愛されるために自信を持つ 自分を信じる

ブログパーツ


 【 愛されるために自信を持つ 自分を信じる 】

 普段私達は人の言葉を信用できなくても自分の心で感じた思いは信じる事ができますよね、
ここではその自分を信じるという事をじっくり考えてみたいと思います。
 私はこれまで自分自身を信じて頂きたいとお話しをしてきました、
ある時は今まだ自分自身の中に眠っているであろう力を信じて欲しいとも述べてきました、
自分を信じるとは「根拠あってゆえに自信あり」。 それは自信を持つ事に他なりません。
自信を持つとは、根拠あってその様な人物であるとみずからが理解する事です。
そして自信を持ち、そのような人物であると自分を信じる事はそのような人間にますますなってゆく事でもあるわけです、
私達は信じた通りの人間である事を理解している。
 ある美しい女性は、自分が美しい事を信じており、その自分に相応しい心構えや行動を通してさらに美しいと理解しています。
たとえば、
ある美しい女性はスチュワーデスになりたいと考える。
その人は自分の美しさや人に対する優しさ、礼儀、心配りといったものが多くの方に
満足して頂けるものと信じてその様な職業に就こうと思うのです。
実際、人々に奉仕をする職に就かれている方は自己犠牲の精神、人々に心ゆくサービス、
満足を提供する事に喜びや誇りを感じています。(この心はまさに愛そのものではないですか。)
そしてそれは、「その通りの人間」、まったくそのように信じた通りであるのです。
(多くのスチュワーデスが綺麗で魅力的なのは実はこういった彼女たちの持つ真の心の美しさの投影なのです。)
 ある人は今の自分を客観的に観て自信など持てはしないと言われる方もいるかもしれません、
もしも信じてゆくのに自信が無いなら自信を持つ根拠をみずから挙げる事ができないからですが、
そのような場合にはそのような人物になってゆこうとする今の自分の決心というものを信じて頂きたいのです、
そして自信を持つに相応しい根拠といったものをみずからの心と行動で勝ち取ってゆけばいい。
「私達は決心し、信じた通りの人間なのです。」
私達は誰でも自分はこのような人間であると理解しています。
例えばある女性は男性と会話をしていく中で、次第に男性を魅了し、虜にしてしまう、
このような女性はその自分の長所や特性をきちんと理解した上で相応しい職業を選ぼうとします。
そしてまた、美しさで男性を魅了できる女性もそのような職に就こうとします。
ファッションモデルは自分がモデルに相応しいと理解していますし、
水商売をされてる女性もしかり。 これは男性も同じです、例えばあなたがとてもハンサムで、
女性の視線を一身に釘付けにしてしまう男性だとしたなら、
きっとそのあなたに相応しい心構えと行動をあなたは無意識に表す事でしょう。
もしかするとプレイボーイとなっているかもしれませんし、またあるときはホストになっているかもしれません。

 この原稿を書き終え、インターネット上にUPしてしばらくした頃、私はある読者とオフ会で会い、
酒の席でこんな風に詰め寄られたことがあります。
 「自分は信じた通りの人間なのだと思い込んでみても、それは単なる思いこみでしかないのではないか。」
その時私はこう答えました。
「信じた通りに振る舞い、信じたものを信じた通りに自身で勝ち取ってゆくのだと。」
これは一文無しである人が、私は億万長者であると夢想しろと言っているのではないのです、
もし誰かが一文無しであっても、その人が億万長者のように成れるのだと強く信じて働くのなら、
実際にその人の思考と信念はそれを徐々に引き寄せ掴んでゆくようになり、ついには本当にその通りとなるのです。
「人は、求めていないものはその通りに何も実現できません、人は求めたものだけを実現できるし、また現実に実現しているのです。」
(人は、私はこのような人物であると信じ、それを信じた通りに実現しているからこのような人物なのだ。)
言い換えれば人は求めたものだけを現実に引き寄せるのです。
 もしもあなたが今現在、自分の内面や外面を客観的にみつめてみて自信を持てないのだとしても、
自信を持つに相応しく変化してゆくのだと自分を信じてください、
そしてそのように振舞うのです。
いかに自分を信じる事に力があるか私達は驚くことでしょう。
幸せを掴んだ人達もまた、信じた通りに幸せを掴んでいったのですから。

■ 私達は決心し、信じた通りの人間になります。




Copyright (C) 1996-2003 愛上王 All right reserved

もし気に入った記事がありましたら
ぜひ当ブログを応援お願いします

人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ 精神世界
すべて新しいウィンドウで開きます

当ブログがあなたのお役に立ちますように

コメントにて感想歓迎です












 
この記事のトラックバックURL
トラックバック