読者コメントのお返事


 読者コメントのお返事

 今回は、
「願望成就、引き寄せに必要なもの 愛の念は徳のエネルギー」の中でコメントを頂きましたのでこの場をお借りしまして、おおざっぱではありますが、お返事とさせて頂きます。

コメントの内容は主に、なぜ盗作をそうまで気にするのか、真理が世に広まれば喜びではないのか?
こうした内容でしたが、 再度になりますが、まず以下の記事に目を通されてみてください。

スピという言葉は好きではありません
http://firstdoor.jugem.jp/?eid=32

ご意見に対しここで返答します
http://firstdoor.jugem.jp/?eid=468

上記の記事の、2007/1/10の日記内で指している人物が誰なのか、
名指しができるならどれだけ気が休まることか。


愛上王について
http://firstdoor.jugem.jp/?eid=224

私がこれまで書いてきたものを、まるで何にでも常識かのように思い込まれる方もいますけど、
私の書いてきたものの中で、古からすでにあったであろうものは、カルマくらいしか思い当たらないんですよ。
そのカルマ論すらも、因果応報という言葉を知っていた程度であって、決して本や人から教わって身につけたものではないんです。



話はまったく変わりまして、
少し小休憩ですが、なんだかお腹が減ってきましたね、
はなみずきさんは自宅で焼肉を召し上がることもあろうかと思います、
私なぞはもう大昔に食べたきりでいつのことだかさっぱり覚えていない有様ですが、
一つお聞きしてみたいことがあります、焼肉のタレは何がお好きですかね?日本食研の晩餐館が好きな人もおれば、
モランボンがいいと言う方もおられますよね。
まだ他にもあったような気がしますが、まあそのへんはどうでもいいですかね。






さて、話を戻しまして、M原さんはご存知でしょうか?
大震災を予言し、当てたということになっている方。
あの方のその予言部分の記事は、2011/3/12に、2月の記事に上書きした証拠があるんですが、(物理的な証拠です。 近日、アドレス整理をした後に再度探します。)
あの方の普段の予言や日々の記事の大元となっている、予言が盗作されまくっているサイトを知っています。
その方とは何かの縁なのか、以前から親交がありましたので、被害の状況も教えて頂き、双方の数多くある記事を比較検証もしました。
結果クロでしたし、私自身もある時自分の記事を翌日瞬く間に盗作をされたことを記事にした記憶があります。
その方が普段パクっているのは、その盗作被害者とこの私にはバレている。 その方はそれを承知で、そう、発覚後ですらですが、やめる気配もなく盗作被害者とこの私の記事を大胆にもパクられる。
犯罪がバレていながらも堂々とまたもパクりにくるわけですよ。
その神経はまったく理解ができません。
それは置いておいてですが、そうした寄せ集めのパッチワークで造られたサイトを会員制にし、年に数千円の徴収もされていると。
これ、どう思います? 騙されている人はその会費で健全な何かに使われるのだと信じている。
実際は絵に書いた餅で、役所等に話をつけてあるだのなんだの、実は何から何までもがデタラメだとバレてしまったようなんですが、
(2CHにその経緯を調べた方らの書き込みが残っていますので興味ある方は調べてみるといいかもしれませんね。)
M原さんはやめる気配はみえませんね。


他には、メニュー内に「偽霊能者 被害回想録」を被害に遭われた方から寄稿して頂いていますのでまずはぜひ目を通してみてください。
その女性偽霊能者が普段どうやって霊能者然と振舞っているのか、あちこちからかき集めたパクリで人前で霊能者然としていたのがよくわかると思います。



はなみずきさんはこう言われる。
>普通に公開して共有してもらいたいとは思われませんか?自分の記事で他人が儲けようが、結果として人が救われたらそれで嬉しいとは感じられないのでしょうか?

これまで、10年以上もそうし続けてきたんですよ。 書いたものは即全部公開していたんです。
はなみずきさんが言われるのと全く同じよう考えてです。
しかし、気づくのが遅すぎましたが、私は認知してもらわねばなりません。
盗作をされてきた側であったということを。
でないと逆に、盗作していった人らの真似扱いをされる恐れがあるんです。
そしてもしそうなれば、事実なったこともありましたが、
神に誓った作業を完遂することができなくなってしまう。
このあたりに関しては再度以下の記事に目を通してみてください。

ご意見に対しここで返答します
http://firstdoor.jugem.jp/?eid=468


ハイヤーセルフだのチャネリングだのですね、出来もしないのにあちこちからのつぎはぎで装っている方があちこちおられますけど、
そうした方はメディアなどで有名になったスピカウンセラーなどの二番煎じを狙っている方が非常に多いんですよ。
能力も論もなくても、うまく装ったりつぎはぎでかき集めながら、神やハイヤーセルフなどと会話ができるフリをし、メディアに出て二番煎じで金儲けしようというですね。
そうした企みのために利用されるのはまっぴらごめんなんですよ。 歪曲されて誤った知識が植え込まれているケースも見てきましたし、
なによりカルト化で盲信者を増やして不幸な人を作るのも本意ではないんです。
真理が世に広まったと思えばいいではないか、それは喜びではないのか? たしかにそうした意見の方もいますけど、でもですね、実に言いにくいですけど、
楽観視しすぎなんです。 正直言います、それってモノの見方が偏っているんです。 
論というのは、さも本物かのように振舞うのに悪用できるんです。 悪用されることによってカルトや偽霊能者に人生をボロボロにされている人もいっぱいいるんですよ。
そうした偽の人々の悪行に力を貸すために書いてきているわけではないんですよ。 それは喜びとは言いません。
被害回想録の中の女性偽霊能者もあちこちを読みあさってかき集めていた様子がありましたけど、
人のものを読んで先生ぶりたいとかそうした者に成りたがるとか、本末転倒なんです。
それは生徒が先生のフリをして教えたがるものだからです。
パクリですから歪曲もかなりのものですが、本来、こうしたジャンルの真理なりを説く人とは、そうした背伸びをして成りたがるものではないはずです。
またつっこみがあるといけないので先回りしておきますけど、
この私は成りたくてなったわけではないんです。
ご意見に対しここで返答します か、もしくは愛上王について  を再度読まれてみてください。
付け加えておきますけど、私はスピものと呼ばれるいわゆるデータモノは読んできていないんです。
(そもそも私はスピもののつもりで文章を書き始めたわけではありませんけどね。 現代スピが流行りだす前から書き始めたわけですから。)
私が読むのは半生記とか自叙伝といった生の人生のドラマなんです。
だからこそですが、私は精神世界系統なりスピと呼ばれる中での単語、言葉をよく知らないんです。
私は何かを読みふけりながら、オリジナルソックリになるのを微妙に避けたりしながらやるような焼き直し文章、モドキモノを書いてきているわけではないんです。
ではどうして文章が書けるのか? 私の過去の文章の中で重要な部分のそのほとんどは年末年始の見性時に書き上げてきたものがほとんどですが、(このあたりのことは過去日記に目を通してもらうしかありませんが。)
そうして私の基本ベース、基本概念と言い換えてもいいですが、すでに出来上がっているんです。
私の「見性」は安定しているわけではありませんから、もちろん程度としてはまだまだ低いながらもですね、
見性という、私の場合はせいぜい年に数日ですが、この悟りの状態の時に基本的なベースを書き上げてきたんですよ。
このことは以前にもどれかの記事で触れた記憶がありますが、あえて普段はあまり口にはしないようにしているんです。
それはですね、何にでも嫉妬を起こす人っているからなんです。(事実粘着されましたので。)

たとえば今回コメントを頂いた記事であります、「願望成就、引き寄せに必要なもの 愛の念は徳のエネルギー」の中で、
ありがとうをツールに使いたがる人達の様子を知り、スルスルとその場でその論の要となる論拠根拠や矛盾、こうしたものが湧き出てきますけど、
私以前にこうしたことを解説していた「ありがとう関係者」は皆無かと思いますよ。
もしいたら、矛盾を抱えている部分にスグ目が行くはずですからね。 道理がすぐにわかるんですよ。 これは見性を体験したたまものと思っています。
その、なんでも常識のようだ、みたいな扱いはやめてほしいですね、それではまるで、パクる人らに言い逃れの隙を与えるようなものですし。


見性時は物事、テーマに対する道理に適った答えがスルスルと出てくるんです。 まるで真理と一体のような気分といっても言いです。 (それがなぜなのかは他記事参照のこと。)
だから私の文章、論は、道理に沿った根拠論拠、できるだけ抽象的でない、話の筋道が多く書かれているわけです。



話はそれますが、多くの、人のものをパクる人というのはですね、
自前で肝心な「論」が書けないんです。 だから盗むんですよ。
論がないならですね、先生ぶって教えたがるのはやめないさい、そう思いませんか?
ましてや人から盗んで先生のフリをしたがる。 パクってきたものなので理解が浅く、論拠根拠も提示しきれていない。
歪曲がひどい場合もあれば、結局は抽象論や感情論で終ってしまう。
私は、今この一時だけでなく、私が死んだ以降もキチンと残るよう、論の論拠根拠といったものをキチンと残そうとしているんです。
それは数式のようなもの。 
たとえば善因善果、人に尽くし、人に喜んでもらうよう生活するのがいい。 しかしこれ、なんとなくは分かっても式がないからそれが自分の為に本当になるのかがわからない。
なぜそれがよいのかもわからない。
だからこそ、結果自身の生活に取り入れない人も多く出てきてしまうと。
でもですね、論拠根拠といった数式をキチンと残せば人々の拠り所になるんですよ。 信じるに足る、というですね。
抽象論や感情論で終わってしまうから人々は頭でなんとなく分かってはいながらもできないやらないで終わりがちなんです。
書店で売られている仏教聖典をご存知かと思いますけど、
大変有名な逸話になりますが、「弓矢で射られた例え話」がありますよね? あれなどは実に数式ですよね。
論拠根拠で道理を示されていると。
人にとって益となる論は、ああして拠り所となる式が必要なんです。
そうした意味でも、歪曲や理解の浅いままのパクリが広まるのはヨシとは思えないのです。







最後に、信じてもらえないことは百も承知であえて書きますが、私は自分の原稿が書籍化し、幾ばくかでも印税が入るようになったなら、
それを元手にし、めぐまれない人たちや食べてゆくことのできない人たちが暮らしていける施設を作りたいんです。
私自身は贅沢する気もありませんし食べてゆければそれでいいんです。
生きてさえゆけるのなら、手元に集まったお金は全部そうしたことにつぎ込みたいとずっと考えて生きてきたんです。
そのためにこそ書籍化時の印税も欲しいんです。
そうした人たちが食べて行けるように田畑も欲しいですし、食い扶持を稼げるような商売もしたいんです。
正直ですね、パクってくれた人らの二番煎じだと思われたらそれも叶わないんです。
私はそうした人らのくだらないもくろみのために邪魔をされているんですよ。


今回頂いたコメントの件については話しだしたら止まらないくらいお話したいことが山盛りですが、このへんで終わりにします。

 私の記事で何かしらよいものがあると思われる方、
どうぞよろしくお願いをします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
人気ブログランキングへ
精神世界
ちいさな一歩特設サイトへ
「ちいさな一歩」特設サイトはこちらをクリック


コメントにて感想歓迎です コメントされます方へ注意事項


ブログパーツ


はじめまして。

良く解らないですが…印税より先に、
恵まれない方達とのコミュニケーションをとられるなり、別の方法があるように思えますが…?

松原さんのブログも読んでいますが、そんなに気にしていません。

では、熱中症に気を付けて下さいね!!
| クリスチャンです | 2013/08/15 07:57 |
クリスチャンさんこんばんは、お初です。
普段ですね、出来る範囲でしてきてはいるんです。
ただまあ今はあまりそうしたことは表立ってお話する時期ではないかと。
以前に非公開にした記事あたりでさわりだけ話した記憶もありますけどね。

で、松原さんですか、 近く、あの方の記事を紹介するかもしれません。

熱中症にはかなり弱くなっていますが、まあなんとか乗り切りますわ。
| 愛上王 | 2013/08/15 23:46 |
こんにちは。忙しい中、丁寧なご返信ありがとうございます。

松原さんとは面識無いので、何とも言えませんが…、パソコンは自分で持っていないし、ファックスで自分の書いた原稿をブログ作成する協力者に送る…とか。そういう記述だった記憶があります。

私の教会でも、そのような施設を教会の敷地に作ろう…と市役所に三回、話を持っていきましたが…、全て却下され、市役所サイドでは、その建設の話は無かったことに一方的にされました。

松原さんのブログ会員ではないので、私には判断しかねます…。

まだまだ暑い日が続きますので、ご自愛なさって下さいませ。
| クリスチャンです | 2013/08/16 12:53 |