意識  心が通い合わなくなる理由

ブログパーツ


 【 意識  心が通い合わなくなる理由 】
 これら見てきたように異性に対する姿勢はその人の精神性を顕わしたものであります。
これら精神性、いわば意識層のどの幅に位置しているかで私達は出会う異性や同性とどれだけ親密になれるかも分かってくるようになります。
自分のステージと周囲にいる異性とのステージのギャップを推し量る事により、そのおつきあいがうまくゆくか壊れてしまうかが見て測れるようになるのです。

私達の出会いや、惹きあっておつきあいをする間柄には、二人を結びつけた何かしらの同等同質なものを互いに持っているものなのですが、
おつきあいがうまくゆかなくなったり別れが起きるのはこれら互いが住む意識幅にギャップが生じた事が原因なのです。
例えば異性を口説き落とすのに手段を選ばない性犯罪者のような人がいたとしましょうか、
彼がもしそこから離れ、異性に接するときの心情や行動が相手を思いやるものに一変していったならば、
彼は今まで気心のしれていた同質の友人達とは気持ちが合わなくなってゆきます。
そのおつきあいの中で互いの意識層がほぼ同じ幅の中にいる時は、そのコミニュケーションも親密ですが、
もし互いの内どちらかに変化が起きると別れがやってきたり心が通い合わなくなるのです。
どちらかのステージが落ちる、もしくは上昇してゆくと心が通い合わなくなる。
愛し合って結ばれ、親密な者同士だった二人のうち、どちらかが浮気をするようになったとしましょう、
浮気をするようになった者は今まで自分が居た世界からずり落ちたと言えます、
彼は愛する人との間に心通い合わなくなる溝をそうやって自分から作り、距離を置いてしまう。
彼はその時、二人を結びつけていた同じ意識層から自分から抜け出た事になるのです。(注、)
また反対に、均衡のとれていた二人のどちらかの精神性ステージが目を見張るように上昇をするとこれも疎通がうまくゆかなくなってゆきます。
上昇した者にとっては、それまでおつきあいしていた相手に魅力を感じづらくなってくると言えばよいでしょうか。
精神性や知性、嗜好、指向性、その人の持つ志や性傾向といったあらゆるものを含めたその意識レベルは、
おつきあいをしてゆく中で互いに上昇してゆくように心がけるべきです。(後述する第二部の「献身」を参照。)
(注、これらは私自身大変に実感しています、私にも今までおつきあいをしていた異性がおりましたが、
お恥ずかしい話ですが、心通い合わなくなって別離を招いたのは私自身の自堕落な行動が原因でした。
いわば私は愛する人から遠ざかる事を自分自身の手によって撒いていたのです。)


■ 人間は不釣り合いな自分のもてるもの以上のものを掴むことはできませんし、
それよりもおとるものを掴む事もできません、人との縁が切れるのに理由は単なる表象にすぎないのです、
どちらかが嫌いになったから縁が切れるのではなく、どちらかが相手に相応しくなくなるから縁は壊れるのです。

■ 惹きあって結ばれた者同士は釣り合いがとれてゆけるように互いに成熟成長してゆくよう心がけるべきです、
二人の愛を確かなものにするために。





Copyright (C) 1996-2003 愛上王 All right reserved

もし気に入った記事がありましたら
ぜひ当ブログを応援お願いします

人気ブログランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ 精神世界
すべて新しいウィンドウで開きます

当ブログがあなたのお役に立ちますように

コメントにて感想歓迎です












 
この記事のトラックバックURL
トラックバック