑や田んぼだって必要になるでしょうし、
そのためにもどうしてもお金は必要になるだろうと考えています。
書き始めた当初から数えると、書籍化を考えはじめて既に17年もの歳月が経ってしまいましたが。
できたらですね、寄付金などでなく、できるだけ自分で稼いでそこから始めたいと思ってきたのですよ。
なので私は一部の人たちには勘違いされているかもしれませんけど、商売そのものを否定してる人間ではないんですよ。
とは言え、スピグッズのようなもので商売するつもりはもちろんありません。
「ちいさな一歩」の方で展開してゆく予定の、霊性や精神性向上の無料セミナーはですね、
これは私が日頃書いてきた「上を向いて歩こう」がベースになると思います。
基本的にもちろん無料ですが、何かの媒体化する時には、またまったく別の機会になろうかと思いますけど、
その時は書籍化などもありえるかもしれないですね。
しかしまあ、「ちいさな一歩」にご参加される方には無料で読めるようにしてゆきます。
内容は当ブログで一部触れています霊性や精神性といった魂の向上を目指したものになります。
しかし普段記事やら何やら校正もしなくちゃいけないとか、色々ありすぎて中々書き進まないのですがね。
このおおよその内容については時間が取れたときにでもおおまかにまとめてみたいと思います。
さて、その働けない人たちや生活の苦しい人たちへの支援をしてゆく施設作りですが、
以前からこうした畑やら田んぼやらが必要となるものを作りたくて仕方がありませんでした。
このあたりのことは10年以上前から、古くからの私の日記サイトで時折書いてもきましたし、
このブログでもその部分転載はしてきています。 (記事、「ことはじめと展望」http://firstdoor.jugem.jp/?eid=155 )
しかし私はもしかしたら意固地になりすぎていたのかもしれません。
どうしても自分が汗水垂らして得た金銭で始めたいという風に。
とは言え、だから寄付金を集めようと初っ端から考えてはいけないんです。
いけないんですよ!
もしできるなら、はじめはゆるやかであろうと自分で稼いだ金がいいと。
人に出してくれと言うのは簡単です。
何しろそれは「クチだけ」なわけですから。
私は以前に小さいながらも商売をしていたことがありましたが、
職がなく、住まいもなく、着の身着のままの年配のちょいワル風なおじさんに
色々なことをせがまれたことがありました。
その方は私に向かってなんべんも「信用してくれ!」
こればかりしか言わないわけです。
部屋を用意し、二ヶ月位は生活できる程度の金銭もまわしました。
でもですよ、口だけで信用してくれと言う人はやはり信用のおけない人でしたね。
もちろん私は感謝をされたくてしたわけではありませんでしたが、
感謝どころか平然と裏切る人でしたね。
この時はいい勉強になったわけでしたが。

なので口先で信用させたがる人はそういうクセがついており、
中々実行動で信頼を得ようとはしませんし、
むしろ口先で信用をしてくれるのならうまく騙してしまおうくらいの人たちも多いと普段感じています。

以前、営業マンをしてたころ、同僚たちとあちこち営業にゆきました。
その時車内で街角の募金活動の話題があがったことがありました。
その時は募金の中でも、あの、恵まれない人たちへと称した、募金箱を手にして迫って来るあの方たちの話題でしたが、
あの方たちは、集めた募金でその日の自分たちの食事をまかなっているらしいと同僚が話してくれました、
まあいったいそれがどれだけ信憑性のある話なのかは不明ではありますがね。
しかしですよ、もし本当にその恵まれない人たちへ届くのではなく、
自分たち募金活動をしている人たちの食事代で消えてしまうのなら、
皆さんならどう思われます?
いやいや、そうした募金活動をする人たちがいるからこそ、
募金も集まるのだし、食事代はそこからであって当然ではないかと思われる方もいっぱいおられるかもしれませんね。
確かにそれも有意義なのだろうとは思います。
でも募金で集めたお金って、要するに寄付金なんですよ?
もし本当に誰か恵まれない人達の為に役立ちたい、そういう想いから募金活動をしているのなら、
なぜまずは自分たちが汗水垂らして得た金銭で役立てようとはしないのか。
せっかく集まった寄付金を目減りさせていいものなのか?
もし本当に善意からの行動であるなら、集めた寄付金を食事代に充ててはいけないだろうと。
そういう議論が車内で同僚たちとの間であったのでした。
この時のことはもう随分と経ちますけれど、
この時の記憶が今でも私の中にあるんですね。
なので何か善意で始めるものであっても、それが何か人々のお役に立てるものであれ、
自分が稼いだ金銭から始めたいと強く思うわけなんですね。
しかしじゃあ寄付金が不正なのかとか悪なのかと言えばそうじゃないわけです。
こうした問題っていうのは本当に難しいのだと思います。
誰か善意の人達の好意を裏切る真似をしてしまう人そうじゃない人、
世の中には色んな人が沢山いるわけですよ。


しかしやはり私は、
なぜまずは自分が汗水垂らして得た金銭で役立てようとはしないのか。
こういう気持ちが強すぎたのはあるかもしれません。
自分が書いてきたものを書籍化するのは中々大変です。
何かしら収入手段を考えたいと思います。




しかしここでフト思うわけです。
こんな記事をあげてしまうと、
スピだの霊能だのと言ってる人たちが寄付金詐欺でもしたがるのではないかと。
人の話を聞いてなんでも真似をしたがる方というのはいるものですからね。


さて、そんなこんなでありまして、
原稿の校正もしてゆかなくちゃ書籍化だってできません。
私が以前と比べて記事をあげてゆくペースがこうして落ちていますのは
そうしたことへの時間を充ててゆくためでもあるんです。
ですので記事更新に間が空くこともあるかもしれませんが、
皆様なにとぞ宜しくお願いします。




今日は他にも普段は言えない話と称して記事を書いたものがあるんですが、
それは明日以降にでもUPしますね。

 私の記事で何かしらよいものがあると思われる方、
どうぞよろしくお願いをします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
人気ブログランキングへ
精神世界
ちいさな一歩特設サイトへ
「ちいさな一歩」特設サイトはこちらをクリック


コメントにて感想歓迎です


ブログパーツ
JUGEMテーマ:スピリチュアル


イチバン難しいテーマですね。初見で見抜ければ、面接官も苦労しないでしょうし、学歴が薬大卒業で、SEの仕事してて、まさかHappyの反意語が
tearsと平気で書くような人って(笑)
ちなみに私、高卒です

誰が困ってるのかってなれば、誰しも困っているのだけれど、明日の生活をも知れない方優先は賛成です。


皆様、お休みなさいませ


| あい | 2013/02/02 01:15 |
愛上王さん、こんにちは。

リ★ーさんのブログについてのコメントはもうしないと思っていたのですが、一言だけ?言わせてください(T-T)

あちらのブログに、ある読者の方に向けて大事なコメントを何度か入れたのですが、一向に公開してもらえません。

ブログ主の選んだものしか公開されないとはいえ、やはり、自分に都合のいい流れになるコメントしか公開しない方のようです。

愛上王さんの記事のサイ☆パスについて読むと、まさにあの方のことですね…。

あちらのコメント欄を読んでると、根拠も検証もなく、あまりに盲目的に信じ込んでいらっしゃる方が多いので気の毒になります。

っていうか、自分の信者のコメントしか公開されないので、他の方の意見は分かりませんが。

愛上王さんは送られてきたコメント一つ一つに丁寧に真摯に理路整然と答えていらっしゃるところが、あの方と全く違って、愛にあふれる行動だなぁ~!と思います。

あの方の、神様と繋がっているなどというおためごかし……愛など入ってません。

あちらのブログでは、正直な意見を入れたら『攻撃』か『不満』、そして『心ないコメント』と言われます。

むしろ心があるから正直な気持ちを書いているのに。

そして、美*さんのときはあれほど執拗に記事にされてたのに、愛上王さんの『背後にいるもの』については言及されず、放棄されました。

そんなものは最初からいないのだし、歩が悪いと判断されたからでしょう。


私自身、子供の頃から不思議な体験満載の人生でしたが、スピ業界にはもううんざりです。

愛上王さんのブログに出会えて、いろんな有益な情報を知ることができ、とても良かったと思ってます。

これからも“愛のレッスン”についての記事、読ませていただきます。

愛上王さん、私の情けないグチコメント(ごめんなさい)読んでくださってありがとうございました(-_-)




| ヨシツネ | 2013/02/02 14:26 |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2013/02/02 23:44 |
愛上王さん
こんにちは。お初です。
自分は昨年10月くらいから、リ☆ー氏のブログを読んでいた者です。
当初は、大方のブログとは正反対の切り口で、面白かったんですが、ここ最近は気味悪いので完璧否定派です。
新興宗教の教祖気取りですね。
こちらのヨシツネさんも書いてあるように、彼女のブログはコメントが承認制なんですが、自分を引き立てる内容のコメントしか載せない。かと思えば、いきなり自分に否定的なコメントをのせて、他の読者に「そんなことはないです!リ☆ーさんを応援します!」的な空気をもり立てる。

まぁ、何通かは自作自演があるかもしれませんね。
盲信的で情弱な信者を誘導するのは上手ですね。

「この人、おかしい」って思い出したのは、自分が写っている写真に「光の玉」や「レインボー」が写っているので凄いでしょ?って書いた記事からでした。
その写真って、逆光で写っているんですよ。ハレーションや「レンズの虹色ゴースト」なんです。
それ以来、疑って読んでいましたら、他のブロガーさんに喧嘩を売る始末。
美○さんのブログに対しては、嫌がらせとしか見えない別ブログを立ち上げ。
そのせいで、美○さんのブログはブログ村辞めちゃいましたね。


「幸せの’祈カウンセリング’」っていう(いまは、放置)のブログもあって、90分3万円で「アセンションエネルギー調整」ってのもやっていたみたいです。

本当に「お金が大好き」なんでしょうね。

ブログランキングで2位だからっていい気になって、新参者のくせに無礼な振る舞いをするのをみていると、腹が立ちます。
| ミドレンジャー | 2013/02/03 09:45 |
あいさんこんばんは、毎度です。
そうなんですよね、すごく難しいんですよこういうのって。
数年前にですけど、そういった趣旨で商売を始めようかと思った時期もあったんですが、結局は前に進めませんでしたねぇ・・・



ヨシツネさんこんばんは、毎度です。
その公開非公開についてはですけど、
うちでも一部は公開しないのもありますけどね。
そういうのは話にスジが通っていないものだったり、
感情論なんかですかね。
感情論でうまくねじ曲げようって人とかは相手にしてしまうとろくなことにならないので。
なのでこういうのはルールに定めてあるんですね。

私の背後ですか。 何かそういう話でてたんですかね?
まあでもですよ、何でもかんでも感情的に暴れたいのなら、
私の立場としては実は歓迎なんですよ。
だってその様子から益々浮き彫りになるわけですからね。



トオリスガリさんこんばんは、非公開希望了解です。
今回はまた沢山情報を頂きありがとうございます。
そうなんですよ、周囲でもなにやら無理のある援護をしている気配を感じていたのでおかしいなとは
薄々感じてはいたんですが、やはりそういうことでしたか。
まあ今回の様子に便乗してる素人さんなんかもいるようですけど、
あの方も自分がチキインなんだって見透かされているのによくでてくるなあと関心しております。
A氏周りはどうなんでしょうね? 懐疑心の薄い、よく言えば純真な人たちも多かったとは思うので、
また振り回されているのかもしれませんね。

その、怖いような楽しみなような の部分ですけど、
あの方は目先ばかりで解ってないんですよね。
この先精神世界系統で、A氏の時のように、歴史に残るような姿を過去、今、これからと刻んでいってしまうのを。
顛末は創作の矛盾でボロがでたので言わずもがなですよ。
盲信してる人たちよりもですよ、そういう矛盾にすぐ気がつく人のほうが世の中圧倒的に多いわけですからね。

様々なコメントが集まることによって人々が考えるよい機会になっているという意見、
もっともですね。 なので私はこうした事が浮き彫りになって、多少のお祭り状態になるのは悪いことではないと思うのです。



ミドレンジャーさんこんばんは、お初です。
コメントの自作自演ですか、そういうのはありえるかもですね。
以前にパクりまくってくれた小杉女史という方がいたんですが、
その方などは自作自演丸出しの自己弁護コメントが凄かったですからね。
その方の場合はイーモバイルと一般回線の使い分けでしたけどね。
まあコメントの文の癖や思考の傾向から同一人物ってバレちゃうものですからねえ。
その光の玉って、オーブとかのあれですね。
あれらは科学的にも霊とは無関係ととっくに答えが出ているんですよね。
ウチの記事でも扱った記憶があります。
オーブの正体 http://firstdoor.jugem.jp/?eid=206
なんたらかんたらカウンセリング90分で3万円ですか・・・
やはりそうですか、口先だけで金になる商売に目を付けたがる人だなあと思っていたらやはりそうでしたか。

| 愛上王 | 2013/02/03 22:12 |